2014年01月15日

11月24日コニサーズクラブ4



「ラベルの絵はこんな風にして」




ラベルの絵はこんな風にして決めるのでしょうか…?




マリア様の絵を探しながら,ふと考えたことがありました。

ラベルの絵って,こんな風にして選ばれているのかな,って。




確かにモルトを飲むと,そこからイメージが膨らむのです。

今までもモルトを男性に喩えたり,女性に喩えたりしてきました。

私のイメージは,頭の中にはしっかりあるのですが,

残念ながらそれを絵に描く才能がなく,自分で絵を描くことはしませんでした。

しかし,今回こうして宗教画の中から選ぶと,

(前は土偶から選びましたねるんるん)

すっごく時間がかかるんですよ(笑)。

自分のイメージの絵にピタっとくるものがすぐには見つからず,

それに一番近いものを何度も何度も選び直していくのです。

何故,こんなアホなことを真剣にやっているのだろう,と思う自分と,

妥協を許したくない自分がいて(笑),

結局,後者の自分が勝つわけでするんるん




ここからは空想の世界です。

「股裂けカリラ」を例に挙げて考えてみましょう。

モリソン&マッカイ社が,新しいシリーズで4本出すことにしました。

カリラ,トマーチン,キャパドニック,アベラワーです。

この4本を味見して,

これを世界7不思議の画像で喩えてみなさい,というお題が出たとする。

イメージの世界ですから,どれを何に喩えるか,その根拠も自由ですが,

おそらく,お題を解いている方は真剣です。




Agencyのシリーズでも同じように考えられますね。

例えば,恐竜シリーズを作るとする。

そのシリーズで出したいカスクが決まる。

そして,味見をしながら,この風味がどの恐竜に喩えられるか考える。




もしかしてそんなふうにラベルを決めているなら,

私がモルトを土偶に喩えたり,宗教画に喩えたりするのと,

全く同じではなかろうかと。

私が喩えた土偶なりマリア像だって,

そのボトルのラベルになる可能性があるのではなかろうかと(笑)。




当の本人は無茶苦茶真剣なんですが,

別の人から見たら,

なんでモルトが恐竜になるんだ!と同じ感じで,

なんでモルトが土偶になるんだ!

マリア像になるんだ!

何考えているんだ!と,私以外の誰かがブログに書きそうですよね(笑)。

そう思うと,ラベルが派手だのなんだのって言えないよね,って,

思えてきたわけでするんるん




最近の目立つラベルと言えば,

東京のBar Caol Ilaさんの10周年記念ボトル。

もちろん,カリラちゃんるんるんですが,

ポッティチェッリの「プリマヴェーラ」が描かれています。

それこそ,カリラとプリマヴェーラにどんな関係があるんだ!

って言うこともできますが,

きっと何かの象徴としてこの絵を選ばれたのだろうな,と,

その深い意図を考えた方が楽しいな,と思えるようになりました。




ilovewhisky.png




カリラファンの私ですから,数回お邪魔したことがありますし,

店主の小林さんともいろいろお話しているので,

何かを感じるのかもしれませんがねるんるん




やはり,ラベルには,我々が想像できないような,

何か深い意味が込められているように思いまするんるん

少なくとも,そう思った方が,

モルトを飲んでいて楽しいですからるんるん











ilovewhisky.png
グレンモール蒸留所跡





















posted by standbar at 01:40| Comment(0) | グレンモール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。