2014年04月07日

2月23日コニサーズクラブ5



白州B 〜今回の5本を紹介します〜




それでは今回の5本を紹介しましょう。




ilovewhisky.png
1-OWNERS CASK      1999-2011 12年 51.0%




No.1 これ,Owner’s Caskですが,輿水さんの名前が入っています。

どういう意味なんでしょう?

輿水さんが選ばれた樽でしょうか?

北国フルーツ系。

アンモニアっぽい酸味。




ilovewhisky.png
2-OFFICIAL   1997-2009 12年 56.0%




No.2 ウイスキーライブ10thに出されたものですね。

北国フルーツ系ですが,クライヌリッシュのようなクリームを感じます。

派手な印象。

こういう派手さは,ウイスキーライブに似合うのでしょうね。




ilovewhisky.png
3-SMWS 120.3       1988-2003 14年 56.4%




No.3 とても個性的です。

魚の干物を彷彿とさせるような香り,酸味。

薬草のような苦味がなかなかよいです。

ハーブ系のリキュールのようです。

とても気に入りました。




ilovewhisky.png
4-OFFICIAL        1993-2008 15年 59.0%




No.4 heavily peated って書いてありますが,

heavilyにpeatを感じなかった私はなんなんでしょう…。

厚みのあるボディ。

(ピートのせいで厚みが出ているのでしょうね)

これもなかなか気に入りました。




ilovewhisky.png
5-OWNERS CASK      1992-2008 16年 60.6%




No.5 あっさりクリームと苦味。

あまりメモしてありません…。











ilovewhisky.png

















posted by standbar at 18:45| Comment(0) | 白州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

2月23日コニサーズクラブ4



筑波より「何度?星人」現る!




「ナンドセイジン」

漢字と符号を使って書くと,「何度?星人」です。

以前ブログに登場していただいた,筑波の重病人の方です(笑)。

ちなみに,秘密のケンミンSHOW 〜筑波モルト編〜は,

筑波で大好評だったようです。 




《筑波より重症者現る! 秘密のケンミンSHOW 〜筑波モルト編〜》




先日,この方,スタンドバーで飲んでおられ,

飲み終わるごとにマスターが新たなモルトを紹介すると,

「それ何度?」と聞くのです。

私なら,どこの蒸留所?とか,熟成年数は?とか,樽は何?をまず聞きますが,

最初の質問が「何度?」なんです(笑)。

なので,マスター名づけて,「何度?星人」。

何度のあとに「?」があるところがみそです。

何よりもアルコール度数が大事なんですねるんるん




実はそのとき,偶然,名古屋の「何度?星人」こと,Kさんも飲んでおられ,

二人で,「それ何度?」って聞き合いっこしていたそう。

「え,それ65度? じゃ,僕もちょうだい」

二人でこういう会話をしているのです。

ちょっと怖いです(笑)。




ここでまた新たな筑波の常識がわかりました!!

筑波では,アルコール度数50度以下のシングルカスクのモルトのことを,

カスク風」というのだそうです。

50度以下のものは,カスクと認定してもらえない,

いや,お酒として認定してもらえない,ということなんでしょう。

お〜,さすが,筑波!

正真正銘カスクなのに,「カスク風」と言われてしまったカスクは,

なんとも不憫でなりません…。




しかし,先日,私も人のことを言えない大失態をしてしまいました。

加水調整してある40度のモルトだったのですが,

それを一口飲んで,真面目な顔で,

「これ,水割り?」って聞いてしまいました。

加水調整しているので,水割りというのは,あながち間違っていませんが,

一般的に言う「水割り」の意味は違いますからね。

40度のモルトを水割りに思えてしまう自分は,

「何度?星人」予備軍ですね…。








ilovewhisky.png


















posted by standbar at 01:57| Comment(0) | 白州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

2月23日コニサーズクラブ3



壊れたピートセンサーでタリスカーを飲むと…




「オフィシャル当てクイズする?

1月に当たった人は2月はずれ,

1月にはずれた人は2月に当たる,

そんな感じだったから, 

2ヶ月連続で当たった人はいないんだよ」




ということは,私は外れの可能性大です(笑)。




選択肢は,

ハイランドパーク,ラガブーリン,タリスカー,余市,クライヌリッシュ




ピートセンサーが壊れていますから,

もちろん,ピートは感じません(笑)。

いくらなんでもクライヌリッシュではないでしょ,と,

まずはこれを却下。

ここは正常です(笑)。




ハイランドパークとラガブーリンは,シェリー&ピートの感じです。

出題のモルトにはその感じがありません。

自信を持って,却下です(笑)。




タリスカーか余市か…。

余市って,ピートのイメージがあったけれど,

オフィシャルはそうでもなかったよな〜,というのを思い出しました。

タリスカーは,もう少しピートがあるはずだし,

もう少し塩の感じがあったように思うし…。

というわけで,余市を選び,見事不正解でした☆




実力者は,タリスカーとラガブーリンで迷ったそう。

はい,ピートセンサーで,ピートを感じているからです。

私は,ピートセンサーが壊れているため,タリスカーと余市で迷いました。

ラガブーリンのピート感ではないと,自信を持ってわかったんだけどな(笑)。

ピートセンサーのあるなしで,

こんなに選択肢の絞り方が違ってくるのですねるんるん




マスターもピートセンサーがやばいですから,

私の気持ちをわかってくれます。

「ピートセンサーが壊れているのは,まだいいよ。

『ナンドセイジン』より絶対いいから」




「ナンドセイジン」?

何だこれは?   (続く)




ilovewhisky.png

















posted by standbar at 18:47| Comment(0) | 白州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする