2014年07月28日

the BAR of Iku, by Iku, for Iku♪



いろいろお騒がせいたしましたが、ようやく引っ越しが終わりました。

Iku’s BAR構想は机上の空論となりましたが、

「IkuちゃんのIkuちゃんによるIkuちゃんのためのBARるんるん」は完成しました。

私一人のためのBARでするんるん

225cm×80cmのカウンターを置きました。

カウンターにボトルを置くと、ちょうといい感じの幅になります。

そして約200cmのソファーを入れましたるんるん

地下鉄だと5人座れる感じです。

それを独り占めします(笑)。

ボトルは常時10本くらい並べておこうかな。

私はコレクターではなく、ドリンカーですので、たくさんは並べません。

1本空いたら新しい1本を補充する感じです。

そのかわり私のお気に入りの厳選10本が並ぶ感じがいいです。

理想としてはカリラちゃんるんるんで5種類あるといいかな。

ちなみに、R50指定はありません(笑)。




こんな空間でよろしければ、遊びにいらしてください。

通常、夜10時くらいまで現場の仕事が入っていることが多いので、

来ていただけるのは、夜中の2時以降になります(笑)。

日頃のうっぷんがたまっている方は、

私がチーママとなって話をお聞きまするんるん




今月のお勧めは、このカリラちゃんるんるんです。

ソサエティ風にタイトルをつけると「野戦病院にいるマザー・テレサ」。

自分の引っ越し祝いとしてゲットしましたるんるん




ilovewhisky.png




R50指定のモルトはありませんが、

いつでもスピリタス割りができるよう、ご用意してあります(笑)。










ilovewhisky.png



















posted by standbar at 18:53| Comment(3) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

6月29日コニサーズクラブ2



モルト会二次会♪ 〜ライフシリーズのロングモーンを飲みながら〜




さて、今回はどういう風の吹き回しでしょう…。

M先生を囲んで、モルト会二次会です。

なんとM先生が、

先生ご自身のライフシリーズのロングモーンを振舞って下さいましたるんるん

「さ、みんな、飲んで飲んで〜」

M先生、さすが太っ腹〜〜〜〜るんるん

K夫妻、マスター、そして私、ロングモーンをいただきました。

本当にありがとうございます。

きゃ〜ん!ロングモーンだよ〜〜〜〜るんるん




ilovewhisky.png




「え、M先生、

どうしてライフシリーズのロングモーン、開けちゃったの?

M先生がモルト会にライフシリーズのロングモーンを出してくれるから、

僕は開けなくていいと思っていたのに、

そんなのずるいよ〜!!」

「美味しいお酒は、いい女と飲みたいじゃん」

「ちょっと待って!

美味しいお酒は、味のわかる人と飲まないと、もったいないでしょ!」




もちろんM先生と話している相手は、何度?星人のKさん。




美味しいモルト、だれと飲みますか?

素敵な異性なのか、モルトマニアなのか…。

せっかく美味しいモルトなんだから、素敵な異性と飲みたいけれど、

素敵な異性というのは、実は異性の方がお目当てで(笑)、

モルトは肴になる可能性がある。

それじゃ、モルトに失礼ね…。

だったらモルトマニアと飲む方がいいのか?

モルトマニアと飲むと、競ってテイスティングをし始め、

それぞれが自分の知っているうんちくを述べ始め、面倒(笑)。

せっかく思考をストップさせて感覚で飲みたいのに、

なんだかんだと言って、思考が働いてしまう。

というわけで、私は絶対一人派(笑)。

しかし、今回はM先生に1票投じようかな。

だって、多くのモルト好きは、Kさんに1票投じるだろうから。




お酒の原点は、エクスタシーだと思うのでするんるん

「気持ちいいるんるん」その一言だと私は思うのです。

いいじゃん、それで(笑)。

エクスタシーは、神と合一するような霊的なものもあるけれど、

一般的には、セックスして「感じる〜るんるん」でしょ?

お酒も、犯罪だけど薬も、結局、「感じる〜るんるん」だと思うんです。

モルトのような芳しく味わい深いアルコールって、

最も「感じる〜るんるん」類のお酒だと思うんです。

だから、それを素敵な異性と飲むって、一番自然なことじゃないかって、

正統派のモルトファンからしたら異端かもしれませんが、

そういう飲み方を否定したくないな、私は。

だから、M先生、素敵〜〜〜るんるん

私もM先生みたいな人と一緒に飲みたいるんるん

さりげなく、私の生まれた年蒸留のカリラちゃんるんるんを封切してくれたら、

一発で堕ちますよ(笑)。

というか、堕とされたい(笑)るんるん




そして、Kさんの煩悩の塊が、今回もクローズアップされるのでした(笑)。









ilovewhisky.png
素敵なM先生黒ハート






















posted by standbar at 00:07| Comment(0) | タムデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

6月29日コニサーズクラブ1



Tamdhu 〜だって俺、ロリコンなんだもん〜




モルト会とロリコン…、

Tamdhuとロリコン…、

普通に考えたら繋がらない言葉ですが、

名古屋の何度?星人こと、Kさんは、

モルト会の「ロリコン」として有名でするんるん

素敵なY夫人がいるというのに、若い女に手を出しているというのではなく、

とにかく若いモルトがお好きなんです。

これは、脱帽するくらいに一貫した嗜好で、

我々一般会員は、Kさんに只々感動するのです。




今回のクイズは「今回の5本の中で一番若いのはどれ?」でした。

正解したのはKさんだけ。

さすがです。

「だって、オレ、ロリコンだもん」

自分で言うのですから、本物でするんるん

「これは、フワっときて、フワっとくる。2段構えなんだよ。

エステル香がいいね〜」とのこと。

フワっと、フワっと、2段構え、

いったい何度聞いたでしょうか(笑)。

http://blog.stand-bar.com/article/360100322.html




それにしても、Tamdhu、よく5本集まりましたね!

今まで飲んだこと、あったでしょうか…。

全体としてかなりドライな印象でした。

ドライと言えば、カリラちゃんるんるん

しかし、カリラちゃん♪のようにシャープな後味ではなく、

ねっとりとした重さがあります。

草のような苦さ、

いや、泥のついた草のような感じ。

これが私の感じたTamdhuであります。




そして、モルト会は、二次会へと続くのでした(笑)。




おっとその前に、Kさん語録をひとつ。

「他の人の口はどうなってるんだ?

おかわりできるのが美味しいんだぞ!」




そのおかわりできる1杯というのが問題なんでありまして…(笑)。









ilovewhisky.png
1-OMC      1997-2011 13年 50.0%
2-DUNCAN TAYLOR   1989-2011 22年 53.8%
3-CARN MOR       1989-2013 23年 54.0%
4-LIQUID SUN     1990-2011 21年 46.0%
5-MALTS OF SCOTLAND    1988-2012 24年 52.3%


















posted by standbar at 19:02| Comment(0) | タムデュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

5月25日コニサーズクラブ2



JuraA 〜ジュラはソープの味?〜




いやいや、ジュラは「ソープ」でした。

マスターは苦味をソープな感じと表現しましたが、

私は薬草のような感じを受けました。

その最たるものが、No.3。

シンナー、五穀米、草、漢方薬、青汁系とメモしてあります(笑)。

モルトというより、

薬草系リキュールと言った方が腑に落ちる感じです。

だから、とっても身体によさそうです(笑)。




ilovewhisky.png
3-SIGNATORY       1989-2013 23年 56.5%




その一方、最も苦味を感じなかったのがNo.4。

しかし、これこそKさん所有の、

ジャケ買いした「ソープ」でありまして…。

「ソープ」なのに、私はあまりソープを感じませんでした。

むしろ、この5本の中では最も飲みやすく、くせがない。

のどにひっかかるものもなく、

多くの人に受け入れられる味と香りだろうと思いました。




ilovewhisky.png
4-3RIVERS      1988-2013 24年 54.1%




例によって、モルト会のあと、

ご婦人と更なるモルトを堪能していたKさんに、

「4番、美味しいね♪」と言うと、

「ほら、ジャケ買いも捨てたもんじゃないだろ?」と(笑)。

では今度は、仏像シリーズを開けましょうかねるんるん




ilovewhisky.png
1-OMC      1989-2010 21年 49.3%




No.1も苦味を感じました。

「甘味のない砂糖水」と、凄いことをメモしています(笑)。

私が砂糖水と感じるときは、

アルコール度数を低く感じた、ということなんですが、

一応49度あったそうで…、

私もどうやら何度?星人に弟子入りできそうであります…。

ナンドランドも入場できそうです。

というわけで、「甘味のない砂糖水」というのは

アルコール度数をあまり感じなく、

甘味はあるんだけど、それがとても薄い、ということです。

甘味より、苦味が際立って感じたんでしょうね。

しかし、No.1はさすがOMC、

このままフェイドアウトするのではなく、

だんだん奥に秘めていた甘味が出てきました。

なかなかよいでするんるん




ilovewhisky.png
2-WHISKY AGENCY   1988-2012 24年 50.8%




No.2はシナモンなどのスパイスを感じました。

かつ、とてもモルティでした。

久々のAgencyでした。

しばらくAgencyともご無沙汰していたので、

Agencyセンサーも作動せず…。




ilovewhisky.png
5-EXCLSIVE MALTS     1976-2011 35年 53.7%




No.5は最もモルトっぽい感じで、厚みもあり、とても好きでした。




とはいえ、なんだかんだ言って、一番気に入ったのがNo.2。

ジュラはジュラらしいところで勝負しないと!

ジュラは甘味で勝負してもしょうがない。

ソープっぽい苦さで勝負しないと!!

だから、苦い上にHeavily PeatedのNo,2、

もう、モルトであることさえ捨ててしまったような苦味は、

むしろ、潔いと思いました。

さすが、シグナトリーのデブ瓶クンるんるん

媚を売ったり、ご機嫌とったりせずに、自分の信じる道を歩くのみ。

私は好きでするんるん











ilovewhisky.png























posted by standbar at 02:02| Comment(0) | ジュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

5月25日コニサーズクラブ1



Jura@ 〜ジュラは「立板に水」の味♪〜



さて、今回の5本、最初の香りの印象はよかったんですが、

時間が経つにつれて、なんだか不思議な感じになってくるんですよ。

味わいも然り。

全体的に甘味が少なくて、ドライな感じなんですが、

飲んだあとスッキリしているかと言われれば、そうではなく、

何かがのどにまとわりついているようで…。

とっても個性的なんです。




そんな印象をマスターに伝えたら、

「苦味がひっかかる感じがしない?

ソープっぽいというか何というか…」




ソープですか?

「ソープ」に反応しましたるんるん

ソープと言えばKさんるんるん

もちろん、風俗に通っているということではありません(笑)。

ジャケ買いのジュラを持っているKさん、ということでするんるん




「今日はジュラ?」

「正解!」

「これがジュラですか〜〜〜〜!!」

またまた不思議な感じがしました。




私がモルトを飲み始めたばかりの頃、

初めてジュラのスタンダードを飲んだとき、

ジュラにつけたニックネームが「立板に水」(笑)。

のどにひっかかるところがなく、ストレートに胃に直行する、という意味です。

全くよどみがない。

それは、苦味だけでなく、

甘味なども余韻として残りにくい、という印象なんです。

なので、本当にスッキリ!!

ドドドドドライって感じでした。




今回の5本の印象からすると、

ドライってところはいっしょです。

でも、のどにひっかかるところは違います。

マスターが言うように、何か苦い感じがひっかかるのです。(続く)











ilovewhisky.png
1-OMC      1989-2010 21年 49.3%
2-WHISKY AGENCY   1988-2012 24年 50.8%
3-SIGNATORY       1989-2013 23年 56.5%
4-3RIVERS      1988-2013 24年 54.1%
5-EXCLSIVE MALTS     1976-2011 35年 53.7%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート






















posted by standbar at 18:41| Comment(0) | ジュラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする