2014年03月17日

1月26日コニサーズクラブ4



カラオケ大会るんるん




その後,メンバーがひとり,ひとりと帰り,

余韻を楽しんでいるときに,他のお客様が来店されました。

4人グループの常連さんのようで,かなりノリノリです♪

そのうち,カラオケ大会になりました(笑)。




オフコース特集。

小田和正ではなく,オフコースってところがみそです。

オフコースの歌を聞くと,ほろ苦い青春時代を思い出します。

ついつい私も口ずさんでしまいました。









こちらの常連さん,私のブログを読んでくださっているとわかり,

ビックリ!!

急に意気投合でするんるん

私も百恵ちゃんを1曲歌ってしまいました。

やっぱり「ひと夏の経験」でしょう。









あなたに女の子の一番

大切なものをあげるわ




改めて,衝撃的な歌詞ですね。

この歳になったら,恥ずかしくって歌えない(笑)。




Kさんの大好きな「木綿のハンカチーフ」も,心に沁みました。









こんなこと,絶対他のバーではできないな〜。

たまにはこんなことがあってもいいよね。

とってもとっても楽しいひとときになりました。

マスター,皆さん,本当にありがとうございましたるんるん











ilovewhisky.png

















posted by standbar at 21:26| Comment(4) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

1月26日コニサーズクラブ3



Clynelish 「ヌカ」か「玉子ポーロ」か… That is the question.




そんなこんなで,今回はメンバーと話しをして楽しんでいたので,

モルトにあんまり集中していません(笑)。

ま,こんなときもありまするんるん




ilovewhisky.png
3-THE FIRST EDITIONS 1989-2012 22年 52.5%




「薄いものは印象に残らないんだよね,薄いものは…」

という意味では,No.3でした。

アルコール度数が低いわけではないのですが,どうも印象に…。

The First Editionでしたか…。

白秋先生は,たくさんのフルーツを感じておられるのですね。

私はThe First Editionと相性がよくないのかも…(笑)。




ilovewhisky.png
2-SCOTCH SINGLE MALT CIRCLE 1989-2012 23年 51.8%




そうそう,今回は,白秋先生のレポートを読みながら書いています。

白秋先生のレポートの中で,

私が好きだったNo.2とNo.4に共通に出てくる言葉が

「ドライ」と「味の数は多くない」。

私の好みって,結構,シャープでドライな感じなのかも,と改めて思いました。

カリラちゃんるんるん12年,かなりドライですからね。




ilovewhisky.png
4-AULD ALLIANCE 1997-2013 16年 53.6%




No.2が北国系フルーツ,No.4は南国系フルーツです。

これは印象が同じです。

私は香りの「厚さ」を感じながら飲むことが多いですが,

No.4は最も香りが厚く感じました。

香りが厚いというのは,ベースノートがしっかりしているということです。

下からミドルの香りを突き上げるので,厚くなるのです。

白秋先生が「ウッディな含み香がこのモルトの評価を上げている」と書いておられます。

ウッディ調の香りはベースノートですから,

これが効いているってことですかねるんるん




ilovewhisky.png
1-HEPBUNS RESOLUCION 1988-2013 24年 48.8%




No.1は北国系フルーツ。

やや硫黄も感じます。

だんだん香りが弱くなったあと,ピートがほのかに。

それから玉子ポーロ系のクリームがでてきます。




ilovewhisky.png
5-CADENHEAD 1996-2013 17年 62.6%




No.5はど派手なシェリー。

白秋先生は,この香りですぐに「クライヌリッシュ」だとわかったそうです。

キーワードは「ヌカ」なんですね。

私は,クライヌリッシュのキーワードは「玉子ポーロ」なんです。

滑らかなカスタードクリームではなく,

なんとなくちょっとざらついたようなクリームといいましょうか,

「ヌカ」に少し通じるところがあるのでしょうかね。

そういえば「カブトムシ」と言われるテイスターの方もおられますね。




モルト会のメンバーは,シェリー樽よりバーボン樽を好む方が多いのですが,

私はシェリー樽はシェリー樽で好きです。

さかんにメンバーが「たくあん」「たくあん」と口にしていましたが,

これをお湯割りにして飲むと,

ヌカからでてきたばかりのぬるいたくあんの味になりました。

なかなか強烈でした(笑)。




今回のクイズは,久々,オフィシャルあてクイズでした。

オフィシャルスタンダードをブラインドで飲み,

5択から選びます。

山崎,タリスカー,ハイランドパーク,グレンリベット,クライヌリッシュ。

今回の正解は,クライヌリッシュでした。

今回のモルト会のお題といっしょだったのです。

私は「玉子ポーロ」を感じたので,

すぐにクライヌリッシュだと思いました。

きっと白秋先生は「ヌカ」を感じて,

すぐにクライヌリッシュだとわかったのでしょうね。




「ヌカ」か「玉子ポーロ」か… That is the question.











ilovewhisky.png
1-HEPBUNS RESOLUCION      1988-2013 24年 48.8%
2-SCOTCH SINGLE MALT CIRCLE  1989-2012 23年 51.8%
3-THE FIRST EDITIONS      1989-2012 22年 52.5%
4-AULD ALLIANCE         1997-2013 16年 53.6%
5-CADENHEAD           1996-2013 17年 62.6%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート























posted by standbar at 19:04| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

1月26日コニサーズクラブ2



ジャケ買いしている人が目の前にいた!




というわけで,今回は,Kさんといろいろお話しました。

何度もご紹介していますが,Kさんはモルトコレクターでいらっしゃいます。




「最近は,あまり派手なラベルのモルトを

見かけなくなったような気がするんだけど,

たまたま見ていないだけなのかな。

市場にはたくさん出ているの?」

「あ,僕,買っちゃったよ,ザ・スタチューのリトルミル。

ラベルが仏像なんだよ。

だから,職業柄,1本はあった方がいいでしょ?」

「そうね〜,職業柄,仏像ラベルのボトルは1本ほしいわね〜るんるん




ilovewhisky.png




と,チーママ的には相槌を打ちますが,

ちょっと待って下さいね(笑)。

仏像とKさんの職業は結びつきますが,

仏像ラベルのモルトとKさんの職業は結びつきません…。




「あと,ソープシリーズのジュラ。

やっぱりソープって,なんとなく心が惹かれるよね」

「ソープって心が惹かれるのね〜るんるん




おいおい,ソープだから買ったわけ?と,心の中で叫ぶ(笑)。




ilovewhisky.png




私の周りに,ジャケ買いするような人はいないだろうと思っていたのに,

目の前にいました!!!(笑)。

なんだか思う壺にはまっていませんか,Kさん(笑)。

このリトルミルはね,とか,このジュラはね,というなら,

さすがモルト好きのKさん♪ってところなんですが,

ラベルが決め手かいな,と思うと,ちょっと悲しくもありますが,

なんともKさんらしいと,微笑ましく思えました。




「今年は煩悩を捨てて,仕事をするんだ!

そして,130歳まで生きてモルトを飲むんだ!」

煩悩があり過ぎなんですけれど(笑)。

だからKさんって,好きでするんるん




そうそう,Kさんは,

アルコール度数の高いモルトしか受け付けないということでも有名でしたね。




「ikuちゃん,ほら,居酒屋とかの飲み放題,あるじゃん。

ビール,焼酎,ワインがあったら,ビールを選ぶしかないじゃん。

でも,『ビールでいいや』って,ビールに失礼だろ?

俺はウイスキーが飲みたいんだーーーーーーーーー!!!」




煩悩全開でするんるん




「ボトルキープしている人に連れていかれたら,

うっすい水割り飲まされてさ。

これがジンだったら,言うことないのに。

焼酎のキープのかわりに,

ゴードンとかビーフィーターとかをキープさせてくれ」




ここで,「私はビクトリアンバットがいいんだけど」とは言わず,

うんうんと,チーママ修行としてKさんの話をお聞きました。

iku’s BARは,いつもこんな感じになるのでしょうかねえ…。




「薄いものは印象に残らないんだよね,薄いものは…」




はい,そうです。

薄いものは印象に残らないのです…。




















posted by standbar at 01:56| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

1月26日コニサーズクラブ1



モルト会20周年はiku’s BARで?(笑)




2014年最初のモルト会。

7時半にスタンド・バー着。

ちょうどモルト会が終わって,

メンバーが他のモルトを楽しんでいる時間帯でするんるん

メンバーと会うのは久しぶり。

やっぱり嬉しいでするんるん




「ikuちゃん。iku’s BARの話し,しちゃったよ」と,マスター。

「Kさんが,僕も行っていい?って心配していたけれど(笑)」




モルト会のみなさん,もちろん大歓迎でするんるん

Kさんはきっと,iku’s BARのために,

いろいろなモルトを寄贈してくれるはず(笑)。

「じゃ,モルト会の20周年は,iku’s BARでやろう」

お〜! だんだん話しが膨らんでいます(笑)。




只今不動産屋さんと相談し,物件を探しているところです。

「できればホームバーを作りたいるんるん」とリクエストしてあります。

住み替えの目的は,ホームバーを作るためではありませんが,

本当にそんな物件が見つかったら凄いでするんるん




iku’s BARは,癒しの場です。

モルトを飲んでうんちく言うのが目的の方はお断りです(笑)。

日頃のストレスをはらしに来て下さいるんるん

私はただただ,お酒を飲みながら,お話をお聞きします。

と,もう,その気になっていますね(笑)。




「この前,人の付き合いでホステスさんのいる所に行ったんだけど,

1人目が奥さんと同じ名前,

2人目が母親と同じ名前,

なんだか飲んでいる気がしないんだよね」

と,すでにKさんのうっぷんを聞きながら,チーママ修行が始まりましたるんるん




















posted by standbar at 18:33| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

7月22日コニサーズクラブ3



ClynelishB 〜今回は女性と香水に例えてみます〜



今回は、モルトを飲みながら、女性のイメージが自然に出てきました。

不思議ですね〜、モルトをオトコに例えるときと女性に例えるときがある…、

これ、自然とそうなるんです。

きっと、女性っぽいモルトと男性っぽいモルト、どこかに境界線があるんですね。

今回のクライヌリッシュは、明らかに女性るんるん

しかも、アラフォー世代の女性かな。




せっかくなので、出てきた女性のイメージと、それに合う香水を当てはめてみました。

まだ香水には詳しくありませんし、

実のところ、やっぱり香水は苦手なんですが(笑)、

初の試みでするんるん




ilovewhisky.png
1-TASTE STIll 1995-2007 12年 50.0%




No.1は、ちょっと陰のある女。

黒いロングドレスをまとい、黒いサングラスをかけている。

ディオールの「ミス・ディオール」が似合う女。

これはシプレ調の香水で、ちょっとコケのような香りがします。

「ミス・ディオール」は、百恵ちゃんの歌にありましたねるんるん









No.2やNo.3のような華々しい香りの方が万人受けするのでしょうが、

私はあえてちょっとそれに渋さが加わっている、

ちょっと一癖あるNo.1がけっこう気に入りました。




No.2とNo.3は華々しい女ですね。

スリー・リバースとダンカン・テイラーですか(笑)。

なるほど。




ilovewhisky.png
2-THREE RIVERS 1989-2011 22年 51.6%




No.2は、赤の水玉模様の白いワンピースを着ている背の高い女性。

つばの広い麦わら帽子を被っている。

シャネルの「No5」が似合う女性。




シャネルのNo.5には、アルデヒドC12など、

花の香り(ミドルノート)をトップノートに引き上げ、

柑橘系の香り(トップノート)に勢いをつけるような働きをする、

そんな香料が入っているのですが、

このような働きをするアルデヒドの香りを、

調香師の先生は「カメムシ」の香りと言われます。

私にはピンと来ないのですが、

クライヌリッシュが「カブトムシ」の香りと言われるのと何か通じるものを感じ、

面白いな、と思ってしまいました。

このNo.2が、いわゆる「カブトムシ」と言われる香りに

一番近いもののように思いました。




ilovewhisky.png
3-DUNCAN TAYLOR 1990-2012 21年 53.2%




No.3は黄金糖、とにかく黄色のイメージが強いです。

黄色のワンピースをまとった女性。

ゲランの「サムサラ」のような、銀座のママさんがつけている、

濃厚でゴージャスな香水のイメージが合いますね。




ilovewhisky.png
4-G&M 1984-2011 27年 53.6%




No.4は最も素朴なモルティな感じ。

農作業をしている中年女性のイメージ。

色のイメージは茶色。

香水ではなく、天然のとれたばかりのハチミツの香りが似合いそう。




今回は、こんな印象の5本でした。











ilovewhisky.png
















posted by standbar at 18:32| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

7月22日コニサーズクラブ2



ClynelishA 〜「桃」の香り〜



はい、今回、私の一番のお気に入りはNo.5でしたるんるん

これ、とても「桃」な感じがします。

え〜、ただ今、「桃」にはちょっと敏感でして・・・(笑)。




ilovewhisky.png
5-ACORNS 1989-2009 19年 55.4%




前にちょっと書いたかもしれませんが、今、香水作りを勉強しています。

調香師の先生に習っています。

ウイスキーのテイスティングがなかなか上手にできないというか、

香りや味を上手に取り出すことができるようになりたいと思って、

何かやってみたくなったのです。

「ウイスキーマガジン」に、

マッカランが調香師とコラボしているという記事があったので、

それじゃ、私も調香の勉強しよう!と。




香水に使う単体の香料を100以上学び(←しかし、全部は覚えていません…)、

その後、名香と言われている過去の香水の模倣をする、ということをやっています。

香水に入っている代表的な香料はどこにでも書いてありますが、

処方箋そのものは企業秘密なので、オープンになっていません。

ただ、お手本の香りを嗅いで、何がどれだけ入っているか考えながら模倣するのです。




今与えられている課題の香水は「ミツコ」。

ゲランを代表する1919年の作品です。

この香水は「モダンシプレ」と言われ、シプレ調の香りに、

アルデヒドC14というピーチ様の香料を加えてあることで有名です。




ilovewhisky.png




なので、今、「桃」といえばアルデヒドC14であり、「ミツコ」なのでするんるん

そして、今回のNo.5のボトルは、

この「ミツコ」を彷彿とさせる桃の香りを感じました。

No.5は、有閑マダム。

うす桃色のロングドレスをまとい、

黒のパラソルをさしている、そんな女性に似合いそうなボトルでした。













ilovewhisky.png














posted by standbar at 19:15| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

7月22日コニサーズクラブ1



Clynelish@ 〜ビッグネームは違うね!〜



「ビッグネームは違うね〜」

はい、マスターのこの一言につきる5本でした。

今回、本当にみんな美味しいんです。

香りもよくて。

比べるのは申し訳ないんですが、

前回のセントマグディランも、別に悪くないんだけれど、

(←この、積極的に肯定している言い方でないところがミソで…)

同じような感じのものを5杯飲むと、なんとなく疲れる感じがしたのに、

今回は、全く疲れることなく、ワクワクしながら5杯とも飲めるるんるん




これがきっと、「悪くない」と「美味しいるんるん」の違いなんですね♪

そして、ビッグネームとなる理由がやっぱりあるんですねるんるん

「美味しいから有名になる」

単純かもしれませんが、これに勝る理由はありません。




今回も、一人、シングル・モルト会をさせていただきましたが、

メンバーの感想も似ていたとのこと。

みんなニコニコ顔で飲んでいたようでするんるん




ilovewhisky.png
1-TASTE STIll 1995-2007 12年 50.0%
2-THREE RIVERS 1989-2011 22年 51.6%
3-DUNCAN TAYLOR 1990-2012 21年 53.2%
4-G&M 1984-2011 27年 53.6%
5-ACORNS 1989-2009 19年 55.4%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




今回はNo.1を除き、20年前後の熟成期間。

どれもリーズナブルな値段で買え、

かつ、この美味しさとなると、すごくコストパフォーマンスがよい。

メンバーの中には、早速この5本をネットで注文した方がおられたとか。

私も一番気に入ったNo.5を、マスターに頼んで1本買ってもらいました。

ボトラーズを買うの、これが初めてでするんるん

初めてのボトラーズが、カリラちゃん黒ハートではなくクライヌリッシュであることに、

ちょっと違和感がありますが(笑)、

ま、美味しければそれに勝ることはありませんるんるん




とにかく大満足の5本でしたるんるん













ilovewhisky.png

















posted by standbar at 18:59| Comment(0) | クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

12月26日コニサーズクラブ



Clynelish 〜カブトムシ〜



12月26日,定刻に遅れ,またまたシングルモルト会。

このところ,シングルモルト会になっていたのは,

仕事があったせいもありますが,

入院していた母の看病のせいもありました。 

29日病院から電話がかかり,

それ以降仕事もキャンセルし,病院に泊り込み,

母は無事に年越ししたものの,

正月があけて天国に旅立ちました。

それからセレモニーがあったり,

いろいろな事務的な手続きをしたり,

ま,そんなこんなで,ブログには手がつけられず,

本日1月22日に至りました。

モルト会のメモを見るのは,そのとき以来。

果たして覚えているのでしょうか(笑)るんるん




別に言い訳のつもりで書いたわけではありませんが(笑)るんるん

記憶をほぼ一ヶ月前に戻しまするんるん




はい,今回はもう,香りを嗅いだだけで,幸せ揺れるハート揺れるハート

飲まなくてもいい〜〜〜〜,って思ってしまいましたるんるん

「ikuちゃんスマイル全開だねるんるん」とマスター。

もちろんでするんるん

本当にいい香りなんだもんるんるん

11月のマノックモア,本当にスマイルなかったんだろうね(笑)。

「香りが超いい〜〜〜〜〜るんるん」ってマスターに言ったら,

「いい男は見ているだけでいいでしょるんるん」って,またまた素晴らしいお言葉をるんるん

そうよね〜,見ているだけで心がときめく男の人,うん,いるるんるん



クライヌリッシュ.jpg
1-OMC 1971-2009 38年 47.9%
2-JOHN MILROY 1982-2010 27年 52.6%
3-THE WHISKY AGENCY 1989-2010 21年 54.0%
4-OLD&RARE 1983-2006 23年 55.3%
5-SMWS 1972-2004 31年 57.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート



年末なんだもん,香りだけで味が物足りない…なんてモルトを,

マスターが出すわけないよね,なんて思っていたので(笑),

期待して飲むるんるん

いいね〜〜〜〜るんるん

「今日はオリンピックの決勝って感じだね。

たとえ5番でも,世界の5番なんだからね」と,マスター。

確かに!




今回は,どれもよく似た感じ(だったように思います)るんるん

青リンゴ様のフルーツとクリームの感じが

どのボトルにも少しずつ感じられました。

そう,このとき感じたクリームは,私の言葉では「玉子ポーロ」。

業界の共通語(笑)で言うと,「カブトムシ」。

「カブトムシ」についてはこちらをご覧くださいるんるん

http://blog.stand-bar.com/article/166671102.html




青リンゴと言えば,リベット。

カブトムシと言えば,クライヌリッシュ。

でも,まさかリベットでもクライヌリッシュでもないよな,と,

クライヌリッシュは,あっさり頭の中からスルーしてしまいました。

初めて蒸留所を当てられたのに!

ま,私がこのモルト会に参加しているのは,蒸留所を当てる目的ではありませんから,

いいのでするんるん




では,簡単に一言コメントを。



クライヌリッシュ1.jpg
1-OMC 1971-2009 38年 47.9%



No.1 香りが超いい〜〜〜〜〜〜ハートたち(複数ハート)

   比較的あっさりしている青リンゴ様のフルーツが,とにかく長〜〜〜〜く続く。

   この持続力はやはり長熟の賜物か!

   しばらくすると「カブトムシ」がやってきました。

   味も比較的さっぱりしています。上品ってやつ。

   とにかく,私は一押し。一番好きでしたハートたち(複数ハート)



クライヌリッシュ2.jpg
2-JOHN MILROY 1982-2010 27年 52.6%



No.2 青リンゴに,プールに入れる薬品,なんでしたっけ? それが少々加わった感じ。

   後に,クライヌリッシュっぽい「カブトムシ」になりました。
   
   味はなんとなく平べったい,ぺしゃんとした感じで,

   ややくどい甘さを感じました。



クライヌリッシュ3.jpg
3-THE WHISKY AGENCY 1989-2010 21年 54.0%



No.3 青リンゴ+「カブトムシ」いい感じの香りです♪

   味はな〜,普通に美味しい。

   普通ってところが,なんとなく物足りないな〜。

   華やかで,「わ!美味しいるんるん」って皆が飛びつく感じなんだけど,

   ちょっとアルコールで誤魔化されている感じもするし,

   大衆向け,って感じもする。

   あとでAgencyとわかり,

   生意気言ってゴメンナサイ,という気分になりました(笑)るんるん



クライヌリッシュ4.jpg
4-OLD&RARE 1983-2006 23年 55.3%



No.4 ベースになる青リンゴ+「カブトムシ」に,

   ややシェイビングクリームのような香りが。
 
   アルコールが喉に絡む感じで,私には少々くどい感じでした。



クライヌリッシュ5.jpg
5-SMWS 1972-2004 31年 57.8%



No.5 最も甘みを感じました。オレンジかメイプルシロップ?みたいな感じ。

   味は,梅酒のような甘酸っぱさ。まったりとしたとろみ。

   いい感じで〜〜〜〜〜するんるん



と,いろいろ生意気言いましたが,オリンピックの決勝戦でのお話しですから,

どれも美味しいるんるん

ずっと笑顔でいられましたるんるん

クライヌリッシュさん,ありがとうるんるん

またまた幸せになれました揺れるハート揺れるハート

美味しいものに,多くの言葉はいりません。




「OMCあり,

その中の逸品のOld and Rareシリーズあり,

いい時代のSocietyあり,

今話題のAgencyあり,

ダンカン・テイラーの次の時代の幕開けかな〜〜〜」

なんて,どこからか声が聞こえたような気がしましたが,

気のせいでしたかね(笑)るんるん










クライヌリッシュ蒸留所.jpg
Clynelish Distillery














posted by standbar at 21:11| クライネリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする