2011年07月27日

6月26日コニサーズクラブ2



オフィシャルのGlenfiddich



さて,今回もオフィシャル当てクイズに挑戦。

S氏も参戦でするんるん




今回の5択は,

グレンフィディック,クラガンモア,スキャパ,グレンモレンジ,グレンキンチー。




さて,今までに飲んだ経験値を整理しておきましょうるんるん




Glenfiddich.jpg




フィディックは,モルトに目覚めた頃に1度だけ。

そうそう,私はラフロイグから入り,アイラを中心に飲み始めたので,

フィディックの印象はかなりあっさり系。

当時通っていたバーのマスターにも,

「これはikuちゃん好みでないよね」と言われたのを覚えています。

さっぱりとしてパンチがない印象。

当時は,リベットも同じ系統だからと言われ,

飲んでもいないのに,私好みでないというレッテルを貼っていました。




Cragganmore.png




クラガンモアは,モルトに目覚めた頃,

アイラ以外ですごく気に入っていた1本るんるん

「アイラ好きなのに,クラガンモアも好きなんて!」と,

それこそ当時通っていたバーのマスターにびっくりされていましたが,

クラガンモアは,あっさりはあっさりでも,天に通じるモルトなんです(笑)♪

わかるかな〜,わかんないだろうな〜(笑)るんるん

トップノート中心でライトなイメージ。

頭頂にある百会というツボから金色の光りが立ち上り,

それがまっすぐに伸びて天に届くイメージなんですよ(笑)。

しかし,深くモルトにはまり出してからは(笑),

飲めなくなってしまいました(笑)るんるん

嗜好が変わってしまったわけで・・・(笑)るんるん




Scapa.jpg




スキャパはこの前の土屋先生のセミナーで飲んだな〜。

以外とあっさり!

オイリーだという先入観があったので,びっくりしました。




glenmorangie.jpg




グレンモレンジは,家にありますよ(笑)。

毎日とは言いませんが,それなりに飲んでいます。

実はリベットと飲み比べをすると,微妙に似ていて困っています(笑)。

これは,まさに女の子のモルトるんるん

フルーティさが,クラガンモアより強い。

だから,天に通じるんではなくて,ハートや上腹に繋がり,

暖かいオレンジのイメージでするんるん




glenkinchie.jpg




グレンキンチーは1度飲んだことがありますが,

全く記憶に残っていません(笑)。




さ,以上の記憶に照らしながら,

今回のボトルを飲むるんるん




う〜ん,これは飲み慣れた感がありました(笑)。

甘味,丸み,クリーミーさがあったので,

ライトなクラガンモアは却下。

スキャパ,グレンキンチーも恐らく違うであろうと。

フィディックとグレンモレンジの決戦投票ですねるんるん




フィディックの記憶は2年半くらい前のものだからな〜,と

私はグレンモレンジを選択しましたるんるん

そもそもマスターは,絶対私に意地悪をしてくるに違いないのです(笑)。

マスターは,私が家で飲み比べをしているオフィシャルのボトルを知っているので,

絶対その中から出すはずだと(笑)。

とするなら,グレンモレンジでしょうと(笑)。

はい,みごとにハズレです(笑)るんるん




S氏もはずれ,今回も正解したのは白秋先生ただ一人だったそう。

さすが白秋先生黒ハート黒ハート黒ハート

白秋先生のコメントが聞きたかったな〜〜〜〜るんるん

今回は,みんなの答えが本当にばらついたそうです。




さ,それでは,実証タイムるんるん

フィディックとモレンジ,そしてリベットも飲み比べました。




意外や意外!

この中で最も丸みがあってフルーティなのがフィディックでした!

そして,リベットが最もスッキリ。

家でモレンジとリベットを比べた感じだと,

リベットが若干クリーミーな感じがしていたんですがね〜。

難しい,難しいるんるん

でも,当たらないから楽しい(笑)るんるん




「ikuちゃん,またオフィシャルのボトル,

1本買って,飲み比べしなくてはならなくなったんじゃないの?」

とマスターに言われましたが,

これ以上は手を出さないことにしました(笑)。




飲み比べの目的でオフィシャルボトルを買ったはずなのに,

最近は比べっこもせずに,ただ飲みたい気分のボトルを飲んでいます(笑)るんるん

あれれ(笑)るんるん

最初に買ったオフィシャルのマッカラン12年,

このところ飲む機会を逸しています(笑)るんるん












iku-2.jpg






















posted by standbar at 23:44| Comment(0) | ミルバーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

6月26日コニサーズクラブ1



Millburn



さて,今回はこのブログを初めて以来,

最も何を書いていいのやら(笑),という回でありまして・・・。

今まではそう思ったことがあっても,書き始めると何とかなったりするものですが,

今回はどうもそういかない感じ(笑)るんるん

なぜか?

モルトに集中していなかったから(笑)。

せっかくモルト会に行って,なぜ集中していなかったのか?

今回も仕事の関係で,当日の夜遅くにうかがったのですが,

なんと,バーボンの刺客がおられたからです揺れるハート

人のせいにするな,と言われそうですが(笑)るんるん




いや,ここでバーボン対スコッチ対決をしたとか(笑),

喧嘩を売ったとか(笑),

そういうことは全くなく(笑),

これまでもご一緒させていただいたこともあれば,

マスターの話しには何度も登場している方ですので,

なんだか一緒に話しをする方が盛り上がってしまって(笑)ハートたち(複数ハート)

ってなわけです揺れるハート

ま,こんなこともあるさるんるんるんるん〜〜〜〜揺れるハート




MILLBURN.jpg
1-OMC 1969-2005 36年 50.0%
2-MACKILLOP'S CHOICE 1982-2001 19年 57.0%
3-SIGNATORY 1979-2005 26年 58.1%
4-BLACKADDER 1974-2000 25年 58.5%
5-RARE MALTS 1975 25年 61.9%
山崎白秋氏コニサイズクラブレポート




しかも今回の5本,いわゆる普通に美味しいというやつで,

これ,最も印象に残りにくいパターンなんですよね♪

すっごく美味しい〜〜〜〜〜〜〜黒ハート

なら,印象に残るし,

フィーリングカップル5対5の5番タイブなら,

別の意味でとても印象に残るのですが(笑),

そうでないとね(笑)るんるん

しかも,蒸留所がMillburnとなれば,蒸留所のイメージが強烈でない故,

そのギャップに苦しむとか,やっぱりね!とかもなく・・・。

全くもって,申し訳ない限りであります。

Millburn君,ごめんね。




Millburnは,今までに1度しか飲んでないんです。

でも,それはなぜかしっかり覚えている(笑)るんるん

Rare Malt Selectionの

Glen Albyn26年,Glen Mhor28年,Millburn35年を

同じ日にいただいたことがあるのですが,

とにかくどれもあっさり系という印象でした。

そう,この3つの蒸留所,北ハイランドのご近所同士で,

どれも今は閉鎖されている,ってのは,頭に入っていまするんるん




RARE MALT.png




つまり,あまり印象に残らない蒸留所,

ってことが印象に残っている(笑),という蒸留所でするんるん

いや〜,本当にMillburn君,申し訳ない。許してくれますか(笑)?




せっかくなので,そのときのコメントも参考にしながら,

今回の5本を見てみました。

穀物系,クリーム,粉っぽさが,なんとなく共通点として見えてきます。

草っぽい感じもありますね〜。

ふ〜む。




MILLBURN-1.jpg
1-OMC 1969-2005 36年 50.0%




その中でもNo.1はフルーティで大人の味。

大好きな1本でするんるん

最近は,どうも好みがNo.1になることが多いんですよね〜。

No.1というと,アルコール度数が一番低い。

なぜか?長熟だから!

そうよね〜〜。

長熟の爽やかなフルーツって,心地いいですよね〜〜〜るんるん




MILLBURN-5.jpg
5-RARE MALTS 1975 25年 61.9%




それに対し,No.5はあんずのような甘酸っぱさ。

南国系フルーツやペパーミントも感じられ,派手系。

AKB48って感じですか(笑)るんるん




MILLBURN-2.jpg
2-MACKILLOP'S CHOICE 1982-2001 19年 57.0%




また,No.2は粉っぽさが強調され,個人的にはあまりしっくりきませんでした。




ま,これくらいのことしかメモしてありません(笑)るんるん  













Milllburn Distillery.jpg
Milllburn Distillery












posted by standbar at 03:08| Comment(0) | ミルバーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする