2010年09月01日

香りの成分




アロマセラピストとして,いや,個人的に(笑),

ウイスキーの香りの成分を直接知りたい!という願望があります。

またまた「ウイスキーの科学」(講談社ブルーバックス)より引用させてもらうと,

「西村驥一博士らは,100を超えるウイスキー成分を分離・精製して,

そしてその構造を決定された。

・・・しかし,ウイスキーには数千の成分が含まれているというから,

それでもわずか一部にすぎない」



ウイスキーの科学.bmp
「ウイスキーの科学」(講談社ブルーバックス)



ウイスキーの成分って,こんなにたくさんあるんだ〜〜!

精油の成分もおそらく500くらいはあると思いますが,

それぞれの植物に含まれる成分は,だいたい100くらいと言われています。

バラは多く,300くらいと言われていますが,ウイスキーにはかないませんね〜。




精油は,ガスクロマトグラフィーという機械で,

中に含まれている成分がすべて調べられるようになっています。

そして,それが,分析表という形で,購買者にもわかるようになっています。

もちろん,すべてのメーカーの精油についているわけではないのですが,

メディカル使用を目的としている精油会社の製品には必ずついていますし,

今はむしろ,その分析表の信憑性が問われる時代にもなってきています。




私がいつも使っているプラナロム社の精油は,

成分の分析がとてもしっかりしていることで有名です。

精油の成分とその薬理をかなり勉強してきたので,

ウイスキーの香りに悩殺されたときも,

まず最初に思ったのは,ウイスキーの香りの成分が知りたい!ということでした。



pranarom-cosmetique.jpg
プラナロム



ウイスキーには,分析表のようなものはなさそうだとわかり,

ちょっとがっかり・・・。

本にあった西村驥一博士らの研究も,

その結果は専門の学術雑誌に発表されたもので,

私たちが簡単に本で読めるようなものではなさそうです。




実際に分析表があれば,

それこそ,マンゴーの香りが本当に入っているのか,

マンゴー様の香りなのか,

もしマンゴー様の香りなら,それがどんな分子なのか,

そして,それがどれくらい入っていたら人間が感知できるのか・・・,

なんだかすっごいことがわかりそうなんですが,

まだまだそこまで研究は進んでいないということなんでしょうね〜〜。



分析表.bmp
成分分析表(画像をクリックすると大きくなります)



ここにバラの分析表がありますが,

含有量の合計が100%になっていません。

これは,100%まで調べきれていないからではなく,

100%まで書くと,紙が何枚も何枚も必要になってきて,

たいへんだからです。

ここに書ききれていないものは,含有量としては,0.1%以下のものも多く,

それをすべて書くと本当にすごい資料になってしまうのです。

メーカーにはデータは残っているのですが,私たちの手元には,

主なものだけがわかる手軽な分析表が入っているわけです。




なので,これのウイスキー版が,やっぱり見てみたいんですよ〜〜〜るんるん





2010summer.JPG










posted by standbar at 03:34| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。