2013年07月09日

5月26日コニサーズクラブ2



Rosebank 〜女の子のためのモルト〜




今回の5本は、とにかくどれも美味しいるんるん

一番気に入ったのは、4番でしたが、3番も2番も秀逸でした。

1番はアルコール度数が低く、おいしい砂糖水状態でしたが(笑)、

もちろん、これもおいしくいただきました。

5番は飲むとシェリー樽熟成だとわかりますが、

香りだけではシェリーとはわかりません。

5番は個性的ではありましたが、なかなかよかったでするんるん




ilovewhisky.png
1-OMC 1980-2002 22年 50.0%
2-BBR 1990-2008 18年 52.9%
3-SMWS 1990-1999 9年 60.3%
4-OFFICIAL 1981-2007 25年 61.4%
5-KINGSBURY 1992-2008 14年 55.3%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




ローズバンクでしたるんるん

私の希望が叶いましたるんるん

でも、私の願いを叶えてくれたのは、

ローランダーHさんではなく、Kさんでしたるんるん

(注:ローランダーHさんと、H君は別人です)

Kさんに、ローランドのイメージ、ないなあ〜(笑)。

Kさん、おいしいローズバンク、ありがとうございましたるんるん

「僕だって,ローランドで5本揃えられるもん」だそうです(笑)。




ローズバンクって、女の子のイメージがするんですが、いかがでしょう。

だって、名前に「ローズ」が入っているんですよ。

これだけで、女の子でするんるん

女の子に是非飲んでもらいたいもののひとつです。




私が最初に飲んだローズバンクは、花と動物シリーズ。

仕事で疲れてボロボロになったとき、

疲れた心を癒す1杯を、とお願いしたときに出してもらったのが、

花と動物シリーズのローズバンク。

それ以来、心が弱っているときは、花動のローズバンク、と決めていました。

しかし、これももう、お見かけしなくなってきましたね〜。

残念です。




ilovewhisky.png




さらさらな、水のようなローズバンクちゃんも感動的でした♪

これぞ、本当に癒し系。

繊細な繊細なローズバンク。




ilovewhisky.png




これも感動的でした。

あまりうまく写真にとれていませんが、ローズバンクって、読めますかね?

このローズバンクを飲むと、とても心穏やかになりました。

まるで瞑想しているときのよう。

熊本に行ったとき、ホテルのすぐ近くにあった

Masqueradeというバーでいただきました。

マスケラードとは、バラの1種で、

こちらのバーは、カウンターにバラが引き詰めてあるのです。

バラを愛でながらローズバンクを飲むるんるん

女の子には、たまりませんねるんるん




ilovewhisky.png




ローズバンクには、癒しのパワーが隠されていますilovewhisky.png












ilovewhisky.png
















posted by standbar at 19:23| Comment(0) | ローズバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

5月26日コニサーズクラブ1



サントリーオールド再発見るんるん




今日は7時半ごろにスタンド・バーに到着。

みんなまだいるだろうな〜って思っていたら、あれれ?

白秋先生、K夫妻、

そして最近いい味を出しているH君だけでした。

白秋先生、H君に会うのは久しぶりでするんるん




「あれ、H君、顔が赤いよ」

「僕、お酒、弱いですから…」

あ、そうでした(笑)。忘れていました(笑)。

モルトを5杯飲めば、普通は顔色の一つもかわりそうなところ、

H君以外のモルト会のメンバーは、誰一人顔色かわりませんからね〜。

「他の店に行けば、弱くないんだからね、H君るんるん

と、K夫妻に励まされ、Hくんはスタンド・バーを後にしました。




「ikuちゃん、先月、あんなにムッとして飲んでいたから、

さぞかし辛口の原稿を書くだろうと覚悟していたけれど、

そうでなくて、本当にほっとしたよ」と、マスター。

私、いつもそんなに辛口の原稿書いていますかね(笑)。




「オールドのミニボトルの話、あれでよかった?」




オールドのミニボトルは、お酒が入っているのではなく、

オールドを買うとついてくる、おまけのおもちゃなのです。

どんな仕掛けがしてあったのか、実は思い出せないまま原稿を書きました。

というわけで、もう一度、見せてもらいました。

そうそう、そうでした!

ボタンを押すと、小林亜星の音楽が流れのでするんるん

白秋先生も、とても懐かしそうるんるん




ilovewhisky.png




「オールド、スタンド・バーにある? 飲んでみたい」と白秋先生。

急遽、オールドのテイスティング会るんるん

オールドって、最近ほとんど名前を聞きませんが、

普通にコンビニで売っているんですよね!

ちょっとびっくりです。

オールドを飲むのは、大学生以来。

いったいどんな味なんでしょう?




香りは凄くいいるんるん

びっくりするくらいいいるんるん

しかも、これまたびっくりするくらいリーズナブル。

今一番お手軽に買えるモルトと言えば…、スタンダードのリベット?

というわけで、比べてみました。

オールドとリベット、普通ならありえない組み合わせ。

敢えて比べっこです。




ilovewhisky.png




香りはオールドの方がいい、

味はリベットの勝ち。

白秋先生とマスター、私の意見が合いました。

でも、こうして比べてみると、オールドって悪くないですね。

リベットに対する私のイメージがよいせいもありますが、

すっかり見直しました。

コストパフォーマンスを考えると、

私はオールドの方を選ぶかもしれません。




25年ほど、時間が遡った感じです。

オールド、再発見の旅でしたるんるん














ilovewhisky.png
















posted by standbar at 02:45| Comment(0) | ローズバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。