2013年05月29日

4月28日コニサーズクラブ3



マッカランの香りるんるん




さて、今月のクイズ、香りだけでモルトがわかるか、です。

選択肢は、マッカラン、ボウモア、グレンリベットです。

方向性はみんなバラバラですね。

シェリー系、スモーキー系、フルーツ系、とでも言いましょうか。

選択肢を見たら、絶対迷うはずがない、と思うはずなのに、

みなさん苦戦を強いられていました。

だって、苦行のあとのクイズですから(笑)。

もう、やってらんないよ、という感じです(笑)。




ilovewhisky.png




ところが、私は一瞬にしてわかりましたるんるん

これはマッカランでするんるん

理由は、マッカランの香りがしたから(笑)。

以前やったオフィシャル当てクイズでも、

私はマッカランがすぐにわかりましたるんるん

理由は同じ、マッカランの香りがしたからです。

http://blog.stand-bar.com/archives/20121219-1.html




マッカランの香りるんるん

これはいったい何でしょう。

シェリー系の香りであることは間違いありませんが、

マッカランだけ、異様にわかる・・・。

しかもあまり飲んでいないのに・・・。




もしかして、あまり飲んでいないからわかるのか?

例えば、私は納豆が苦手なので、納豆の臭いには敏感に反応します。

「納豆の臭い」のカテゴリーに入ると思われるものに対しては、

身の危険を感じ(笑)、絶対的な香りのセンサーが働いている感じです。

それに対し、好きなものというのは、どんどん許容量が広がり、

その差異を感じなくなってくる。

モモとレモンでは、全く香りは違うけれど、

自分の好きな香りの中に入っているから、ま、分けなくてもいいか、

という感じです。




これをマッカランに応用すると、

比較的いつも飲んでいるカリラちゃん♪や、バーボンホグスヘッド系の香りは、

自分に馴染みがあるので、安心していられる香り、身に危険のない香りでするんるん

でも、あまり自分が馴染んでいないマッカランの香りは、

もしかしたら危険かも!信号が発令され、敏感になる。

いかがでしょう(笑)。




そもそも嗅覚は、動物の方が発達しています。

自分に危険なものかどうかを判断するため、発達しているのです。

ですから、敏感にわかる香りというのは、身に危険をもたらし、不快にさせるもの、

ということかもしれません。




例えば、香水。

つけている本人は、その香りが気に入っていて、平気なのでしょうが、

香水の苦手な人にしてみれば、香水の香りはたまったものではありません。




私にとって、マッカランは天敵なのか(笑)。

ま、今回、苦行でしたから(笑)るんるん












ilovewhisky.png



















posted by standbar at 18:51| Comment(0) | マッカラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。