2015年10月01日

8月23日コニサーズクラブ4



LongmornB 〜乳首かお尻か、お腹か〜




「No.5のラベルの写真、初めから妊婦だって思った?」

「そんなの当たり前でしょ!」




「私、初めてたとき、乳首を吸っている男性に見えたんだけど、おかしい?」

「いくらなんでも、こんなに大きい乳首ないでしょ!!!」

「冷静に考えたらそうか(笑)。

 でも、男性が吸うものって、女性の乳首じゃない?」

「お尻は?女性がお尻を突き出して、それを男性がなめている。

大きさを考えたら、これはあり得るね!

ちなみに、僕はお尻派だから」

「私はおっぱい星人だから(笑)」




ilovewhisky.png




みなさん、正直に答えてください(笑)。

本当に初めから妊婦さんのお腹に見えましたか?









ilovewhisky.png
1-3RIVERS    1975-2007 32年 53.0%
2-3RIVERS    1975-2006 31年 53.6%
3-OFFICIAL    16年 48.0%
4-3RIVERS    1976-2010 33年 54.4%
5-3RIVERS    1972-2010 37年 51.3%



















posted by standbar at 00:05| Comment(0) | ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

8月23日コニサーズクラブ3



LongmornA 〜比べる相手があると評価も変わるるんるん




「ライフシリーズが4本揃っていて、

もう一本どうしようか、迷っていたんだよね。

30年オーバーの4本の中に、

16年のオフィシャルを混ぜるとどうなってしまうんだろうと心配していた。

でも、この中でちゃんと戦えたことにビックリしたよ」




「私も同感。

この中にあって、遜色なかったもん。

ロングモーンは超熟の美味しさが目立って、

オフィシャルは美味しくない、っていうイメージができてしまっていた。

どうせオフィシャルだから、という先入観があると、

美味しいものも美味しいと感じられなくなるんだね。

でも、実際、ブラインドで他の超熟と比べっこしたら、

オフィシャルの凄さがよくわかった。

値段のことを考えたら、

オフィシャルはすごくコストパフォーマンスがいいと思うるんるん

先入観って、本当によくないね」




ilovewhisky.png
1-3RIVERS    1975-2007 32年 53.0%
2-3RIVERS    1975-2006 31年 53.6%
3-OFFICIAL    16年 48.0%
4-3RIVERS    1976-2010 33年 54.4%
5-3RIVERS    1972-2010 37年 51.3%




実はNo.5がこんなに美味しいというのも、

こうやって5本比べてみてよくわかりました。

このNo.5って、以前M先生が振舞ってくれたものです。

そのことも記事に書きました。

http://blog.stand-bar.com/article/402578250.html

ほら、ここには、

「きゃ〜ん!ロングモーンだよ〜〜〜〜るんるん

としか書かれていません。

どれほどその美味しさに感動したか、全く書かれていません(笑)。

ロングモーンなんだから、これくらいの美味しさ、当たり前でしょ、

みたいな、『超』上から目線的発想です(笑)。

頂上決戦したが故、わかったことです。




No.5はAgencyとのコラボです。

AgencyからはPerfect Dramででています。

No.5の裏ラベル、これだけウイスキー持ってVサインしているんです。

他のにはVサインがないんですよるんるん









ilovewhisky.png




















posted by standbar at 00:06| Comment(0) | ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

8月23日コニサーズクラブ2



Longmorn@ 〜ミス・ユニバースでも順位はつく〜




私の目の前にも、記念すべき200回目のモルトが順に出てきました。

わ〜、いい香りるんるんるんるん

当日、どんな歓声が上がったのか、優に想像がつきます。




「モルト飲むの、久しぶりだな」

「久しぶりなら、今日の5杯はもったいないな〜。

こんなに上等なモルトでなくても、美味しく感じるだろうに」

「確かに〜〜〜〜〜」




いや、そんなことはありません(笑)。

久しぶりだからこそ、

とびっきり美味しいモルトを飲むのがいいのでするんるん

本当に香りも味もみんな凄〜〜〜い!!

とはいえ、1本だけ違う様相のモルトを発見!

No.3です。




ilovewhisky.png
3-OFFICIAL    16年 48.0%




「ねえ、マスター。

3番だけちょっと方向性違うんじゃない?

これだけ苦味やえぐみを感じるんだけど」

「実はこの子だけ若いんだ」




久しぶりに飲んでも、ちゃんと違いがわかりまするんるん




「それにしても5番、秀逸だね〜。

これは、凄すぎ!!

これは他と樽が違うよね」

「5番は評判よかったね。

このシェリーならみんな大満足なんだよね」




はい、モルト会のメンバー、シェリー樽には厳しくて(笑)、

よほどのものでないと納得しない人が多いのでするんるん

みんなが大満足のシェリーと言えば、

そして今回が200回記念と言えば、

はい、そうでするんるん

今回の5本はロングモーンでするんるん




ラインナップ見てビックリ!

No.3以外、すべてライフシリーズ!!!!!

感動――――――――――――――――――!

この4本、実はすでにこのブログに登場しています!!

http://blog.stand-bar.com/article/305903323.html




こんな贅沢な飲み方をしていいのでしょうか?????

はい、いいのです黒ハート黒ハート




以前、美味しすぎるのを5杯飲むと飽きるって、

どこかで書いた気がするのですが、撤回します(笑)。

この5杯は飽きません。

凄いです!!




「こんな凄い5本で優劣つけるなんて失礼だよね。

この5本、それぞれ単独で飲んだら、

みんな『美味しい〜るんるん』って感動するはずなのに」

「ミス・ユニバースでも順位はつくんだから、いいんじゃない?」

「じゃ、私はやっぱりNo.5が一番好きるんるん

次は北国系フルーツ、上品なNo.1るんるん




「うん、どちらも人気があったね」   (続く)









ilovewhisky.png
1-3RIVERS    1975-2007 32年 53.0%
2-3RIVERS    1975-2006 31年 53.6%
3-OFFICIAL    16年 48.0%
4-3RIVERS    1976-2010 33年 54.4%
5-3RIVERS    1972-2010 37年 51.3%



















posted by standbar at 00:18| Comment(0) | ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

8月23日コニサーズクラブ1



祝!200回




2015年8月のモルト会で、コニサーズクラブは200回目を迎えました。

拍手!!!!!!!!

200回続く、ということは、凄いことです。

マスターのご尽力、

そしてモルトをこよなく愛するメンバーで成し得た成果です。

自分もこんな素晴らしい会のンバーの一員なれたこと、

本当に嬉しく思いまするんるん

みなさん、ありがとうございます。




とはいえ、案の定、200回記念の日も仕事でして、

そのときの実況中継はできませんが、

後日、マスターから聞いた話をもとに、再現してみましょうるんるん




スタンドバーいっぱいに集まったメンバー。

祝辞はもちろんS重鎮でするんるん

「継続は力なり。

継続するには、健康が一番!」




本当に健康は一番大事です。

モルトを飲み続けるためには、

健康な身体、丈夫な肝臓(笑)が必要です。

S重鎮の元気なパワーの源はいったい何なのでしょうか。

だれもS重鎮にはかないません!




「病気になると、

S重鎮においしいモルトを持っていかれますよ〜〜〜」

との掛け声もかかり、

そんな中、記念すべき200回目の1杯目が登場しました。

マスターが奥からカウンターに運んでくる途中から歓声が!!

「いい香り〜黒ハート黒ハート




十何杯ものグラスにモルトが入っているせいではありません。

200回目にふさわしい、本当にすっごいモルトが登場したのでするんるん









ilovewhisky.png





















posted by standbar at 20:11| Comment(0) | ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

5月22日コニサーズクラブ3



LongmornB 〜シェリー・ロングモーン〜




ではシェリー樽ロングモーンでするんるん




No.5は強烈でしたね〜るんるん

強烈というのは悪い意味ではなく,

私のイメージ通りのロングモーンということです♪

まさに悩殺系熟女です(笑)るんるん

まっさきに,「悩殺系」とメモしましたから(笑)。

こういうのを飲むと,自然に悶え声が出てしまうのです(笑)♪

モルト会のメンバーの方々は,シェリーに厳しい方が多いので,

どうもイマイチの印象だったようですが,

私はかなり好きでしたよ〜るんるん

ま,最近北国系が好みになってきた私としては,

確かにパンチをくらったような感じではありましたが(笑)るんるん




LONGMORN5.jpg
5-G&M 1969-2009 40年 59.3%




そういえばこのGMのボトル,もしかしたら飲んだことがあったかも・・・

と,昔のテイスティングノートを開くと,

ありました!!!!

まさに,2009年の自分の誕生日に飲んでいました(笑)るんるん

しかし,そんなに感動していない様子(笑)。

その理由は,このあとにもっと感動的なロングモーンを飲んだからです揺れるハート

EXCLUSIVE BOTTLING FOR JAPAN IMPORT SYSTEM

1965-2009 Cask No.66 42.2%

Refill Sherry Hogshead

いや〜,これ,余韻があまりに神聖で,

派手派手しい甘さではないんですね。

派手な熟女ではなく,上品な聖なる熟女です揺れるハート

ボトルが空いたとき記念に頂き,今も枕元に置いてありますハートたち(複数ハート)




LM.png
1965-2009 Cask No. 66 42.2%




GMのボトルに戻りましょう。

2009年当時,シェリーシェリーしているものを,

「口の中に大きな穴があく」とか

「唾液が持っていかれる感じ」と表現していたことがありました。

当時のメモを見ると,

このボトル,その感覚に近かったようです。

シェリーの渋みなんでしょうね。

それが硫黄みたいなネガティブな感じではなく,

ポジティブな印象だと,こういう表現をしていたように思います。




1971.jpg
Miltonduff SAKE SHOP SATO 1969-2008 60.4%




話しが2009年に行ったついでに,

「口の中に大きな穴があく」という感覚ができた経緯を話しますねるんるん

同じくGMですが,Miltonduff SAKE SHOP SATO 1969-2008 60.4%

を飲んだときです。

このボトル,2008年に話題になったようですね。

The Whisky World vol.21の特集で,

2008年にこの雑誌でテイスティングした108本のボトルの中の

第3位になっていました。

このあまりに凄いシェリーの感覚をどう表現してよいのかわからず,

とっさに「口に穴があく」と表現してしまったのです。

シェリー好きにはたまらない1本,

シェリーが苦手な人には,逆の意味でたまらない1本だと思いますが(笑),

これで,シェリーの大洗練を受けたのは事実でするんるん

ちなみに,私は大好きでしたるんるんるんるん




LONGMORN4.jpg
4-KINGSBURY 1964-1996 31年 59.0%




さて,話しを2011年の5月のモルト会に戻しましょう(笑)るんるん

No.5の上をいく凄さがNo.4にありました!

いや〜,これは本当に凄いとしか言い様がありません。

色はとても濃く,

香りはとにかく深い。

温かく,重く,ウッディーな感じ。

チェリーのような甘さも。

味はブランデーのよう。

黒胡椒のようなピリピリ感,ジンジャーのようなスパイシー感,

コーヒーのような感じ。

甘味はもちろんあるのですが,

とにかく濃く,重い。

重厚そのものです。

複雑な香りと味。

ど〜〜〜〜んと腹に来て,すっごく美味しいのですが,

量は飲めないな,という印象。

メンバーには大好評だったようです。

もちろん,私も気に入りましたるんるん




そうそう,これが今月のお薦めになっているボトルです。

是非お試しをるんるん














LONGMORN DISTILLERY.jpg
LONGMORN DISTILLERY




















posted by standbar at 01:43| ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

5月22日コニサーズクラブ2



LongmornA 〜ホグスヘッド・ロングモーン〜




ロングモーンに衝撃を受けなかったのは,もうひとつ,

今までに,いろいろなバリエーションの

ロングモーンを飲んでこなかったことにあります。

カリラは,なんだかんだと言って,

いろいろな表情のカリラを飲んできました。

脳内には,勝手なイメージが出来上がってきましたがね(笑)。

しかし,ロングモーンは,

明らかに長熟のシェリー樽ばかり飲んでいたように思います。

もちろん硫黄など感じないシェリーで,甘く,濃厚るんるん

それ以外のものは,脳内から弾き出されていたのかもしれません(笑)。

いや,きっとその可能性大(笑)るんるん




なので,今回,ホグスヘッドのロングモーンに出会い,

衝撃を受けるというより,

「へ〜,こんなロングモーンもあるんだ!」

って感覚の方が強かったのでするんるん




LONGMORN1.jpg
1-KINGSBURY 1980 26年 52.6%




No.1は,ホグスヘッドの典型的ともいえるようなフルーツがありました。

いわゆる南国系でするんるん

しかし,南国南国しているかと言えばそうでもなく,

北国系も少し混じっているような(笑)。

白秋先生が,「これが南国系?」とすかさず聞いてこられたので,

「南国系だけれど,少々北国混じり」と答えると,

なるほど,とその感覚を理解してくださったような感じを受けました。

これ,本当においしかったでするんるん

最も安心して,長く飲めるボトルでした。




LONGMORN3.jpg
3-SWMS 7.56 25年 56.8%




No.3はリフィルホグスヘッド。

ホグスヘッドなので,系統はNo.1と似ていましたが,

リフィルのせいか,

なんとなくもやっとした感じが拭いきれませんでした。




LONGMORN2.jpg
2-WHISKY EXCHANGE 1990-2010 25年 56.4%




No.2もホグスヘッドでしたっけ?

しかし,これはかなり個性的でしたねるんるん

19年熟成なのに,イメージはニュースピリット(笑)。

焼酎の感じでした。

「どんな熟女も若いときがあるんだよ」

と,S重鎮の言葉が心に響きました(笑)。

みんなでK氏にお薦めしました(笑)るんるん

な〜んて書くと,またK氏に怒られそうです(笑)。




以上,ホグスヘッドロングモーンでした。













モルト会.jpg















posted by standbar at 00:10| ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

5月22日コニサーズクラブ1



Longmorn@ 〜脳内ロングモーン・熟女(笑)るんるん




はい,今回のお題は,ロングモーンでした。

ロングモーンと言えば,カリラ様と同様,

私のだ〜い好きな蒸留所ハートたち(複数ハート)




後でマスターに聞いてびっくりしたんですが,

今回ロングモーンになったのは,私の一言が原因だったのです!

先月のお題のカリラで衝撃を受けた私は,

カリラの5本を目の前にしながら,

「カリラでこんなに衝撃を受けたのなら,

もし,ロングモーンだったらどうなるんだろう」

と言ったらしいのです!

当の本人は全く覚えていません(笑)。

だって,あまりの衝撃で,カリラのオフィシャルを飲み,

ボウモア1993を飲み・・・,

結局その日は,かな〜〜〜〜り飲んだわけで・・・(笑)。

もちろん記憶をなくすくらい酔っていたわけではないんですが,

そんな事を言ったことは本当に覚えておらず・・・。

もしかして,マスターの空耳だったのでは(笑)。

もしくは,天からモルトの神様が囁いたのかも(笑)。




LONGMORN.jpg
1-KINGSBURY 1980 26年 52.6%
2-WHISKY EXCHANGE 1990-2010 25年 56.4%
3-SWMS 7.56 25年 56.8%
4-KINGSBURY 1964-1996 31年 59.0%
5-G&M 1969-2009 40年 59.3%
山崎白秋氏コニサイズクラブレポート





そもそも,ロングモーンが普通に出てきたのがびっくり(笑)。

ロングモーンって,年末とか,何かこうビッグイベント用でしょ(笑),

みたいな思い込みがあって,

何のイベントもない5月に出てきて,あっけに取られました(笑)。

だって,ロングモーンって,高いですからね(笑)。

いや,リーズナブルなロングモーンもきっとあるのでしょうが,

私が味わったロングモーンは常にお値段がよろしく(笑),

自分の誕生日とか,クリスマスとか,

自分の中のイベントの日,もしくは,自分へのご褒美のときにしか飲めない,

そんな蒸留所なのです。




私の脳内ロングモーンは,

「高級」「長熟」「あま〜〜い」「シェリー」がキーワードるんるん

それが,私の目指す熟女像とも相まって(笑),

熟女のお手本的存在となり,

大好きな蒸留所となりましたるんるん




で,本当に目の前にロングモーンが5本出てきてどうだったか(笑)。

特に衝撃はありませんでした(笑)。

いや,はっきり言うと,

先にレポートした「カリラの逆襲(笑)るんるん」により,

カリラの衝撃の方が大きく,目の前のロングモーンへの関心が薄れていました(笑)。

ロングモーンと聞いて,「ふ〜〜ん」くらいの反応だったと思います(笑)。

マスター,私の衝撃を受ける姿を見たかったでしょうに(笑),残念!!

もしかしたら,私の今の脳内バランスは,

カリラ>ロングモーンなのかもしれません。

このところロングモーン,全然飲んでいませんから。




いや,そうではなく,

私の理想とする女性像が,カリラ>ロングモーンなのかも(笑)♪

ロングモーンの女性像は,

とてもグラマーな悩殺系熟女(笑)。

叶美香さんみたいな感じかな(笑)。

ちょっと露出度の高いドレスを着て(笑),

脚を組みながら高級なソファーに座り,

ロングモーンの入ったグラスを傾けるって,

なんだかカッコイイ感じじゃないですか(笑)?

超セレブな感じるんるん

ゆったりとした贅沢な時間の過ごし方るんるん

そんな感じるんるん




しか〜し,自分が悩殺系熟女になりたいかというと,

全くそうではなく(笑),

ただ自分の好きなことをやって,毎日「幸せだな〜〜〜揺れるハート

と思える人生が最高なのです♪




というわけで,

私のロングモーン熱,ちょっと冷め気味かもしれません(笑)るんるん




追記:

冷静に考えてみると(笑),

悩殺系熟女って,モルトのグラスを傾けるのではなく,

ワインかも(笑)るんるん

しかも,自分のイメージの中のグラスは,

テイスティンググラスでした(笑)。

全然カッコイイ感じでないかも(笑)。

やっぱり,川島なおみさんみたいな女性が,

ワイングラスを傾けているのが普通のイメージかな(笑)るんるん

ワイングラスでなければ,ブランデーグラスか(笑)るんるん

ワインやブランデーの前にモルトが出てくるあたり,

私はやっぱり普通の女でないかも(笑)るんるん   










iku.bmp
















posted by standbar at 23:37| ロングモーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする