2011年11月23日

10月23日コニサーズクラブ4



GlenDronachC 〜今回の5本〜




今回のボトルは,全体として,

酸味とクリーム,そして黄金糖のような甘さが共通に感じましたが,

それでもそれぞれの表情が違い,飽きがきませんでした。




GLENDRONACH.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




No.3は白秋先生も絶賛るんるん

梅酒のようなプラム様の酸味とクリームの感じ。

プラムが際立つ香りでしたが,とげのある酸味ではなく,

とても丸〜〜いるんるん

味は脱帽です。

甘味で誤魔化さないところがステキるんるん

だんだん上品な甘さが出てきます。

そう飲んだ経験はないのですが(笑),

カルバドスとかブランデーのような,モルトを超越した感じでした。

これは別格で大好きるんるんるんるん

これがAgencyやレア・オールド(旧ピアレス)でなくてよかった(笑)。

どうしても,自分の心を持っていかれるようなモルトがAgencyだったりすると,

負けた!って感じがするんです(笑)。




GLENDRONACH3.jpg
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%




No.2は,No.3を全体的に薄めた感じでしょうか。

軽やか,かつ,やや草っぽいほろ苦さが,なかなかよかったでするんるん




GLENDRONACH2.jpg
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%




そうそう,これはシグナトリーの1本でした。

通称「でぶ瓶るんるん

でぶ瓶って,固形物が出やすいんだそうです。

全体が濁るのではなく,

透明感はあって,本当に固形物がどんどん出てくるんだそう。

まさに,アルコールに溶け込んでいたものですよね。

これ,スピリタス入れると,溶けて消えるのかな?

実験しに行かなくっちゃ,と思いながら,

次のモルト会の日が近づいています(笑)。

しかし,美味しいるんるんモルトに,スピリタスを入れる勇気はあるのか(笑)!




GLENDRONACH1.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%




さてさて,No.1。

香りは,モルティで漬け物のような酸味がありましたが,

味はいいね〜。

黄金糖。

は〜ちみつきんかんのど〜あめ〜〜〜〜〜〜るんるん

って感じ。

さすがOMCるんるん

OMCって,本当にいつも美味しい。

OMCの大ファンでするんるん




GLENDRONACH5.jpg
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%




No.5はいまいち印象に残っていないのですが(笑),

とにかく大満足の5本でしたるんるん












glendronachdistillery.jpg
glendronachdistillery














posted by standbar at 19:12| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

10月23日コニサーズクラブ3



GlenDronachB 〜ドロちゃんは,ドロドロドッシ〜ンるんるん



ドロちゃんことグレン・ドロナックの第一印象は,強烈でした。

ドロドロ(笑)。

覚えやすいですねるんるん

ドロドロドロちゃん(笑)。

オフォシャルボトルだったのかそうでなかったのかさえ覚えていませんが,

色がどえりゃ〜濃い。

びっくりでした。

のむと,丹田(下腹部の中央)にドッシ〜ンとくる。

とにかく重い感じ。

香りの表現で言うと,ベースノートです。




以来,

心が浮ついていて地に足をつけたいとき,

丹田に意識を向けて瞑想したい気分のとき,

ま,簡単に言うと,心を落ち着けたいとき(笑),

そんなとき,ドロちゃんを飲むようになりました。




そのイメージにピッタリだったのがNo.4。

ドロちゃんらしいドロちゃんでするんるん

でも,はじめはびびりました。

渋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

渋柿の焼酎付け?

もしくは,栗の渋皮の焼酎付け?かと思いました(笑)。

でも,時間がたつと渋みがとれて,超まろやか揺れるハート揺れるハート揺れるハート




GLENDRONACH4.jpg
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%




「あとで見たらわかるけれど,これは一番いい樽だよ」と,マスター。

はじめは何のことかよくわかりませんでしたが,

オフィシャルのカスクということは,

その蒸留所が自信を持ってお薦めする1樽ということるんるん

確かにこれは凄い!

I 黒ハート No.4るんるん













glendronach-R.jpg
















posted by standbar at 00:06| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

10月23日コニサーズクラブ2


GlenDronachA 〜グレン・ドロナックって「中の上」?〜



「ikuちゃん,そんなにじろじろ見て何しているの(笑)?」

はい,別に蒸留所を当てようなんて気はさらさらありませんが,

あれ,あのボトルがいつもの所にないぞ!って場合は,

それが今回のテーマであることも多いので(笑)。

そうそう,先回のリンクウッドだって,

例のグラマーな女性のラベルのボトルがなかったわけですから,

気づいてもよかったのです。




「いやいや,ビニールカリラは減っているかな〜,とか,

バナナの香りのついた米焼酎は減っているかな〜,とか,

裏心はないから(笑)」と言ったものの,

無茶苦茶裏心ありです(笑)。




BAR.jpg




はい,今回は,例のグレン・エルギンのボトルが定位置にありません(笑)。

あのエルギン,色が濃かったよね〜。

もしかして,今回の4番っぽくない???

なんて,心の中で,エルギンモードがやや高まってきました(笑)。




でも,私は知っています(笑)。

マスターは,同じ失敗をくり返さないことを(笑)。

そして,私以外にも,

そういう視線でバーの隅々を観察しているメンバーがいることを(笑)。

絶対,あのエルギンは,ダミーとして隠してあるに違いありませんるんるん




でも,「今回も中の上ね♪」とマスターが言った瞬間,

「もしかしてやっぱりエルギン?」な〜んて思ってしまいました(笑)。

だって,私の中の「中の上」はグレン・エルギンですからるんるん

そのブログを書いて送ったばかりでしたから(笑)。

「うわ〜,凄いハートたち(複数ハート)

マスター,私の心,読んでくれている〜ハートたち(複数ハート)

な〜んて,思ってしまいましたるんるん




ところが今回の蒸留所,グレン・ドロナックだったのです。

まずは,正しく発音してみましょう(笑)。

グレン・ロナックるんるん

はい,みなさん,ご一緒に(笑)。 Repeat after meるんるん




GLENDRONACH.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート



それを聞いた瞬間,

「嫌だ〜! 私のドロちゃんは中の上なんかじゃない! 

上(の下)だもん!!!!」

ま,さすがに上の中や上ではないな,とは思いましたが,

中と判断されたことにショックを受けてしまいました(笑)。




「え〜! 上じゃないでしょ。知名度で考えるんだよ」と,マスター。

知名度は高いと思っているんですが・・・,それは私だけ?




ドロちゃんは,ラフロイグに出会ってから間もなく出会いました。

アイラ系を一通り飲んだあと,

グレン・ファークラスやグレン・ドロナックを教えてもらったのです。

今から考えれば,ピートとシェリー,

特徴的なモルトを紹介してくれたんですねるんるん

というか,その当時通っていたバーのマスターが,

ピートとシェリー好きだったってことですね,単純に(笑)。




初期に覚えてたモルトって,

当然,知名度が高い,と思ったのでしょうか,

それとも単純に,

自分の好きな蒸留所は知名度が高くあってほしい♪という願望なのでしょうか。




いずれにしても,マスター感覚では「中の上」こと,

グレン・ドロナックが今回のテーマでしたるんるん











GLENDRONACH-S.jpg
今は懐かし80年代のドロナック














posted by standbar at 19:32| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

10月23日コニサーズクラブ1


GlenDronach@ 〜香りは嘘をつけない〜



今回もまたまた遅刻の参加。

それでもいつもよりは少しは早め,8時過ぎに到着るんるん

もう誰もいないだろうな〜,って思っていたら,ビックリ!!!

みんないる(笑)るんるん

「わ〜,凄いタイミング!

今,ちょうど今回の5本を隠したところだったんだよ」

と言われ,私も,ナイスタイミングるんるんと,嬉しくなりました。

今日はみなさん表情がよろしいようで(笑)。



さて,またまたシングル・モルト会の始まりでするんるん

今日は,マジ,いいるんるんるんるん

まず香りだけ嗅ぎましたが,どれもいいるんるん

香りだけで十分満足黒ハート黒ハート

こういうときって,表情に出るんですよね〜るんるん

「ikuちゃん,今日はご機嫌だねるんるん

やっぱり,バレた(笑)。

嗅覚は本能と繋がっているから,嘘つけないんですよね。

http://blog.stand-bar.com/article/156533839.html




ここ数回,本当につまらなさそうな顔して飲んでいたんだな,

っていうのも逆にわかります(笑)。

「イマイチな感じのときって,眉間にシワよっているもん。

『ikuちゃん,今日はどう?』って聞いても,『ふ〜ん』みたいな感じだもんね(笑)」

あれ,私って,そんなに冷たい反応してました(笑)?

それすら気づかないくらい,ブルーな感じで飲んでいるってことですね(笑)。




香りがいいときって,味がイマイチって場合も今までに経験済みなんですが,

今回は,味も凄くいい〜〜〜〜って感じで,

ワクワク,ルンルンモード全開でするんるん
  











SB210.JPG















posted by standbar at 21:04| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする