2012年01月15日

女の子のためのスコッチ・モルト入門『モルトは,舌に乗せる』楽屋トーク♪



マスター「いや〜,本当にモルトのアルコール度数って,

     女の子にとってのハードルなんだよね〜。
     
     でも,水割りやカクテルをがぶがぶ飲む人が,

     40度のモルトをストレートで飲む人のことを『凄〜い!』と言うのが,

     おかしいんだよねるんるん

     アルコールの総量は変わらないのにね!」




はい,その通りるんるん

では,ここで簡単な計算をしてみましょうるんるん




40度のモルトを30ml(1ショット)を飲みました。

アルコールは,どれだけ入っていますか?

はい,計算式は,30×0.4=12

アルコールは12mlになります。




では女の子がよく飲みそうなカクテル,

(う〜ん,これがよくわからないんだな,私の場合(笑),)

カンパリオレンジにしてみましょう(笑)。

45mlで7%です。

アルコールの量は,45×0.07=3.15ml

ざっと4杯飲むと,アルコール総量が同じになりまするんるん




立て続けにカンパリオレンジを4杯飲む女の子,

あんまり見たことはありませんが(笑),

それでも2杯飲めば,

ハーフショット分のアルコールを摂取していることになりまするんるん




女の子だって,カクテル2杯は飲むでしょう,きっと(笑)。

だから,モルトをストレートで飲んでみるということは,

思ったほどハードルが高くないかもしれませんるんるん

少なくとも,それで酔ってしまう,ということはないはずなんでするんるん




ただ,飲み慣れていないアルコール度数のものって,

喉を通るとき,喉が焼ける感じがするんですよね〜,と言われたら,

確かにその通りです…,と言わざるを得ないのですが(笑)。




でもきっと大丈夫るんるん

私もアルコール度数96%のスピリタス,

ごくごく飲むのは無理ですが,舌に乗せるだけならできまするんるん

あまり説得力ありませんかね〜(笑)。










S-BAR.jpg















2011年12月18日

女の子のためのスコッチ・モルト入門 『どんな感じのモルトが飲みたいか,マスターに伝えてみよう♪』




とはいえ,バーにはたくさんボトルが並んでいるんだよね〜。

バックバーのボトル達はまさに圧巻るんるん

このボトルを見るだけでうっとりるんるん なのは私だけ(笑)?

で,どれを頼んだらいいの???

蒸留所の名前なんて知らないし・・・。




そう,バーでは女の子は女王様るんるん

それもマスターがエスコートしてくれまするんるん

どんな感じのモルトが飲みたいか,伝えてみようるんるん




例えば

「草原の中を駆け抜けていく感じるんるん(笑)」とか,

「傷ついた天使が,羽を休めたい感じるんるん(笑)」とか,

「そよ風に吹かれて天に舞う感じるんるん(笑)」とか,

「どっしり,地に足をつけたい感じるんるん(笑)」とか,

ふっと心に浮かんだことを言ってみようるんるん




それを聞いてマスターが眉間にシワを寄せても気にしない(笑)。

だって,マスターはモルトのプロだもんるんるん

きっとマスターは究極の1本を選ぶために,いろいろ質問してくれます,きっとるんるん




「ってことは,甘い方がいいかな?」とか,

「スッキリした感じがいいかな?」とか,

「マンゴーというよりは,リンゴみたいな甘さがいいかな?」とか,

「アルコールが弱めの方がいいかな?」とか,

それに答えていくうちに,

思い描いたモルトが目の前に現れて来まするんるん




そう,何も悩む必要なんてないるんるん

こんなモルトが飲んでみたい〜〜〜〜〜,って思うだけでいいのでするんるん

それをしっかり伝えればいいのです。




モルトは1本1本個性が違う。

ピピッとくる男性に出会うように,

ピピッとくるモルトに出会えまするんるん
  












ETの皆さんへ
STAND BARの入り口は、ここです。
お間違えの無いように。。















2011年12月17日

女の子のためのスコッチ・モルト入門 『モルトは,舌に乗せる♪』




でもね,モルトって,アルコール度数が高いのよね・・・るんるん

40度以上あるもんねるんるん

60度以上のものだってあるんだよ!

ビールやワイン,日本酒と比べると,凄く高いんだけど(笑)。




だから,何かで割って飲みたくなるんだよね(笑)。

自分の心地よいアルコール度数で飲むのは,確かに大事かもるんるん




アルコール度数が高いと,すぐに酔ってしまうんじゃない?

って心配になってしまう。

特に素敵な男性と一緒のときなんかはネ!(笑)




でもね,

アルコール度数が低い飲み物って,グイグイ飲んでしまう。

アルコール度数が高い飲み物って,ゆっくりと飲む。

結局,アルコール摂取量は同じなんだよね(笑)。

むしろ,アルコール度数が低いものの方が,

調子に乗ってたくさん飲んでしまって,

かえって酔ってしまうんだよね(笑)。




モルトは,飲むというよりは味わうるんるん

飲むというより,舌に乗せるるんるん

そう,舌にモルトを優しく乗せるだけるんるん

それだけで,アナザーワールドに連れていってくれるるんるん

そして,香りを楽しむるんるん

それだけで,一日の疲れが癒されるるんるん




モルトって,そういうもの。

一度,是非,ありのままの姿を,

ほんの少しだけ,舌の上に置いてあげてみて下さいるんるん













bar.jpg



















2011年09月25日

女の子のためのスコッチ・モルト入門 『モルトは自由に飲もうよ♪』




モルトに「正しい」飲み方があるわけじゃないるんるん

自由に飲もうよるんるん




ハイボールだっていいし,

水割りだっていいし,

オン・ザ・ロックでもいいし,

カクテルにしてもらってもいいし,

もちろん,ストレートでも。

冬ならお湯割りだって大丈夫るんるん




モルトに詳しいおじ様達って,

競って「テイスティング」をしている。

だから,テイスティンググラスで,ストレートで飲む。

テイスティングは,それをしたい人に任せておけばいいるんるん




女の子はそんなことしなくたっていいるんるん

どんな香りだの,どんな味だの・・・,

それを確かめるために飲んでいるんじゃないんだから。

モルトに詳しくないと,飲んではいけないわけではないんだから。

「美味しいるんるん」から飲む,ただそれだけ。




自分で「美味しいるんるん」っていう飲み方を見つけたら,それでいいるんるん

自分の飲みやすい飲み方を見つけたら,それでいいるんるん

今日の気分の飲み方でいいのです♪るんるん



水割りで飲んでいるのを,

横のおじ様に睨まれたら(笑),

マスターにウインクるんるん

Please help me!




女の子は,バーでは女王様。

マスターはいつでも守ってくれる。

女の子が自分のスタイルで飲むのを,守ってくれるのでするんるん





























2011年09月21日

女の子のためのスコッチ・モルト入門 『女の子の指定席』




女の子の指定席は、マスターのまん前るんるん

隅っこに行っちゃったりしたら、ダメダメ!

女の子は、お姫様なんだからるんるん

一人でバーに行っても、もう一人じゃない。

マスターがちゃんとエスコートしてくれるんだから。




105-0566_IMG.JPG




「なんだか今日はお疲れモードだね。

どんなスコッチ・モルトがいい?」




「う〜ん、どんなのがいいんだろう…。

今日は上司に文句言われちゃってさ、へこんじゃった…。

なんか、すか〜っとするの、ちょうだいるんるん




目の前には一杯のハイボール。

コロ〜ン、氷がグラスに当たるるんるんるんるん

いい音るんるん

炭酸のシュワシュワが顔にかかるるんるん




「あれあれお姉さん、ハイボールなんか飲んでるの?」

「すか〜っとしたいと言われたから、

僕がハイボールを薦めたんですよ」




セーフるんるん

知らないおじ様に声かけられるの、

ちょっと苦手なんだ。

だから、バーに一人で行くの、なんとなく抵抗があったんだ。

でも、マスターのまん前にいたら、大丈夫。

絶対守ってくれるもんるんるん

そう、バーに行ったらマスターのまん前るんるん




さ〜て、気を取り直して、一気に飲もう。

ハイボールは喉越しが最高だもんるんるん

マスター、ありがとうるんるん

























2011年09月20日

女の子のためのスコッチ・モルト入門 『バーに行こう♪』

  


さ〜て,今日もやっと仕事が終わったー!

家に帰る前にちょっとバーに寄ろう。

一日しっかり活動したんだから,

夜はモードを変えなくっちゃ。

onとoffの切り替えは大事。

onとoffは,日常と非日常って感じるんるん




バーって、大人のためのカフェるんるん




「マスター,今日の疲れをとってくれるスコッチ・モルト,

1杯ちょうだい」




ちょっと足を組んで,グラスを手に取り,

モダンなジャズに耳を傾け,

スコッチ・モルトの黄金の色に目を奪われ,

スコッチ・モルトの香りに酔い,

スコッチ・モルトの舌触りを楽しみ,味わうるんるん

そして,マスターとの話しを楽しむるんるん




聴覚も、視覚も、嗅覚も、味覚も、触覚も,

みんな総動員させれば,

あっという間に異次元空間。




「マスター,ありがとうるんるん 元気になったよるんるん

明日はきっといいことがあるさ。

Tomorrow is another day!」




ちょっと粋な感じじゃない(笑)?

カッコイイ大人の女って感じじゃない(笑)?




そう,バーってそんな所。

バーのドアを開けてみようるんるん
































2011年07月22日

「女の子のためのスコッチ・モルト入門♪」




はじめに




いや〜,夢って叶うものですねるんるん

ブログを書き始めたときから,

「いつか女の子目線の,ゆる〜い感じの入門書が書きたいな」

って思っていたんですが,

「『女の子のためのスコッチ・モルト入門るんるん』が書けたらいいな〜」

なんてマスターに言ったら,

「書いてるんるん書いてるんるん その題もいいじゃんるんるん

って言われてしまい(笑),

そっか,ブログで書いちゃえばいいんだ!ってわかり,

書くことにしちゃいました(笑)。

後からブログ本にしちゃえばいいもんね(笑)るんるん




巷にあるウイスキー本って,

ウイスキーのプロが書いているから,

プロ目線なんですよね。

だから,なんとなく似ている。

しかも男性だから,しっかり書いてある(笑)るんるん

もちろん本だから,ちゃんと書いてないとまずいんだけど(笑),

ウイスキー勉強中だから書ける入門書ってもの,ありなんじゃない?

って思った次第♪

だって,初心者って,初心者なりの疑問とか不安とかあるんだけど,

プロになると,そういう初心,忘れちゃいがちじゃん(笑)るんるん

ほら,自分が苦手だった教科を教えると,

生徒の間違えるツボがわかっているから,

すっごくわかりやすい授業ができる,って,まさにそんな感じ〜〜〜るんるん




私は以前,完璧主義タイプの人間だったので,

全てを知り尽くさないと人に教える資格がない!(笑)なんて思い,

なんだかすっごく勉強しましたが(笑),

いや,でもそのおかげで今も生活ができているんですが(笑),

ウイスキー歴2.5年の私が,

「ねえねえ,女の子だってウイスキー飲もうよ!

ウイスキーって,別に男の飲み物じゃないよ〜〜〜」

というのは,もしかしてプロよりツボを押さえられるかも!と思うわけ(笑)るんるん

プロは,テイスティングとか,

いろいろ分析することの方に興味がわくと思うからね〜るんるん




で,マスターはと言うと,

「ikuちゃんのブログって,

ウイスキーを飲まない女性に人気なんだよね〜るんるん

でも,ウイスキーのことが書いてあるブログ読んでいるんだから,

ウイスキー飲もうよ,と誘ってみるものの,

ウイスキーは男の飲み物と思われているのか

どうも男の僕が薦めてもイマイチなんだよね〜」とるんるん




それなら私が一肌脱がずしてどうする(笑)!

是非やりましょうるんるん

お互いの利益が一致したってわけ。

というわけで,記念すべき入門書(笑)ができる運びとなったのです。




紀貫之の『土佐日記』風にるんるん

「男も飲むるスコッチといふものを,女も飲んでみんとてするなり」



は〜い,スコッチの世界にご招待〜〜〜〜〜〜♪










2-7.jpg