2015年06月25日

4月26日コニサーズクラブ



Bunnahabhain  




ようやく本題です。

でも、本題はあっさりです(笑)。




今日の5本は、ピートあり、黄金糖のような甘いものもあり、

バラエティに富んでいました。

しっかりピートが効いているものと、

全くピートを感じないものが同居するということは、

普通のアイラではありません。

普通のアイラでないということは、

マイナーなアイラということです(笑)。

と、理詰めで考えれば、

今回のお題がブナちゃん♪だとわかったかもしれません。




昔はピートを使ってなかったけれど、

今はピーティーなブナちゃんるんるんも見かけますねるんるん




ilovewhisky.png
3-SIGNATORY 1997-2013 15年 51.3%




一番好きだったのがNo.3。

ピートがほどほどで、飽きがこないるんるん

あ、「飽きがこない」って言っちゃった!(笑)。

今の思考過程からすると、「飽きない」というのは、

標準値から大きくずれていない、ということになりますね。

偏差値でいうと、40〜60の間に収まっているということでしょうか。

度が過ぎないことるんるん




ilovewhisky.png
4-BBR 1997-2010 13年 55.3%




これと対照的だったのはNo.4。

焦げた感じ、燻製感が激しい(笑)。

派手でくどい感じ。




実はこの2本が今回の若手トップ2。

No.4はやんちゃ坊主な感じなので、

確かに若いだろうな、と思いましたが、

心地よいNo.3が15歳とはビックリでしたるんるん

ロリータ星人ことKさんも、

今回はこの2本が最年少だとはわからなかったそうです。

No.3、あなたは優秀でするんるん 素晴らしいるんるん




ilovewhisky.png
1-KINTRA 1989-2013 23年 46.1%




No.1はピートを感じない、上品な甘味が主体のモルトです。

これをぐっと派手にしたのがNo.5。




ilovewhisky.png
2-MALTMAN 1990-2012 21年 57.0%




No.2は喉をえぐられるような感じ。

モルティ、マジパンの感じ。

うっわ〜きついなあ(笑)。

シェリー樽と書いてあるけれど、シェリーを感じない。

なんと個性豊かなんでしょう(笑)。

個性過ぎる、これ、飽きるかも(笑)。




S重鎮、楽しい時間をありがとうございましたるんるん










ilovewhisky.png
1-KINTRA 1989-2013 23年 46.1%
2-MALTMAN 1990-2012 21年 57.0%
3-SIGNATORY 1997-2013 15年 51.3%
4-BBR 1997-2010 13年 55.3%
5-A.D.RATTRAY 1990-2014 23年 56.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート


















posted by standbar at 19:53| Comment(0) | ブナハーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

「電波少年的懸賞生活」ならぬ、「モルト会的カリラ12年生活」は可能か?



さて、中国帰りのS重鎮、パワー全開で、

中国の美味しい麻婆豆腐のことや、茶器の骨董品のことを

たくさん、たくさん話して下さいましたるんるん

今日はS重鎮の独演会です。

モルト会ではありません(笑)。




独演会のテーマとなったのは、「飽きる」ということ。

毎日ごはんを飽きずに食べられるのか?

飽きずに食べられる食べ物は何なのか?

飽きる天ぷらと飽きない天ぷらの違いは何か?

そこから発展。

仕事に飽きたら、それはもうプロではない。

さすが、重鎮の言葉は重いですねるんるん




で、モルトに関連するところをピックアップします(笑)。

毎日飲んで飽きないモルトって何だろう。

30年オーバーの超美味しいロングモーンとカリラ12年、

どっちが毎日飲んで飽きないだろうか。

美味しいから飽きないのか、美味しいとかえって飽きるのか。

可もなく不可もなく、ほどほどなものが飽きないのか。

意見の分かれる所です。




私は何でも飽きずに食べたり飲んだりできる方だと思っていますが、

豪華なものって、続かないかな、っていうのが今の感じるんるん

もしかしたらお金さえ続けば、

豪華なものを飽きずに食べられるのかもしれません。

でも、素朴なものは安心感があって心地よいるんるん

そんなことを感じる年齢になってきたのかな(笑)。

梅干しのおにぎりとお味噌汁、これは毎日続けられます。

たまごかけごはん、これもいいね〜るんるん

(そのごはんと梅干とたまごがどんなものなのか、ってのが重要なんだよ!

と、重鎮に突っ込まれそうです)

今はまっている野菜だって、

自然そのものだから、着飾ってないから、飽きないるんるん




というわけで、私は超美味しいロングモーンではなく、

カリラ12年を選びます。




「じゃ、カリラ12年しか飲めない生活、

何日続けられるか、やってみない?」と、マスター。

「え〜、でも、ほら、日本酒が飲みたくなったり、

喉がカラカラでビールを一気飲みする日もあるじゃん…」




昔、電波少年の番組で、

「人は懸賞だけで生きていけるのか?」ってのをやっていましたが、

「人はカリラ12年だけ飲み続けて生きることができるのか?」

を私が挑戦してみるってことですか????




カリラ12年は飽きないけれど、

他のモルトもアルコールも飲みたいから、始められない…。

が、それでは女が廃る(笑)。

「いつやるか?」

「今でしょ!」

いやいや、もうちょっと後で(笑)るんるん













ilovewhisky.png


















posted by standbar at 00:33| Comment(2) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

R18指定のマーマレード♪



4月のモルト会をしに、5月の連休にスタンドバーにうかがうと、

なんとS重鎮がいらっしゃる!

S重鎮もシングルモルト会にいらした模様。

こんなにタイミングが合うのって珍しいるんるん




実は4月のモルト会にS重鎮が来られず、みなさん心配されていたそう。

まさか中国で…、

まさか自宅で…、

色々な憶測が飛び交っていたようです。

実際は中国で美味しいもの三昧されていたようでるんるん




S重鎮と言えば、自家製マーマレードるんるん

このブログでも何度もご紹介しています。

http://blog.stand-bar.com/article/282398738.html

今年はなんと、R18指定のマーマレードができたとか!




「今年はオレンジを煮詰めていたら、焦げちゃってね。

失敗!って思ったんだけど、

毒を以て毒を制す。

この際、アイラ系のモルトを入れてみようと。

絶対合わないだろうな、と思ったのに、

凄いのができちゃった。

深みが出るのよね〜。

こんなマーマレード、子どもには食べさせられないし、

この美味しさがわからない。

だからR18指定のマーマレードなんだよ。

新しい試みって、失敗から生まれるんだよね。

モルトだって、

それを隠すために、偶然空き樽に入れたのがきっかけだったからね」




S重鎮、今日も絶好調でするんるん


















posted by standbar at 21:20| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

3月22日コニサーズクラブ2



駒ヶ岳A

〜20歳そこそこの新樽は、濃厚るんるん濃厚るんるん





今回はどれも香りがよく、満足でした。

「悪くない」ってやつでなく、「いいるんるん」ってやつです。

その中で、No.1とNo.2は、ぬかや漬物、モルティな感じが若干しました。

No.3以降のものにはあまり感じられない香りです。

No.3以降のものは、とにかく香りが華やか。

特にNo.5。

アルコールの度数も高く、アルコールが鼻に突き刺さります。

No.4はNo.5ほど華やかではなく、ベースノートがしっかりしています。

No.3はベースノートからトップノートまで突き上げる香りが強い。

若干、パウダー調を感じさせる香りもありましたるんるん

No.3、No.4、No.5のあとNo.1、No.2を嗅ぐと、

若干物足りなさを感じますが、

こちらの方が嗅ぎ疲れず、心地よいバランスの良さが気に入りました。




「No.1とNo.2は3年熟成なんだよね」

「3年? 3年には思えない!




ilovewhisky.png
1-2011-2014 3年 58.0%
2-2011-2014 3年 57.0%




焼酎に近い香りを若干感じたから、

この5本の中では若いんだろうな、って感じはしました。

でも、まさか3年!

これ、前にイチローズモルトでも書きましたが、

http://blog.stand-bar.com/article/380890652.html

3年でこんなに熟成感が出るのは、何が要因なんでしょうか。

日本ならでは、なのでしょうか?




「3年だけど、値段が高いんだよね(笑)

3年で1万って、どうよ(笑)? 3番が3万、5番が6万…」

「最近、モルト、みんな高いよね。ウイスキー離れかも…(笑)。

それにしても、No.3、No.4、No.5は、濃厚だね。きつい!」

「濃厚かつ、アルコール度数高い。今回は、No.1でも58%だからね」

「R50ですな(笑)。しかし濃いよ、濃い!!」

「確かに濃いけど、みんなそこまで言ってなかったよ。

久しぶりにモルト飲むと、そんな風に感じるんじゃない?」

「…」




ilovewhisky.png
3-1989-2012 23年 57.9%
5-1990-2011 21年 64.7%




その後、樽の話に。

これは先ほどリンクしたマルスの回のときにも話していました。

No.3とNo.5はアメリカンホワイトオークなのに、400本以上取れているから、

新樽じゃないかって。




ilovewhisky.png
4-1985-2012 27年 60.7%




「度数が高くて、シェリーもしくは新樽のものって、

濃い感じがするんだよね。

20年そこそこだから、まだ味が丸くなってないんじゃないのかな」

No.3が22年、No.4が23年、No.5が21年です。




濃厚なモルトに出会ったら、

それは20歳そこそこのチェリーボーイだと覚えておこうるんるん

確かに濃そう(笑)。











ilovewhisky.png



















posted by standbar at 01:42| Comment(0) | マルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

3月22日コニサーズクラブ1



駒ヶ岳@

〜ジャパニーズウイスキーの定義をご存知ですか?〜





随分脇道にそれてしまいましたが、

香りを模倣する話、実は3月のモルト会に繋がっていたのです。




「私の調香の先生、香料で竹鶴の香りを再現していたよるんるん

「それって、飲めるの?」

「香水用の香料だから、そりゃ無理でしょ。

(注:食品衛生法に基づく「食品添加物公定書」により、

食品用に使用される合成香料78品目の個別物質・

18の類が定められており、

このほかの香料の使用は禁じられているそうです)


なんでそんなこと聞くの?」

「もう持ってきていい?」

「もちろんるんるん




今回並んだのは、駒ヶ岳の5本でした。

駒ヶ岳といえば、こんなブログ書きましたねるんるん

http://blog.stand-bar.com/article/158500016.html




「ikuちゃん、ジャパニーズウイスキーの定義知ってる?」

「あ、試験のとき、覚えたっけ? それすら忘れた(笑)




(注:家にかえってテキストを見ると、勉強したあとがありました…)




ilovewhisky.png




テキストにも書いてありますが、

日本のウイスキーの定義って、酒税法の中にあるんですね。




イ 発芽させた穀類及び水を原料として糖化させて、

発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの

(当該アルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が

九十五度未満のものに限る。)

ロ 発芽させた穀類及び水によって穀類を糖化させて、

発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの

(当該アルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が

九十五度未満のものに限る。)

ハ イまたはロに掲げる酒類にアルコール、スピリッツ、

香味料、色素または水を加えたもの

(イ又はロに掲げる酒類のアルコール分の総量が

アルコール、スピリッツ又は香味料を加えた後の

酒類のアルコール分の総量の百分の十以上のものに限る。)





「ウイスキーコニサー資格認定試験教本」にもしっかり書いてありますが、

ポイントは、

@原料は大麦麦芽でなくてもいいんだよるんるん

A90%はアルコール、スピリッツ、香味料、色素を加えてもいいんだよるんるん

B蒸留器、樽、熟成年数、瓶詰最低アルコール度数、

生産場所、何でもいいんだよるんるん




うっわ〜、そうそう、

スコッチウイスキーとは天と地ほど違うんでした!

日本のウイスキーは、すでにカクテルのようなものと言えます。

香料、色素等の添加、それがなんと90%も認められているのです。

香りを模倣したものがアルコール飲料として可であれば、

それをウイスキーとすることだって夢ではないのです。




しかし、それにしても、

香味料や色素の添加はちょっとショックでした(笑)。

ウイスキーはnaturalな印象が強かったし、

私はnatural派なので、

ウイスキーがartificialなものでありうるのがショック(笑)。




香りも、天然のものは、同じ植物でもロットによって香りが違う。

植物の生育条件が異なれば、中の成分が異なるのは当たり前のことです。

同じ品種のトマトでも、個体差があるのが当然なのと一緒です。

天然のものの凸凹を修正するのに人工的な香料が一役買う。

そうすると一定の香りになってくる。




日本のウイスキーもそんな感覚なのかもしれませんね。

天然のものの凸凹を修正するのに、添加物を少し使う。

日本人はそういうの、得意そうだしね〜るんるん

もしくは、人工的なものの割合を多くしておけば、

同じものを大量生産するのが楽ですね。

大衆的なウイスキーはそうやって作っているのかな。




「ジャパニーズウイスキー」の本の中に、

輿水さんと脳科学者の茂木さんの対談があります。

輿水 でき得る限り、人の手をかけ、技術と智恵を積み上げていく。

   そこにジャパニーズウイスキーづくりの特徴を見ることができるでしょう。

茂木 一方、スコットランドのウイスキーづくりの現場は、

   よくも悪くも自然体、風土の底力に負うところが大きい、

   という印象を受けました。


まさにそうなんでしょうね。

そういう意味では、私は明らかにスコッチウイスキー派ですね。




目の前の「駒ヶ岳」に目を移しまするんるん (続く)











ilovewhisky.png
1-2011-2014 3年 58.0%
2-2011-2014 3年 57.0%
3-1989-2012 23年 57.9%
4-1985-2012 27年 60.7%
5-1990-2011 21年 64.7%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート























posted by standbar at 19:34| Comment(0) | マルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

試作品の出来栄えは如何に?



「マスター、香料でカリラちゃん作ってみたよるんるん

「えっ! 本当に作ったんだ! どれどれ」

「私たちはムエットで香りを嗅ぐから、まずはムエットでかいでみて」

と、私の試作品の瓶の中にムエットの先を浸します。

「カリラちゃんをちょっとグラスに入れて、ムエットの先を付けてみて」




さて、世紀の瞬間です。

マスターの第一声は何でしょう。

「あ、似てるね」




うわ〜〜〜〜〜、嬉しい黒ハート黒ハート

お褒めの言葉をもらえるのは本当に嬉しいでするんるん

本物のカリラと何度も何度も比べながら香りを調整しましたが、

香水を作るように作るので、

飲み物としての感覚に乏しく、

前に書いたように、ドライ感がなく、

残り香が本物と違うのが自分では気になっていたので、

「全然違うじゃん!」と言われるのではないかと、

心配していたのでした。




調香の先生が言ってくださった「さっきよりかなりいいわね」も

嘘ではなかったのですね(笑)。

もちろん、先生を疑っているわけではありません。

これで数年調香の勉強をしていますが、予習復習をしているわけでもなく、

身についている感覚もないので、とにかく自信がないのです(笑)。

なので、マスターの一言は、本当に本当に嬉しい一言でしたるんるんるんるん




「瓶から直接嗅ぐと、また雰囲気が違うんだよ」

と、今度は瓶から嗅いでもらいました。

モルトを飲むときは、グラスから香りを嗅ぐわけですから、

こちらの方がより現実的な感じです。




「試作品の方が、ピートが重厚でいいねるんるん

本物が安っぽいウイスキーに思える」




お! 模倣品が本物を超えました(笑)!!

ピートの香料なんてないのに、ピートを感じてもらえたのは、

動物香料の勝利でするんるん

恐るべし、動物香料!




ilovewhisky.png




「自家製正露丸リキュールも持ってきたよるんるん

リベットに2滴加えてみました。

うわ〜〜、正露丸(笑)。

青りんごの香りが一瞬で消えました。

香料の模倣は飲めませんが、こちらは飲めます。

試飲しました。

正露丸です(笑)。

まず、正露丸リキュールを希釈するところから始めなければなりませんね。

ベースのモルトも、リベットでない方がいいのかも。

「これ、うまくできたら、胃薬入りのモルトってわけだから、

健康にもいいよね(笑)




ilovewhisky.png




動物香料VS正露丸、これからも実験は続きます。

モルトの神秘を探るためにるんるん




追伸:私の試作品は、まだスタンドバーで嗅ぐことができません。

もう1、2度トライして、納得のいくものができたら、

スタンドバーに置くことにします。

正露丸リキュールはスタンドバーに置いてあるので、

ご自由に実験にお使い下さいるんるん


























posted by standbar at 19:26| Comment(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

動物香料と正露丸をつなぐもの 〜クレオソール〜



香料でカリラ12年を作るぞ!

なんてことに挑戦したおかげで、

香りの原点に戻ってきた感じです。

アロマノージングキットを久しぶりに開けて、

新鮮な気持ちで香りを嗅げましたるんるん

このキットの謳い文句のひとつに、

「スモーキーとピーティーの違いを解決する」というのがありましたが、

今の私はこの香りをどんな風に感じるのでしょうか。




スモーキー → 正露丸です。

ピーティー → カリラの模倣で使った

動物香料のカストリウムに近いです。

結構甘い感じなのが不思議。

バニラ、クリームの感じがします。




普通、ピーティーな香りというのは、

ピート(泥炭)で燻す、つまりスモークするときの香りなので、

本来、スモーキーというのとピーティーというのは同じはずだと思うですが、

このキットのピーティーというのは、

元々のピートの香りを言っているのでしょうか。




マスターと正露丸の話をしていたら、

隣のお客さんが、

「正露丸の主成分の木クレオソートって、木の成分ですよ」

と教えてくれました。

ブナなどを木炭にするときに出る燻製のような香りだそうです。




そして、ネットでカストリウムを調べていたら、

カストリウムの香りの成分に、

木クレオソートに含まれる

クレオソールという成分を含んでいることを発見しました。




動物香料と正露丸をつなぐキーワードは、クレオソール。

ピートを燻すときにも、これと似た香りが出てくるんでしょうねるんるん




実は私は正露丸を飲んだことがありません。

富山で育ちましたから、もっぱら富山の売薬を飲んでいました。

その中に、「熊の胆(くまのい)

と呼んでいたものがあり、

正露丸を始めて嗅いだとき、熊の胆だ!と思いました。

熊の胆にクレオソールが含まれているのか知りませんが、

動物と正露丸、そしてピートは、どこかでつながりがあるように思います。




くーま.jpg




そして、結局、ピーティーとスモーキーは同じでいいじゃん!

という結論に到達したのですが、いけませんかね?











せい.gif























posted by standbar at 19:03| Comment(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする