2015年06月04日

3月22日コニサーズクラブ2



駒ヶ岳A

〜20歳そこそこの新樽は、濃厚るんるん濃厚るんるん





今回はどれも香りがよく、満足でした。

「悪くない」ってやつでなく、「いいるんるん」ってやつです。

その中で、No.1とNo.2は、ぬかや漬物、モルティな感じが若干しました。

No.3以降のものにはあまり感じられない香りです。

No.3以降のものは、とにかく香りが華やか。

特にNo.5。

アルコールの度数も高く、アルコールが鼻に突き刺さります。

No.4はNo.5ほど華やかではなく、ベースノートがしっかりしています。

No.3はベースノートからトップノートまで突き上げる香りが強い。

若干、パウダー調を感じさせる香りもありましたるんるん

No.3、No.4、No.5のあとNo.1、No.2を嗅ぐと、

若干物足りなさを感じますが、

こちらの方が嗅ぎ疲れず、心地よいバランスの良さが気に入りました。




「No.1とNo.2は3年熟成なんだよね」

「3年? 3年には思えない!




ilovewhisky.png
1-2011-2014 3年 58.0%
2-2011-2014 3年 57.0%




焼酎に近い香りを若干感じたから、

この5本の中では若いんだろうな、って感じはしました。

でも、まさか3年!

これ、前にイチローズモルトでも書きましたが、

http://blog.stand-bar.com/article/380890652.html

3年でこんなに熟成感が出るのは、何が要因なんでしょうか。

日本ならでは、なのでしょうか?




「3年だけど、値段が高いんだよね(笑)

3年で1万って、どうよ(笑)? 3番が3万、5番が6万…」

「最近、モルト、みんな高いよね。ウイスキー離れかも…(笑)。

それにしても、No.3、No.4、No.5は、濃厚だね。きつい!」

「濃厚かつ、アルコール度数高い。今回は、No.1でも58%だからね」

「R50ですな(笑)。しかし濃いよ、濃い!!」

「確かに濃いけど、みんなそこまで言ってなかったよ。

久しぶりにモルト飲むと、そんな風に感じるんじゃない?」

「…」




ilovewhisky.png
3-1989-2012 23年 57.9%
5-1990-2011 21年 64.7%




その後、樽の話に。

これは先ほどリンクしたマルスの回のときにも話していました。

No.3とNo.5はアメリカンホワイトオークなのに、400本以上取れているから、

新樽じゃないかって。




ilovewhisky.png
4-1985-2012 27年 60.7%




「度数が高くて、シェリーもしくは新樽のものって、

濃い感じがするんだよね。

20年そこそこだから、まだ味が丸くなってないんじゃないのかな」

No.3が22年、No.4が23年、No.5が21年です。




濃厚なモルトに出会ったら、

それは20歳そこそこのチェリーボーイだと覚えておこうるんるん

確かに濃そう(笑)。











ilovewhisky.png



















posted by standbar at 01:42| Comment(0) | マルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。