2014年12月30日

11月23日コニサーズクラブ2



Highland Park 〜BAR R50のハードルは高い♪〜




今回の5本の中で異様な趣を醸し出していたのがNo.5。

濃厚過ぎ〜〜〜〜〜〜!

はちみつのような甘さ、とかではなく、

はちみつそのものをなめていますよ、的な甘さです。

きついね〜〜〜。

No.5ということは、アルコール度数も高いはず。

なのに、アルコールより甘さが勝って、

そこまでアルコールを感じない(笑)。

つまり、アルコール甘いじゃなく、

本当に中身が甘いのです。




ilovewhisky.png
5-ACORNS 1992-2013 21年 66.8%




ビックリしました!

これ、一度今月のお勧めになっていた、

21歳にして66.8%という、

BAR R50用のハイランドパークでありました♪

BAR R50って、やっぱりハードル高いなあ(笑)。

これ、1杯飲むだけでも、かなり重労働でしたよ♪

マスターなんて、一口口に含んだだけで、

本当に胃薬飲んでいました(笑)!!




ilovewhisky.png
3-G&M 2005-2013 8年 59.9%




私は甘さ控え目、

バランスのとれていたNo.3が好きでした♪

さっそくiku’s BARのラインナップになりました♪

しかし、これも59.9%なんですね(笑)。

No.1はOMCで50%でしたが、

No.2以降55.7%、59.9%、62.9%、66.8%と、

相当なアルコール度数のモルトを飲んだわけです。

にもかかわらず、そんなに酔っていない自分、

この5杯に加え、

さらにアルコールを飲んでいるK夫妻、Wちゃん夫妻、

やっぱりモルト会のメンバーは凄いね(笑)。




最近は、テイスティングするより、

モルトが飲めて幸せ〜♪的な飲み方になってきましたね。

モルトもすっかり家飲み、いえ、iku’s BARで飲むようになったので、

日記を書いたり、本を読んだりしながら飲んでいます♪




モルトと私の付き合い方も少し変化してきたかもしれません♪











ilovewhisky.png
1-OMC 1998-2012 14年 50.0%
2-SIGNATORY    1990-2014 23年 55.7%
3-G&M 2005-2013 8年 59.9%
4-SIGNATORY 1992-2004 11年 62.9%
5-ACORNS 1992-2013 21年 66.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート
























posted by standbar at 19:58| Comment(2) | ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

11月23日コニサーズクラブ1



Highland Park その前に、カリラの女王♪は顕在か?




さてさて11月のモルト会です。

K夫妻、Wちゃん夫妻が楽しく飲んでいます。

いつも通り遅れての参加です。




今回はお題のハイランドパークより、

モルト会のメンバーはクイズに興味があるはず。

私がケース買いしているカリラちゃんるんるんを当てることができたのか?

今回は黒いグラスに注がれた2つのモルトのうち、

値段の高い方を当てるというもの。

蒸留所は同じです。




飲んだ瞬間、カリラちゃんるんるんだな、と思いました。

ドライ&ピーティ、これはカリラちゃんるんるんの特徴です。

値段が高いと言っても、

値段の高いのが必ずしも美味しいとは限りません。

「値段の高いモルトの味」をどう定義するかが難しいです。

私はなんとなく味が複雑で余韻の長いものにしようと思いました。

私が安いと思った方は、味はシンプルで飲みやすい。

あまり複雑さを感じませんでした。

高いと思った方は、もう一方より香りも味ももう少し複雑な感じ。

余韻も長め。

とはいえ、この印象、私がケース買いしている12年に近い。

じゃ、その相手の値段が安いと思ったカリラちゃんは何だ?

と考えると何がなんだかわからなくなるので、

はい、直感をそのまま信じましたるんるん




というわけで、蒸留所も、値段の高い方もしっかり正解でしたるんるん

値段の高い方は、この前のカリラの会のNo.1でした。

そうそう、このときは、

マスター聞いてよ、テイスティングしている場合じゃないんだって、

と、目の前のカリラちゃん♪をボウモアだと思ったときでして…。

まさかあのときのカリラだとはビックリ!!

本当に精神状態で味わいは変わるものですねるんるん

そして、安い方が、私がケース買いしている12年でした。

おっと!!




ilovewhisky.png




「12年の方を値段の高い方だと思った人が多かったんだよね。

みんなびっくりしていたんだけれど、

それくらいカリラ12年はよくできている、ってことだよねるんるん




というわけで、私はまぐれ当たり、

本当の意味で正解ではありませんでしたが、

それでもカリラ12年の味わいを美味しいるんるんと思っているのは確かでするんるん

私の場合は、量を飲みたいときに12年を飲むという、

なんとも12年のカリラ様には失礼な飲み方をしていますが、

量をこなせるのは美味しい証拠でするんるん




消費税が上がる前に買った2ケース目のカリラちゃんるんるんは、

残り2本となりました。

iku’s BARのラインナップが充実するに従い、

12年のスタンダードに手を出す回数が減ってきますね(笑)。

気が付けば20本ほどカウンターに並んでいまするんるん




カリラの女王♪、かろうじて顕在、ということにしておきまするんるん











ilovewhisky.png



















posted by standbar at 18:42| Comment(0) | ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

10月28日コニサーズクラブ



今月のテーマはHighand Parkでした♪




すっかり忘れていました!

今回の5本,ハイランドパークでした(笑)。

アーティストシリーズのベン・ネヴィスの話から始まって,

ずっとラベルの話をし続け,

今回の5本のことはすっかり頭から離れていました(笑)。

でも,事実だけ残しておかないと(笑)。

一応,5本勢ぞろいの写真も載せたいしるんるん




ilovewhisky.png
1-HART BROTHERS 1990-2012 22年 52.4%
2-WHISKY AGENCY 1984-2011 27年 52.5%
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%
4-SHINANOYA 1981-2012 30年 53.8%
5-SMWS 4.92 1992-2003 10年 65.5%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




ハイランドパークのイメージが,シェリー+ピートとするなら,

今回はあまりそれを感じることができませんでした。

クリーミーな甘味さえ感じ,

クライヌリッシュ?なんて思ってしまいましたが,

白秋先生は,すぐにハイランドパークだとわかったそう。

さすがだな〜るんるん




今回,5本の中にAgencyがあると聞いたので,

勝手にAgencyを探せ!ゲームをし,見事,当たりました(笑)。




今回はこの5本については,コメントありません(笑)。すいませ〜ん。

そんな時があってもいいでしょうるんるん

それくらい,ラベルの話が盛り上がったということでるんるん




あ,ちょっとメモがありました。

No.1にハートが3つついていまするんるん

気に入ったということでするんるん




ilovewhisky.png
1-HART BROTHERS 1990-2012 22年 52.4%




派手派手ラベルの2本だけで記念撮影るんるん






ilovewhisky.png
2-WHISKY AGENCY 1984-2011 27年 52.5%
4-SHINANOYA 1981-2012 30年 53.8%























posted by standbar at 20:05| Comment(0) | ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

3月27日コニサーズクラブ5



Highland ParkD おまけ 〜セミナー「シングルモルトを究める」〜




そうそう,ハイランドパークと言えば,土屋守先生の印象が強いです。

いろいろな書物から,

土屋先生のお気に入りの蒸留所がハイランドパークであることがうかがえます。




土屋先生の講座を聞きにいくと,

歴史を知っておくことの大切さを言われます。

例えば,2007年に新しくなったハイランドパークのロゴは,

ヴァイキングの芸術様式から取ったもの。

そこに頭文字のhをデザインしたものです。

より風土性を打ち出し,ヴァイキング色を強める目的だったそうです。

もともとこの地は,ヴァイキングが支配した土地だった,ということを知らないと,

このロゴに込められたメッセージが読み取れないと。




highland-park-logo.jpg




先日たまたま,スコッチ文化研究会のホームページを見たら,

名古屋で土屋先生のセミナーがあることを知りました。




2011.4.27(水)2011.5.25(水)2011.6.22(水)

栄中日文化センター主催『シングルモルトを究める』




中日文化センター.png




行けそうるんるんだったので電話したところ,

なんと私が定員最後の申し込み者だったのです!

ギリギリセーフでしたるんるん

土屋先生が話しをされるときは,まるでスコットランド人魂が乗り移ったようで,

引き込まれます。

3回のセミナー,とても楽しみしています。

セミナー報告も是非したいと思いま〜するんるん




モルトウィスキー・コンパニオン.png
モルトウイスキー・コンパニオン




いろいろ本を見ると,

マイケル・ジャクソン氏が「モルトウイスキー・コンパニオン」の中で

ハイランドパークを大絶賛し,

12年もののオフィシャルに90点をつけている,という話がよく書いてあります。

せっかくなので,原文を引用して,ハイランドパークを終えることにしまするんるん




Highland Park is the greatest all-rounder in the world of malt whisky. It is

definitely in an island style, but it combines all the elements of a classic

single malt: smokiness (with its own heather-honey accent), maltiness,

smoothness, rounderness, fullness of flavor, and length of finish.




早く,こんな風に感じて飲めるようになりたいものでするんるん













MichaelJackson.jpg
Michael Jackson












posted by standbar at 13:40| ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

3月27日コニサーズクラブ4



Highland Park C 〜今回の5本るんるん




HIGHLAND PARK.jpg
1-SWMS 4.121 1986-2007 20年 51.0%
2-DUNCANTAYLOR 1987-2009 22年 51.4%
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%
4-CELEBRATION OF THE CASK 1988-2010 22年 54.6%
5-THE WHISKY AGENCY 1985-2010 25年 54.6%
山崎白秋氏コニサイズクラブレポート




では簡単に今回の5本の印象をるんるん




HIGHLAND PARK1.jpg
1-SWMS 4.121 1986-2007 20年 51.0%




No.1 最終的に,これが一番好きでしたるんるん

北国系の飽きのこない味。青森のりんごを思い出させます。

香りはフレッシュな草の感じもありました。

時間が経てば経つほど,ピートが出てくるのも面白かったるんるん

いわゆる地味な女の子タイプです。




HIGHLAND PARK2.jpg
2-DUNCANTAYLOR 1987-2009 22年 51.4%




No.2 これはほぼ1年ほど前に,東京でいただきましたるんるん

Runrigは,バンドの名前だと聞いています。

北国系ですが,ウッディーな感じも。

そしてなんといってもスパイシーるんるん

そして,ほのかにいちごジャムのような甘さも感じました。

1年前に飲んだときのメモを見ると,

加水するととにかくスパイシー,黒コショウの味がする,と書いてありました。

今回は加水してみませんでしたが,もう一度トライする価値ありかもるんるん

東京のマスターが,

これはとにかくスパイシーだから,と言って

ボトルを出してくれたのを思い出しました。

とても個性的で面白い1本でするんるん

あれ? 確かダンカンテイラーでしたよね(笑)るんるん




HIGHLAND PARK3.jpg
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%




No.3 最もワイルドな男,ピートが効いていて,いい感じでするんるん

大好きですパスワード




HIGHLAND PARK4.jpg
4-CELEBRATION OF THE CASK 1988-2010 22年 54.6%




No.4 やや個性に欠けた,フツーの感じでした。

でも,フツーというのは,とても大事なことかもしれませんるんるん

最も安心できる,とも言えますからねるんるん




HIGHLAND PARK5.jpg
5-THE WHISKY AGENCY 1985-2010 25年 54.6%




No.5 南国フルーツ,派手な女の子系でするんるん

タバコのようなスモーク,

マスカットやライチのようなフルーツの香りを感じましたが,

味はかなり濃厚でした。

ネクターやマンゴーに,ぶどうジュースが混じったような。

でも,それにピートがうまくミックスされていた感じで,美味しかったでするんるん
















































posted by standbar at 19:36| ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

3月27日コニサーズクラブ3



Highland ParkB 〜Agency Magic♪〜



今回の人気は,No.3とNo.5に分かれたようです。

なんとなくわかります。

No.3は最もピートがきいていて力強い。

モルト会のメンバーは,ピート好きな方が多い(と私は思っている)ので,

最もワイルドな男を連想させたNo.3は,人気でしょうね。

私も好きでしたるんるん




HIGHLAND PARK3.jpg
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%




一方,No.5は,この5本の中では南国フルーツ系るんるん

最も濃厚な甘味がありました。

いわゆる,派手な姉ちゃんタイプるんるん

浮気するならこういう女,という感じですか,マスターに言わせれば(笑)るんるん

ピートのあるおかげで,そこまで派手な感じはしませんでしたが,

最近好みが北国系になった私としては,

今回は横に置いておいてもいいかな,って感じでした。

もちろん,甘味は脳を喜ばせるので,

飲んだ瞬間の幸揺れるハート●感は大きかったし,

美味しい♪と思いましたるんるん




HIGHLAND PARK5.jpg
5-THE WHISKY AGENCY 1985-2010 25年 54.6%




で,ちょっと笑えたのは,

このNo.5がAgencyとわかったからです。

正直,Agencyはかなり飲みましたるんるん

確かに美味しい。

しかし,なんだか味が似てるんだよね〜,Agencyシリーズは(笑)。

なので,飲まなくても,なんとなく味が想像できてしまう。

どこの蒸留所を飲んでも,大雑把に言えば南国フルーツ系るんるん

だから脳はとても喜ぶし,美味しいるんるんと感じる。

たまたま私が飲んだAgencyシリーズにその手の感じのものが多かったのか,

それともやっぱりAgencyシリーズは一般的にそうなのか。

マスターは後者の判断のようでした。

よかった,私と同じでるんるん

ダンカンテイラーのピアレス改めレア・オールドシリーズにははずれがないよね,

っていう台詞,Agencyシリーズにそのまま当てはまります。

どんなマジックがあるのやら(笑)るんるん




ダンカンテイラーのピアレス改めレア・オールドシリーズ.jpg
ダンカンテイラーのピアレス改めレア・オールドシリーズ




そのマジックではないでしょうが,

Agencyのシリーズって,

カスクから瓶詰めするボトルの数が,やけに少ないんですよね〜。

今回もホグスヘッドで132本。

No.3とNo.4もホグスヘッドですが,それぞれ235本,263本です。

普通,これくらいじゃないか????

Agencyは普通の半分くらい,って感じですよね。

いくら天使の分け前があると言っても,

Agencyシリーズだけ呑み助の天使だってことはないし(笑),

それとも,天使が倍くらいいるのかな(笑)るんるん

しかも,カスクナンバー書いてないですよね〜。

不思議〜不思議〜。




ラベル4.png




マスターに聞いたところ,どうも半分だけ使っているとか。

なんでそんなことをするのかな〜。

しかも,蒸留所から直接買っているのではなく,

ボトラーズ間で買い付けしているとか。

不思議〜〜〜。

はい,これ以上は詮索せず(笑),でするんるん




しかし,人を瞬間的に幸せにすることができるなんて,

本当にそれはマジックでするんるん

だれもが幸せになりたいと思っているけれど,

それを必ず叶えてくれるアイテムなんて,

そうそうたくさんはないでしょうからねるんるん









BAR-12.jpg











posted by standbar at 02:45| ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

3月27日コニサーズクラブ2



Highland ParkA 〜ハイランド・パークのピート〜



それでは,ハイランド・パークのピートのお勉強タイムでするんるん

「シングルモルトウイスキー大全」が,最新情報をまとめてある感じでしたので,

こちらから引用させてもらいます。




シングtルモルト大全.bmp
シングルモルトウイスキー大全




ハイランドパークは今でもフロアモルティングを行う数少ない蒸留所のひとつで,

その際に使用するピートは

ホービスターヒルという独自の採掘場から切り出されたもの。

フォギー,ヤフィー,モスという3層のピートを使うが,

オークニーは寒冷地で風が冷たいため樹木はいっさい育たず,

このピートはアイラ島やスカイ島などのピートと違って,

すべてヘザーなどが堆積してできたものだという

(アイラ島はナナカマドや樺の木,

スカイ島はへーゼルナッツの木)。

ハイランドパークの独特なフレーバーは,

このピートがもたらすと信じられている。




麦芽の乾燥には18時間このピートを燃やし,

残りの20時間は中国産のコークスを使う。

できあがる麦芽のフェノール値は約40ppmだという。

ただし,自家製麦芽の比率は2割ほどで,

残りの8割は本土のシンプソンズ社のモルトを使用する。

かつては同じエドリントン系列のタムドゥーの麦芽を使っていたが,

2008年にシンプソンズ製に切り替えた。

シンプソンズの麦芽はノンピートなので,

最終的にハイランドパークが使用する麦芽は10ppmくらいになるという。





いや〜,びっくりでした。

ピートにもいろいろあるんだ!

ピートはヘザーが堆積したもの,と覚えていましたが,

ヘザーだけでなく,ナナカマドや樺の木,なんとへーゼルナッツも!

と驚きでするんるん

しかも,採掘する場所によって,その中身が違うんですね。

確かにピートといっても,

アイラとスカイ島のタリスカーでは,何か違うような感じがするし,

今回の5本にピートを感じても,

まさかアイラじゃないよね,と思ったというのは,

やっぱり何かの違いを感じた,ということなのでしょうか。




3層のピートは,浅い方がフォギー,深い方がモスです。

フォギーにはヘザーの根が大量に混じっています。

モスは,なんと,16,000年前のものだそう!

16,000年前と言えば,まだ狩猟採集民族の時代。

自然のいろいろなものに神が宿り,自然を崇拝していた時代(と私は思っています)。

人類がまだ平和に暮らしていたころの自然の恵みが,

私たちにこうした形でもたらされるなんて,改めて自然の偉大さを感じます。




The Whisky World vol.25.jpg
The Whisky World vol.25




この3種類のピート,The Whisky World vol.25に写真が載っています。

フォギーは,本当に根っこそのものって感じ。

モスは,かちかちの泥って感じ。

ちなみにvol.25は名古屋特集でしたるんるん

スタンド・バーも紹介されています。

私はマスターにサインしてもらっていますよ〜るんるんふふふるんるん




PEAT.jpg
The Whisky World vol.25より




話をハイランドパークのピートに戻しましょう。

フェノール値が10ppm,そんなに高くないですね。

やっぱりほのかに感じるピートなのでしょうか。

しかし,なぜタムドゥーからシンプソンズ製に変えたのでしょう?

同じエドリントングループのマッカランやグレンロセスは,

タムドゥーのものを使ってるのにね〜,

と,これ以上は考えないことにるんるん













PEAT2.jpg
PEAT














posted by standbar at 00:22| ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

3月27日コニサーズクラブ1



Highland Park@ 〜北国系フルーツ&ほんのりピート




珍しく,なかなかブログに着手できず・・・。

あっと言う間に,次のモルト会の1週間前です!




HIGHLAND PARK.jpg
1-SWMS 4.121 1986-2007 20年 51.0%
2-DUNCANTAYLOR 1987-2009 22年 51.4%
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%
4-CELEBRATION OF THE CASK 1988-2010 22年 54.6%
5-THE WHISKY AGENCY 1985-2010 25年 54.6%
山崎白秋氏コニサイズクラブレポート



今回の5本は,どれも香りがいいね〜るんるん

北国系フルーツのフレッシュな感じるんるん

ちょいとクリーム様な感じもあります。

それぞれ,確かに差はあるんですが,似てる〜〜〜〜。

とにかく似ているのですよ,今回は。

強烈な個性がなく似ているときって,ブログが書きにくい(笑)るんるん

なかなかブログに着手できなかったのは,そのせい?(笑)

いやいや,ただただサボっていただけです(笑)。




HIGHLAND PARK1.jpg
1-SWMS 4.121 1986-2007 20年 51.0%




今回の5本,アルコール度数も熟成年数も,とても似ていたのでした。

アルコール度数は50%〜55%,熟成年数は23年前後。

「別にも候補があったんだけど,

シェリーが強くて,なんか違うかな〜なんて思って,この5本にしたんだよな〜。

やっぱり似てるよね〜」とマスター。




HIGHLAND PARK2.jpg
2-DUNCANTAYLOR 1987-2009 22年 51.4%




きゃ〜ん揺れるハート素敵〜〜〜〜〜ハートたち(複数ハート)

って感じではないんだけど,

じんわりいい感じ〜〜〜〜るんるん,って感じで似ている。

心に染み入ってくるよ〜〜〜〜るんるん,って感じで似ている。

いつもの言葉で言うなら,いわゆる本妻タイプるんるん

派手でないから,長〜〜〜くつきあえる。

派手でないところに日々の幸せを感じる。

そんな感じで似ている。




HIGHLAND PARK3.jpg
3-SIGNATORY 1986-2010 23年 53.4%




派手な南国フルーツより,地味な北国フルーツがお好みのマスター,

「派手な女の子は飽きるからね〜」と,

いつも女の子に喩えますが,

経験論からの意味深な言葉に聞こえるのは,私だけ(笑)?

「地味な女の子がいいんだよ」

というマスターに洗脳されたのか(笑),

私も最近は北国派るんるん

やっぱり,南国系にはちょっと飽きてきたのかもるんるん

というわけで,なかなかよい感じの5本でするんるん




HIGHLAND PARK4.jpg
4-CELEBRATION OF THE CASK 1988-2010 22年 54.6%




で,不思議なことに,少し時間がたつと,ピートが出てくるるんるん

あれ?最初っからあったっけ?

って感じで,ちょっとびっくり!!

「今日の蒸留所,まさかアイラじゃないよね?」って聞くと,

「みんなも言っていたよ,まさかまたボウモアじゃないだろうねって(笑)」

っていうくらい,あれ?あれ?って感じなのでした。




HIGHLAND PARK5.jpg
5-THE WHISKY AGENCY 1985-2010 25年 54.6%




あとからピートが出てくる蒸留所ってどこよ?と考えるも,

答えが出てくるはずもなく(笑),

さっさと蒸留所名を聞くのでしたるんるん



ハイランドパーク。



ふ〜〜〜〜〜ん。

最近飲んだっけ,ハイランドパーク?

たとえ飲んでいたとしても,あまり印象に残っていない・・・。

かつ,ハイランドパークのオフィシャル飲んだのいつ?

モルトを飲み始めた2008年の終わり,

そのとき以来飲んでないんじゃない?

という恐ろしい事実にぶち当たってしまいました!

頭の中にあるハイランドパークの12年のイメージを思い出すに,

とにかくあっさりした感じ。

ラフロイグからモルトを覚えた私としては,

当時の好みではなかった感じで,強烈な印象がなかったのですね。




highland_park12years.jpg
Highland Park 12y




「ハイランドパークってこんな感じだっけ?」

と素直にマスターに質問するるんるん

「オフィシャルはシェリーたっぷりだから,イメージ違うと思うよ」と。

そう,頭の中にあるハイランドパークのイメージとは違いました。

それは,甘さの感覚の違いでした。

そして,ピートを感じた,というのも大きな違いでした。




しかし,頭の中の記憶は,もう2年以上も前!

飲んで確かめたい!

と,後日,仕事帰りに,ハイランドパーク12年を飲んできました。

はいはい,シェリーの感じが,私にはあっさりした感じに思えたのだな,

そうそう,この味るんるん

あっさり,というのは,ドライって言った方がよいのかな。

記憶の中の味は,そう大きく外れてはいませんでした。

そして,はたしてピートがあるのか?

びっくりです!

やっぱり時間がたつと,しっかりピートを感じました!




ハイランドパークって,ピートだったんだ!

ガビ〜ンです。

いやいや,今,横にいろいろ本を置いて書いていますが(笑),

どこにもしっかり書いてありますね。

ハイランドパークは,しっかりピートがあるとるんるん




マイケル・ジャクソン「モルトウイスキー・コンパニオン」によれば,

ハウススタイル:smoky and full-flavored とのこと。

不勉強を反省し,稿をかえ,お勉強タイムるんるんにします。













モルトウィスキー・コンパニオン.png
モルトウイスキー・コンパニオン












posted by standbar at 21:35| ハイランドパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。