2013年03月27日

股裂けカリラ♪ 〜世界7不思議とカリラの関係?~



モルト会が終わったら,

もちろん,美味しいカリラちゃん♪タイムです。

「今月のお薦め」に,29年のカリラちゃん♪が載っていました。

もちろん飲みたいるんるん




ilovewhisky.png
CAOL ILA WORLD WONDERS 1983-2012 29年 61.4%




しかし,どうもラベルが気になる・・・。

派手派手ラベルではないのですが,

なんだか股が痛そうで・・・(笑)。

股が気になってしょうがない(笑)。

なぜ股が裂けそうなのか?

このなぞを解かねばなりません!!




それにしてもこの絵は不思議です。

自由の女神のようなイメージがありますが,

女神ではなく,男です。

絵を拡大して見ると,ちゃんとあるものがついていました(笑)。

開いた足の間をなぜか船が通っている。

この帆の先っぽが,股を刺しそうで,痛々しいのですが,

そんな風に見えるのは,私だけでしょうか・・・。




ilovewhisky.png




モリソン&マッカイ社の「世界の不思議シリーズ」だとか。

世界7不思議というから,7本リリースってことですか?

トマーチン,キャパドニック,アベラワー,カリラ,これで4本か・・・。




で,世界7不思議について調べてみよう。

「世界7不思議」という言葉はよく聞くけれど,

具体的に何が不思議なのか,と言われると,ひとつも答えられない・・・。

古代の7不思議,中世の7不思議,現代の7不思議といろいろあるようですが,

今回のシリーズになったのは古代の7不思議。

カリラちゃん♪は,「ロドス島の巨像」です。

現存しないものです。




ilovewhisky.png




「カリラとロドス島の巨像の関係について,1000字以内で述べよ」

どなたか,この論述問題に答えてもらえないでしょうかね。




またまたラベルに興奮してしまい,

肝心な味や香りが頭から消えてしまいました・・・。




それにしても,

「ビニールカリラ」「股裂けカリラ」

大好きなカリラちゃん♪なのに,

なぜこんなニックネームをつけてしまうのだろうか(笑)。




そういえば,このモリソン&マッカイ社から

「ビジュアル・フレーバー・シリーズ」というのが出ています。

中身のフレーバーの特徴を、3つの絵でボトルに表記したシリーズ。

これはラベルとして好感が持てまするんるん

飲み手の想像力を奪ってしまいますがねるんるん












ilovewhisky.png
ビジュアルフレーバーシリーズ
















posted by standbar at 18:29| Comment(2) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

2月24日コニサーズクラブ2



A.D. Rattray VS BlackadderのRaw Caskシリーズ 〜女性的VS男性的〜




蒸留所のハウススタイルより,

ボトラーズのハウススタイルの方が強いんじゃないかと,

それこそAgencyマジックとか,ダンカン・テイラーの素など,

言われるようになっていますが,

素直に好きだな〜,と思えるボトラーズがありまして,

それは,このブログでもよく書いておりますが,

ダグラス・レインのOMCシリーズ,

そして,今回No.2のボトルである,A.D.Rattrayです。

どちらも,ラベルがシンプルなところも好感が持てまするんるん




ilovewhisky.png
2-A.D.RATTRAY 1990-2010 19年 49.9%




「昔はDewarRattrayって言っていなかったっけ?」

「そうだよね,確かラベルにもそう書いてあったように思うけれど」

と,早速調べてくれました。




ilovewhisky.png




1868年、アンドリュー・デュアーとウィリアム・ラトレーによって設立。

当初はフランス・ワイン、イタリアのスピリッツ、オリーブ油の輸入業者であったが、

紆余曲折後、モリソン・ファミリーに買収され、ウイスキーの業者として定着する。

2012年,"DEWAR"が、商標権の関係で使えなくなってA.D.RATTRAYとなる。




「Dewar’sがあるから,使えなくなったってことだよね,きっと」




2007年から女性が樽選びをし,とても評判がよいそう。

しかし,2010年,寿退社されたそうです。

女性が選ぶ樽って,それだけでちょっと興味がそそられます。




「A.D. Rattrayはいいよねるんるん

マスターと意見が一致しました。




ilovewhisky.png
5-BLACKADDR 1989-2010 21年 54.2%




その一方,No.5はBlackadderのRaw Caskシリーズ。

「Raw Caskシリーズって,無濾過というよりは,

わざと樽の木片を入れているって感じだよね」

「Raw Caskシリーズになってから,ちょっと好きでなくなったかな。

あの木片のおかげで,最後の1杯が飲めないからね。

そういえば,Kさんって,

Raw Caskシリーズの最後の1杯は,

コーヒーフィルターに通して飲むんだよ。

物を大切にする心というよりは,煩悩な感じだけどね(笑)」




ilovewhisky.png
ロウカスク木片




さすがKさん(笑),私も煩悩のなせる業に思えまするんるん




Raw Caskシリーズは,そんなに飲んでいないせいもありますが,

確かにあまり感動的なものには出会っていない気がします。




A.D. Rattrayが繊細で女性的だとすれば,

Raw Caskシリーズは,荒々しい男性的な感じでしょうか。












ilovewhisky.png
2-A.D.RATTRAY 1990-2010 19年 49.9%
5-BLACKADDR 1989-2010 21年 54.2%
















posted by standbar at 19:10| Comment(0) | グレンロセス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

2月24日コニサーズクラブ1



Glenrothes 〜万人にうける美味しさは,意表を突かないつまらなさ〜




今日はうきうきの5本るんるん

だれにも好かれる感じだと思います。




ilovewhisky.png
1-IMPRESSIVE CASK 1969-2009 40年 42.9%
2-A.D.RATTRAY 1990-2010 19年 49.9%
3-DUNCAN TAYLOR 1968-2010 41年 50.9%
4-CARN MOR 1988-2010 22年 51.8%
5-BLACKADDR 1989-2010 21年 54.2%




ざっと香りをコメントします。




No.1 ベースノートがしっかり。華やか。

   白檀,バニラ,バルサム調の香り,柑橘系,キャンディ系,フルーツ。

   香りの重なり方が深く,トップ,ミドルノートの拡散の仕方が素晴らしい。




No.2 トップノート,ミドルノートは感じるが,ベースノートがあまり感じられない。

   クリーム,カラメル系。

   香りの厚みが乏しい。




No.3 No.1からややベースノートを弱めにした感じ。




No.4 No.2よりもさらにベースノートが乏しい。




No.5 香りの立ちが悪い(拡散しない)。香りが保留されている。

   トップノートが感じられない。

   パチュリー,ベチバーなどのほろ苦い香りがアクセントになっている。

   甘味は少ない。




香りの立ち方からすると,No.1とNo.3が似ています。

ベース,ミドル,トップと,ちゃんと積み重なっていて,厚みがあり,

香りの変化も楽しめる。

No.2とNo.4はベースノートがしっかりしていないので,

香りが薄っぺらい。

No.5.はベースノートがしっかりし,かつ,香りが固まっていて,重々しい。




これはそのまま熟成期間と相関していました。

No.1とNo.3は長熟で美味しいるんるん

No.2とNo.4は若くて厚みがない。

No.5は異質。




そのまんまじゃん(笑)。

ま,若いといっても20年前後ですから,

悪いわけでは決してなく,美味しいのですが,

ついつい比べるとね,というやつで・・・。




「美味しいと言ってくれるのは嬉しいけれど,

意表を突かないのって,つまらないよね〜。

若いのに熟成感がある,とか,意表を突くとワクワクするけれど,

やっぱり長熟は美味しいよね〜,って結論になると,

おもしろくないんだよね〜」と,マスターのぼやき(笑)。




ilovewhisky.png
1-IMPRESSIVE CASK 1969-2009 40年 42.9%




今回はぶっちぎりでNo.1が好きでしたるんるん

No.1, No.3とNo.2, No.4を比べるというのは,

香水とオーデコロンを比べる感じで,同列で比較できませんが,

オーデコロン系のNo.2は,これはこれで好きでしたるんるん

ゆっくり味わって飲むのではなく,気軽にクィっと飲むにはいいですねるんるん

No.5は,香りも味もどっしり系なので,少量味わうならいい感じかもしれません。




最近は,なるべく,

香りがどう積み重なっているかを感じとろうとしていますが,

ベース,ミドル,トップが

ちょうどピラミッドのように積み重なっているものが

美味しく感じます。

香水では,ベース:ミドル:トップ=5:3:2くらいでブレンドするのが基本です。

これくらいどっしりとベースが入っていると,香りに厚みが出て,

ミドル,トップの香りを引き立ててくれます。

しかし,ベースを入れすぎたり,

特殊なベースノートの香りを使ったりすると,香りが動かなくなってしまいます。

今回のNo.5みたいな感じです。




少しずつ調香で学んだことが,モルトに役立ってきていまするんるん










ilovewhisky.png
Glenrothes Distillery















posted by standbar at 22:26| Comment(0) | グレンロセス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

モルト会メンバー紹介♪ 〜H君はいい味出しているよね〜



今更ですが,最近,記事の中にメンバーが登場することが多くなりましたので,

メンバー紹介をしたいと思います。

順不同です。

みんなとても素敵なメンバーで,アットホームな雰囲気のモルト会です。




ilovewhisky.png




S重鎮 ピアノ調律師。第53回CBCクラブ文化賞受賞。

   以前,「名古屋文化情報」に書かれたS重鎮の投稿を紹介させていただきました。

  http://blog.stand-bar.com/article/282114319.html

    S重鎮作,自家製マーマレードは毎年大好評。趣味は多岐。




山崎白秋氏 モルト会の正規レポートを書いておられる白秋先生。

      エンジニア。写真が趣味。

      http://blog.stand-bar.com/article/258949603.html




Yさん 読書好きの社長さん。




Kさん 僧侶。モルトコレクター。アルコール度数が高いモルトをこよなく愛するるんるん

    http://blog.stand-bar.com/article/313121654.html




K夫人 アルコールドリンカー。飲みっぷりのよさは感動的るんるん

    http://blog.stand-bar.com/article/285314347.html




M先生 動物病院の先生。




Tさん 元自衛隊,現養蜂家。

    クラッシックカーのファン。

    TさんのGTRは,このブログで何度も紹介されています。

    高級な服を自然に着こなしているので,みんなに気づかれない・・・。

    かなりリッチとの噂。

    一昨年の「オフィシャル当てクイズ」優勝者。

    http://blog.stand-bar.com/article/308723917.html




Oさん 昨年の「オフィシャル当てクイズ」では,優勝の座をかけて戦いました。

     http://blog.stand-bar.com/article/310078904.html




H川さん ローランドモルトをこよなく愛するローランダー。

     http://blog.stand-bar.com/article/284073858.html




H君 「僕,お酒弱いんですよ・・・」

   最初のうちは,モルト5杯飲むのが辛かった・・・。でも,皆勤賞。




Wちゃん 年下の彼とゴールイン。

     若さの秘訣は,モルトとダンスるんるん

     http://blog.stand-bar.com/article/299527152.html




M嬢 アイラ好き。コメントはなかなか辛口でするんるん

    http://blog.stand-bar.com/article/176123607.html




今までご出演いただいた投稿をリンクしてみました。




まだご出演いただいてなかった方,近々ご出演お願いいたしまするんるん




というわけで,今日はさっそくH君に登場してもらいましょう。

最近,いい味出しているんですよね〜るんるん




「僕は一流大学を出たわけではないし,

一流企業に勤めているわけではないし,

奥さんもいなければ彼女もいないし,

お酒も弱いし,

年収だって,きっと一番低いんですよ,モルト会の中で・・・」

と,赤ら顔になったH君が,最近よくぼやいているそう(笑)。




「僕だけ大学出てないし,

親の職業を継いだだけで,別に努力しているわけでもないし・・・」とTさん。

二人で「どうせ僕は」談義に花をさかせているらしい(笑)。




それぞれに悩みはあるようですが,

その人にしか出せない味があることが,一番ステキだと思っています。

「世界にひとつだけの花」の歌詞にあるようにるんるん





























posted by standbar at 21:30| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

冬はアイラ♪ 夏もアイラ! 〜ピートで風邪対策(笑)♪〜



「ikuちゃん,どうしてそんなに最近,アイラばかり飲んでいるの?

しかも,強いピートのものばかり」

「風邪・インフルエンザ対策ですよるんるん




軽蔑の眼差し・・・。




私のモル友(『モルト友だち』ですね)が,おもしろいブログを書いていて,

『風邪かな?と思ったら早めのラフロイグ』

ってタイトルなんです。

http://ameblo.jp/you1967421/theme8-10038701155.html#main

で,私も,風邪かな?と思ったとき,カリラちゃんるんるんを飲むんですが,

自分としては,「アルコール消毒」のつもりだったけれど,

カリラ,ラフロイグ,どっちもアイラだよな・・・,と思ったら,

アロマセラピスト的に,

「アイラは風邪に効く!」という結論にいたったわけなんです(笑)。




我々アロマセラピストは,風邪をひいても薬は飲まず,

オレガノの精油を内服するんです。

オレガノにはオイゲノールというフェノール類が多く含まれています。

ピートの香りになるフェノール類とは違いますが,

フェノール類であることは共通です。




フェノール類は,とにかく抗感染作用が強く,

風邪にもインフルエンザにも,びっくりするくらい効くんです!

(注:日本では,精油は雑貨扱いなので,

「効く」という表現は薬事法違反になるのですが,

そこは目をつぶって「効く」と書きます)




もちろんアルコール類にも抗感染作用はあるのですが,

フェノール類の抗感染作用はそれを上回るものなので,

せっかくアルコール消毒をして風邪のウイルスをやっつけるなら,

スペイサイドのモルトを飲むより,

抗感染作用の強い,ピートたっぷりのアイラを飲む方が

より効果的だと考えられるのです。




そんなことを先ほどのブログのコメントに書いたら,

『ゴホンといえばOCTMORE』という投稿が続き,

http://ameblo.jp/you1967421/theme7-10038701155.html#main

やっぱり,風邪対策はアイラでしょう,ということになったんです(笑)。

今のところ,私はオクトモアを飲むまでは至らず,

カリラちゃん♪で十分予防できていますがね。




ま,確かに酒飲みの論理であって,

風邪をひいてもモルトを飲む口実を見つけているだけなんですが(笑),

あながち間違っているわけでもないよね,と正直思っていて,

モルトファンには,是非,冬にアイラモルトを飲んでもらい,

風邪・インフルエンザを撃退してもらいたいと思っていまするんるん




な〜んてことをマスターに講義していたら,

「夏もアイラだよるんるん」と。

「おっと,夏風邪対策ですか!!」

「違う違う,夏はモワーっとするから,ピートでごまかすんだよ」




なるほどね。

モルト会,夏にアイラが出ること,確かにありましたねるんるん




というわけで,冬はアイラるんるん,夏もアイラ!

春と秋はスペイサイドるんるんってところですかね。





























posted by standbar at 19:52| Comment(2) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

香りだけで蒸留所はわかるか? 〜ピートセンサーが働かない日〜



オフィシャルを当てよう♪クイズは一旦終了し,

香りだけでどの蒸留所のモルトかを当てようるんるんクイズが始まりました。

モルトの色も味もわからないまま,香りだけで,

どこの蒸留所のオフィシャルボトルなのか,わかるのか?

アロマセラピスト的には,楽勝でないといけないクイズです(笑)。

かつ,この選択肢で,外すわけないよね!っという問題でした。

なのに,外しました(笑)。

外したのは私を含め3名。

なぜか一昨年のオフィシャル当てクイズの優勝者,Tさんも含まれています(笑)。




グレン・リベット,マッカラン,ラガブーリン

この3つですよ。

普通に考えてわかるはずですよね。

しかも,正解はラガブーリン。

ピートを感じた瞬間に,答えは決まるはず。

なのに外すって,どういうことよ(笑)。




ilovewhisky.png




ハズレ組みは,どういうわけか,3名ともグレン・リベットを選びました。

ラガブーリンから最も離れている香りですよね・・・。

ラガちゃんのシェリーの部分を感じ,マッカラン,なら,まだわかる。

リベットは,どうよ,と自分でツッコミを入れたくなります・・・。




「ikuちゃん,今日は本当にピートセンサーがおかしいんじゃない?」

「確かにね〜〜〜〜。

ラフロイグも,ピートより酸味を感じちゃったし・・・」

ラガちゃんではピートセンサーが働かないくらい,

ピートピートしているアイラを飲んでいるかも・・・」

「ピートの強いモルトばかりを飲んでいると,

ラガブーリンには反応しないんだね。

モルト会のメンバーは,あまりアイラを好んで飲む人がいないから,

だから,ちょっとのピートでもセンサーが働くんだよね」




なんだか素行がばれて恥ずかしい・・・(笑)。




Kさんが当てたのに,

自分が外したことにTさんはショックを隠しきれない様子でした。




そのTさん,クラシックオートバイを買うそう。

本妻のGTRが入院したときの愛人だとか。

本妻は只今,フレームの溶接のため,入院しているそうです。

なので,オートバイがいるんですねるんるん

なんと,今から免許を取るんだそうです!











ilovewhisky.png
















posted by standbar at 21:25| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする