2015年04月21日

「アノスミア」 〜嗅覚を失ってからそれを取り戻すまでの物語〜



1年前から紹介したいと思っていた本があります。

読破してからにしようと思っていたら、途中でストップしてしまい、

それっきりになっていましたが、

せっかくなので紹介したいと思います。

本を全部読まないと人に紹介してはいけない、

という理由はありませんからるんるん




「アノスミア」

あまり聞きなれない言葉ですが、

anosmia 嗅覚消失症、無嗅覚症のことです。

文字通り、香りを感じなくなる症状です。

この本は、著者がアノスミアになり、

それを取り戻すまでの実話です。




アノスミア.png




モルトを飲むようになってぶち当たった壁が、

香りをどう表現していいかわからない。

ま、味もそうなんですが、

テイスティング用語がピンと来ないということ。

自分で感じる分にはどう表現してもいいけれど、

これを人に伝えるときには、何か「共通語」がいるのではないかと、

それを学ぶのにこうしてモルト会に参加したり、

調香を学んだり、しているわけです。




で、この本をこのブログで紹介したいな、と思ったのは、次の一節。




ほかの感覚とちがって、においは言語を寄せつけない。

においを表現する言葉はいずれも

厳密にはほかのものを表す言葉、

ほかの感覚で知覚されるものばかりだ。

においとは比喩で表現される感覚であり、つねに、

もっと具体的でわかりやすい他の感覚との比較で語るしかない。

使われるのは味覚の用語が多い(芳醇な、みずみずしい、酸っぱい、甘い)が、

視覚(鮮やかな、濁った、緑色の)、

触覚(温かい、やわらかい、涼しげな)の用語もあれば、

音や音楽を思わせるもの(のびやかな、メロディアスな、深みのある)もある。




これを読んで、ほっとしました(笑)。

そうそう、嗅覚特有の形容詞はないんだよ(笑)!

そして、感覚というのはとても個人的なものだと。

例えば「みずみずしい」という言葉で表現される感覚も、

自分が「みずみずしい」と感じた体験を思い出しているのであり、

個人の体験が違えば、

「みずみずしい」という言葉で表現される感覚も

個人差があるんだよね、と。

だから、テイスティングは、個人的なものであっていいんだと。




一番最初にモルトを飲んだ頃、

テイスティングなんて知らなかったので、

モルトの覚えるのに、

クラガンモア→頭のてっぺん(百会)が開く

オーバン→立板に水

みたいな、誰にも共有されない覚え方をしていましたが、

その頃の感覚でいいのかなるんるん




そうそう、そして、味覚は嗅覚があって成立します。

嗅覚を失うと、味がわからなくなる。

美味しい♪とモルトを飲めるのは、

嗅覚があるおかげでするんるん

香りを表現できなくても、香りがわかる、ということは

とても素晴らしいことなのです。

嗅覚に感謝るんるん ありがとう〜〜〜〜るんるん



















posted by standbar at 18:59| Comment(2) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

しばらく冬眠していました♪ 〜野菜との出会い♪〜



しばらくブログをお休みしていました。

前の投稿が12月30日でしたので、

今頃「あけましておめでとうございます」です。

何もお伝えせずにお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。

「またブログ書いてくださいねるんるん 待っていまするんるん




という声がいろいろ聞こえてくるようになり、

改めて、みなさんに支えていただいていたことを実感し、

みなさんに心から感謝するとともに、お詫び申し上げます。




身体を悪くしていたわけではありません。

むしろ、とても元気でするんるん

毎日鳥のように、自由に生きています。




ka.jpg




お休みしたのは、最近、ちゃんとモルトを飲んでないから、です。

元々飲兵衛ですから何かしらアルコールは摂取していますが、

昔のように、カリラちゃん〜るんるんって感じじゃなくなってしまいました。




引越しをしたことで、私の人生ががらっと変わってしまいました。




引越しは、マスターが私の背中をポンと叩いてくれて実現しました。

もしあのとき、スタンドバーで引越しの話題が出ていなかったら、

私は今も躊躇しながら昔のマンションに住んでいたかもしれません。

「たとえ長生きしたとしても、

元気でいられるのはお互いあと10年なんだからさ。

今のうちに好きなことをしようよるんるん

マスターのこの言葉がきっかけでした。




あれよあれよと言う間にiku’s BARの構想が持ち上がりました(笑)。

そうそう、iku’s BARはこちらから覗けまするんるん

http://nakajitsu-re.com/result_voice/result_voice2/

独創的なリフォームになったので、

リフォーム屋さんのパンフレットにも使っていただきました。




住む家が変わると、「気」の流れが変わる。

「気」の流れが変わると、付き合う人が変わる。

付き合う人が変わると、自分の習慣が変わる。

自分の習慣が変わると、飲むお酒が変わる(笑)。




一番変わった習慣が、野菜中心の生活になったことです。

11月末に、我が家のすぐ近くに八百屋さんができちゃいました。

http://store.myfarmer.jp/guide.html#nagoya

ここの野菜、びっくりするくらい美味しいるんるん

毎日無農薬の野菜をガッツリ食べる生活になりました。

朝はお皿いっぱいの生野菜、

ドレッシングもマヨネーズもつけずにほおばります。

夜は野菜そのものの味を楽しむため、余計な調味料を入れない煮物。

お野菜をさっと湯がいてそのままいただく。

もともと野菜は大好きでしたが、かなりマニアックな方向に走っています(笑)。




で、もっと野菜のことを勉強したくなって、

八百屋さんの会社がやっている農業学校

「アグリイノベーション大学校」に行くことにしちゃった(笑)。

https://agri-innovation.jp/

3月開校予定が8月に延期になり、ちょっと肩すかしをくらった感じですが、

とにかく楽しみでするんるん




元々モルトも未知なる分野でした。

そこに飛び込んで幸せになりましたるんるん

農業はもっと未知なる分野ですが、

地に足をつけ、額に汗かいて、

自然の中で身体を動かしてみたくなりましたるんるん

自然と自分が一体となって、

自分が自然の一部であることを実感したくなりましたるんるん 




野菜本来の味にマリアージュするモルトがよくわかんない(笑)。

私は料理を食べているというより、本当に野菜を食べている感じなので、

味が野菜そのものなんです(笑)。

南国フルーツ様のモルトはもちろんのこと、

北国フルーツのモルトであっても、やっぱりモルトが勝ってしまう。

ソーダ割りくらいにしたらいいのかも、と思うも、

R50の一歩手前の私としては、ソーダ割りはなあ、って思い(笑)、

それなら、普通に日本酒か、と(笑)。

これが、習慣が変われば飲むお酒が変わる、ということでして…。




どなたか、野菜そのものの味にマリアージュするモルトと

その飲み方を紹介していただけませんか?

そうすれば、私はまたモルトの世界に復活できるかもるんるん


















posted by standbar at 18:50| Comment(2) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。