2011年10月24日

9月25日コニサーズクラブ4



Linkwood補稿 −私の中の「中の上」グレン・エルギン− 




私の中で真っ先に出てきた「中の上」は,グレン・エルギンるんるん

理由は,なんとなく(笑)。なんですが,

いわゆるビッグネーム以外の蒸留所のものって,

そう何本も立て続けに飲むわけではないので,

最初に飲んだボトルのイメージが,

そのままその蒸留所のイメージに繋がる気がします。




GLEN ELGIN.jpg
GLENELGIN 12年




私の初体験のグレン・エルギンは,本当に繊細で繊細で,

傷ついた心を癒してくれた1本でした。

まだまだモルトを飲み始めたころにいただいたので,

「なんじゃこりゃ!!!」

という衝撃が大きかったですね。

もう2年以上も前のことですから,検索は不可能でしょうが,

42.3% 32年 とだけメモしてあります。

四角いボトルでした。

お馬さんも描いてあったはずるんるん




glenelgin 32.jpg
GLENELGIN 1971 32年 42.3%
これかな?




リンクウッドもそうなんでしょうが,

繊細なものって,ビッグになるの,難しいのかもしれません。

派手なものの方が印象に残りやすいでしょうから。




でも,今回の蒸留所がグレン・エルギンでないのは,わかっていました。

だって,グレン・エルギンのボトルが,ちゃんと棚に並んでいましたから。

これまたスタンド・バーらしくないラベルのボトルで(笑)。

1991年の17年。

ここに描いてある方はいったい誰なのでしょうか?




バックバー.jpg




確か,濃い色をしてましたよね,このエルギン。

しっかりしたシェリーなんでしょうねるんるん

これは試してみないとるんるん











GLENELGIN.jpg
GLENELGIN ACORN 1991-2009 17年 54.5%














posted by standbar at 19:37| Comment(0) | リンクウッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

9月25日コニサーズクラブ3



LinkwoodB 〜頑張ったぞ!ピアレス(笑)るんるん



LINKWOOD.jpg
1-BLADNOCH FORUM 1984-2010 26年 53.2%
2-DUNCAN TAYLOR 1991-2010 19年 53.5%
3-ACORN 1984-2010 26年 53.7%
4-CADENHEAD`S 1989-2010 20年 55.4%
5-WHISKY EXCHANGE 1988-2008 19年 56.9%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




では今回の5本を紹介しましょう,

とは言うものの,すっかり記憶がありません(笑)。




LINKWOOD2.jpg
2-DUNCAN TAYLOR 1991-2010 19年 53.5%




今回一番好きだったのがNo.2 。

なんと,旧ピアレスではないか!

頑張れピアレス(笑)を書いたのが,現実になりました(笑)。

嬉しいような悔しいような,複雑な気分ですが,美味しかったです。

初めは透き通るような甘さ,どっしりネクター様,

その香りが少しずつなくなっていくのがやけに繊細で,それが気に入りました。

甘味に丸みがあって,なかなかGOODるんるん




LINKWOOD5.jpg
5-WHISKY EXCHANGE 1988-2008 19年 56.9%




No.5も好きでしたるんるん

甘酸っぱいが,濃厚な甘さ。

伸びがある味でした。

「ありがちな味」との噂も(笑)。




LINKWOOD3.jpg
3-ACORN 1984-2010 26年 53.7%




No.3は例のボトルです(笑)るんるん

グラマーな女性ボトルです。

「普通に美味しい」パターンです。

こういうのって,万人受けするんでしょうね。

それを強化するためのラベルと考えることもできます。




LINKWOOD1.jpg
1-BLADNOCH FORUM 1984-2010 26年 53.2%




No.1はモルティで青リンゴ系なんですが,

だんだんたくあんの古漬けのような感じがしてきました。

チーズ,と言うことも可能でするんるん




LINKWOOD4.jpg
4-CADENHEAD`S 1989-2010 20年 55.4%




No.4は,なんだかのっぺらぼうなイメージ。

私のメモには,「一反木綿」と書いてあります。

そう,「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪クンでするんるん

ですが,黒や紫のイメージが出てきましたね〜。




改めて見てみると,「普通に美味しい」に近い,普通に「美味しいるんるん

って感じですねるんるん

まさに「中」なんでするんるん












Linkwood_Distillery.jpg
Linkwood Distillery














posted by standbar at 21:53| Comment(0) | リンクウッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

9月25日コニサーズクラブ2



LinkwoodA −「中の上」A− 〜「中の上」って,何よ(笑)るんるん



しかし,そもそも「中の上」ってどんなイメージだ(笑)??

決して美味しさの順ではない。

物理的な生産量の順でもない。

だからって,人気投票でもないんだな〜。

でも,リンクウッドが「中の上」と言われると,なんとなく納得する。

うまく言葉で説明できない,感覚の世界なんだけれど,

そこをあえて言語化してみようるんるん




「中」というからには,なんとなくビッグネームでない。

マッカランとか,ハイランドパークとか,ボウモアとか,グレンリベットとか,

これらはビッグネームでしょう。

これに異論を唱える人は,あまりいないと思いまするんるん




ビッグネーム.jpg
ビッグネーム達




モルト飲みであるなら名前を知らない人はいない,という感じ。

モルトがあまり置いていないバーでも置いてある感じ。

でも,ただ有名だからとか,数多く出回っているからとか,

それだけではない,何か大きな存在感がある。

AKB48は,数も多く今ではとても有名ですが(笑),

だからといってビッグネームかと言うと・・・ですね。

「上」には「上」の格式なり伝統があるのです,きっと。

他に譲れない何かを持っているというのか。




「中」って,そういった強い個性なり,独自性なり,伝統なり,

それがちょいと弱い感じなんだろうな〜。

「ここだけはどこにも負けませ〜ん!」みたいなところがない感じ。

だれもが答えられるようなハウススタイルがない,みたいな感じ。




リンクウッドって,確かにそんな感じかも〜〜!

リンクウッドを一言で説明せよ,と言われても超困るし(笑)。

こういうときは,マイケル・ジャクソン氏に聞いてみようるんるん

『モルトウイスキー・コンパニオン』には,

どんなハウススタイルが書いてあるのだろう????




「花のよう。ローズ・ウオーター? チェリー? 

一切れのフルーツケーキをそえると美味しい」だって(笑)。




モルトウィスキー・コンパニオン.png
モルトウイスキー・コンパニオン




なんとなく「中の上」って感じのコメントに思うのは,私だけ(笑)?

?が入っているのがいい(笑)。

やっぱり女の子のイメージのようるんるん




そうそう,言っておかなくっちゃ。

「中の上」が「上」より悪いわけじゃないんです。

「中」があるから「上」がある。

みんな「上」になることはあり得ないのですから。

「中」には「中」の存在価値があるのです。




そういう自分も,まさに「中」って感じなのよね(笑)るんるん
















STANDBAR.jpg


















posted by standbar at 01:01| Comment(0) | リンクウッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

9月25日コニサーズクラブ1



Linkwood@ −「中の上」@− 〜名は体を表す〜



久々のウイスキーブログの執筆です・・・るんるん

しばらく本業の執筆が忙しく,全くこちらの時間が取れず・・・,

5本のイメージもなんとなく薄れがち・・・。

いや,むしろ,そういう感じの蒸留所なのかも,リンクウッドってるんるん




ごく普通によい香りで美味しい5本。

個性的な特徴があるかと言えばそういうわけでもなく,

普通に美味しいるんるんってやつ。

「普通に美味しい」ってのは,もはや誉め言葉でなくなった感がありますが,

いや,本当にごく普通に,美味しいるんるんって感じです(笑)。

わかるかな,この違い・・・(笑)。

「普通に美味しい」ではなく,普通に「美味しいるんるん」って感じ。

つまり,中の上って感じです。




LINKWOOD.jpg
1-BLADNOCH FORUM 1984-2010 26年 53.2%
2-DUNCAN TAYLOR 1991-2010 19年 53.5%
3-ACORN 1984-2010 26年 53.7%
4-CADENHEAD`S 1989-2010 20年 55.4%
5-WHISKY EXCHANGE 1988-2008 19年 56.9%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




今回は白秋先生もお越しにならなかったということで,

蒸留所を当てるぞ!モードではなかったそう。

マスターが,「今日の蒸留所は,中の上って感じの所」と言ったとたん,

「中の上のイメージの蒸留所を探せ!」大会になったそうです(笑)。

はい,私も一人,マスターとそのゲームをしましたるんるん




リンクウッドが「中の上」という感覚,よくわかるな〜。

私も「中の上」って思いましたもん。

とはいえ,リンクウッドを初めて飲んだのがいつだったのか,

どのボトルだったのか,全く覚えていません。

今までにそれなりに飲んでいるように思いますが,悪い印象がないのは事実です。

だからと言って,強烈な印象がないのも事実・・・。

この,「大きな個性がないけれど,はずさない」

あたりが「中の上」なんでしょうか〜。




「リンクウッド」は「リンクウッド」っていう響きがいい(笑)。

マスターが言っていました。

「リンクウッドと言うと,売れるんだよねるんるん

その感じ,なんとなくわかります。

例えば自分の中の「中の上」の蒸留所,

オーヘントッシャン,ミルトンダフ,モートラック,プルトニー,スキャパ・・・

な〜んて辺りで,響きがいいところというと,

やっぱりリンクウッドでしょ(笑)るんるん

(注)おそらく私の選択は,みなさんとは違い,異論のある方も多いかと(笑)。




111.png




そして,「リンクウッド」って,女のイメージの名前るんるん

「グレンモーレンジ」は若い元気な少女の感じ,

「ローズバンク」は大人の女性の感じ,

「ロングモーン」は成熟した女性の感じ,

「リンクウッド」は,

「グレンモーレンジ」と「ローズバンク」の間なんだなるんるん

「ラ・リ・ル・レ・ロ」って,

なんとなくまろやかなイメージしませんか?*?

味も香りも全く関係ない話なんですがね(笑)。




名前で得をしているかも♪

この名前は,かつて同地にあった貴族の邸宅名から付けられたものだそう。

今は振興住宅地となっているようですが,

以前は名前の通り,深い森に囲まれた美しい土地だったそうです。




「名は体を表す」

蒸留所のイメージって,

意外とその名前から来ているのかもしれませんねるんるん












222.png















posted by standbar at 23:59| Comment(0) | リンクウッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。