2013年10月23日

筑波より重症者現る! 秘密のケンミンSHOW 〜筑波モルト編〜



9月のモルト会,筑波から来られた方がお二人おられました。

私と同様,ちょっと遅れてのモルト会となったので,

いろいろお話させていただきました。

おひとりは出張の際にいつもスタンド・バーに来られるそうで,

一度モルト会に参加したいとずっと思っておられたそうです。

今回はお仲間と一緒に,わざわざモルト会のために名古屋に来られたそうです。

モルト会,凄いぞ!!




最初は背筋を伸ばし,自分のボロを出さないようにと,

いい子ちゃんぶって飲んでいましたが,

少しずつ話しを聞くにしたがって,

かなり「重症」であることがわかってきました(笑)るんるん




「美味しいけれどアルコール度数の低いのと,

イマイチだけどアルコール度数の高いものと,どっちにします?」

とか,マスター聞いているんだもん。

Kさんと同類ってことです。

50%以下のものは「砂糖水」と言うタイプの人ですねるんるん




いや,ここまではいいんです。

モルト好きなら,アルコール度数に対する耐性はみんな同じようなものですから。

「重症」なのはその部分ではありません。

「飲むために買ったのに・・・」のところです(笑)。

どうもこれが筑波の常識らしいので,

それを存分に味わいましょう。

「秘密のケンミンSHOW 〜筑波モルト編〜」でするんるん





モルトを1本買ったとき,モルトは開けない。

同じモルトを2本買ったとき,どちらも開けない。

同じモルトを3本買ったとき,ちょっと迷う。

同じモルトを4本買ったとき,1本開ける。




ひえ〜〜〜!

モルト会のメンバーの上をいっています(笑)!




理由を聞いてみました。

「同じカスクからの瓶詰めでも、味が違うときがあるんだよね〜。

開けたときに、自分の印象の味と違っていたら嫌でしょ。

だから、保険かけておかなくっちゃ」




ほ〜〜〜〜〜〜〜〜!




名古屋人は「もったいない」とか「自慢したい」という心理,

つまり,飲むために買ったモルトは美味しい,という前提がありますが,

筑波人は,そこから違うわけですね!

「美味しいはず」という夢を壊さないために開けないのですね。

なるほど!




「しかしそれでは,本当にどんどん増えていきますよね。

最終的にどうするんです?」

「余命半年になったら飲む。

ほら,ホスピスに入ったらお酒もOKって言うじゃないですか」




ほ〜〜〜〜!

私,現在ホスピスでボランティアをしておりますので,

ホスピスのことはそれなりにわかっておりますが,

余命半年の状態で,そうそうモルトはがぶ飲みできませんよ。

ま,余命半年では,まだホスピスに入れてもらえないのが現状ですが・・・。




「飲みきれないなら,ウイスキー風呂に入るしかないな」

ほ〜〜〜〜〜〜!

これなら,お風呂に入りながらコロっと逝けそうですねるんるん




しかし,それでもなおかつモルトが残りそうではありませんか。

たとえ家族に残しても,モルト好きの人がいなければ,

モルトの価値がわからず,廃棄処分なんかにされたら,

それこそ,何のためにとっておいたのか,わからないのでは?




「そういうときは,モルト好きの後輩に譲るんだよ。

しかし,その後輩も,結局同じ理由でそのモルトを開けることはできないわけで,

天国から,自分が譲ったモルトを飲めない後輩を見るのが楽しみなんだよね。

ハハハ。これが筑波の常識!」





ほ〜〜〜〜〜〜〜〜!

天国に行ってからのことも決めているんですか!!!!

しかも,飲めないのを前提に後輩に譲るって,どうよ(笑)。

そうすると,結局あとの代になればなるほどモルトが多くなるけれど,

結局だれも飲めない,ということになるのではないのでしょうか!!!




筑波人はなかなか強烈です(笑)。

さ,名古屋人,この際カミングアウトをして,

モルトを開けようではありませんか(笑)るんるん











ilovewhisky.png





















posted by standbar at 00:39| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。