2013年01月31日

12月23日コニサーズクラブ2



Glen KeithA  〜熟女はギャルを制す〜



No.1と対照的だったのがNo.3。

フルーティな甘みより,モルティな香りが主張している。

そのこと自体は問題ではなく,

モルトなんだから,モルティな香りこそモルトじゃん!

とさえ思うこの頃ですが,

味がちょっと残念なんだよな〜。




ilovewhisky.png
1-G&M 1968-2007 39年 46.0%
3-BBR 1985-2010 25年 47.8%




舌ざわりがざらざら。

甘味が少なく,

とにかく味が平べったい。

No.1は,味は薄いんだけれど,厚みがある。

No.3は,味が薄いわけではないんだけど,厚みが感じられない。

なんだかちょっと残念な感じなんだよね〜。




「No.3って,普通に飲んだら,かなり優等生だと思うよ。

今日は比べる相手が悪いよね〜。

No.1,No.2,No.5は40年熟成でしょ。

No.3とNo.4は20年ちょいだからね〜」




確かにな〜。

20歳台のピチピチギャルより,40歳の熟女の方が,

やっぱり深いんだよな〜。




ilovewhisky.png
4-WHISKY EXCHANGE 1989-2012 22年 50.7%




No.4はアルコール度数50度で,

モルト会的にはそんなにアルコール度数が高いわけではないんですが(笑),

アルコールの味が勝って,味の印象が薄い。

しかも,香りはいろいろな香りが相殺されている感じで,

香り深くない・・・。




今回の5本は,どれもアルコール度数50度前後のものでしたが,

度数が似ているからって,他の様相が似ているわけではありません。

樽の中で寝ている年月って,やっぱり大きいんだよな〜。




そして,比べる相手によって,

人間の印象はいかようにも変わるであろうと,

再認識したのでした。











ilovewhisky.png




















posted by standbar at 22:27| Comment(0) | グレンキース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

12月23日コニサーズクラブ1



Glen Keith@  〜キースは青リンゴの味〜



12月のラインナップは,まず間違えなく美味しいるんるん

だって,12月だもん(笑)。

と,ワクワクして5杯の香りをかぎまするんるん

わ〜〜〜,どれもいいですね〜〜〜るんるん




いきなりNo.1の香りにノックアウトされました。

超青リンゴるんるん

なんて繊細な青リンゴなんでしょうるんるん

青リンゴというと,グレン・リベットを思い出しますが,

グレン・キースも青リンゴなんだよ,って,

マスターが教えてくれましたるんるん

白秋先生のコメントにも,

10年のオフィシャルは青リンゴの香りって,書いてありますね。

グレン・キースのオフィシャル10年,一度飲んだことはありますが,

ほとんど印象に残ってません・・・。

グレン・キース=青リンゴ,インプットしておこうるんるん




ilovewhisky.png
1-G&M 1968-2007 39年 46.0%




No.1,味も凄くいいんです。

甘さに,ミントを代表とするハーバル調の味わいが加わって,

味に深み,厚みがあります。

46%加水タイプなので,味は薄いんですが,

味の濃淡と厚みは別なんです。

これ,凄〜〜〜〜〜〜いるんるん

聞くと,コニサーズ・チョイスシリーズの1本だとか・・・。




9月のモルト会で,

コニサーズ・チョイスシリーズって,ラベルで飲むんだよね,

って,マスターと話していたけれど,

http://blog.stand-bar.com/article/299976164.html

コニサーズチョイスさん,ごめんなさい。

とっても美味しかったです。

そして,「加水でも美味しいるんるんと感じる

コニサーズ・チョイスシリーズをみつけたい」

って書いたけれど,本当に見つけちゃった!




しかし,ひとつ問題が・・・。

9月のストラスミルの印象は,ペパーミント入り砂糖水。

今回のキース,甘さにミントを代表とするハーバル調の味わい。

味の方向性は同じじゃん(笑)!

もしや,コニサーズ・チョイスシリーズのスタイル???




さてさて,他のコニサーズ・チョイスシリーズも

試してみないといけなくなりました〜。










ilovewhisky.png
1-G&M 1968-2007 39年 46.0%
2-SILVER SEAL 1970-2011 40年 46.9%
3-BBR 1985-2010 25年 47.8%
4-WHISKY EXCHANGE 1989-2012 22年 50.7%
5-THE WHISKY FAIR 1970-2011 40年 51.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート





















posted by standbar at 21:20| Comment(0) | グレンキース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

アーティストシリーズのヒ・ミ・ツ♪



2012 年最後を締めくくるモルト会るんるん

私がお邪魔したのは,2013年1月の半ば頃(笑)。

しばらく派手なラベル論争をしておりましたが,

スタンドバーの扉をあけ,目に入ったバックバーのラインナップは,

心落ち着くラインナップでした。

やっぱりこうじゃないとねるんるん

「派手ボトル,随分隠したでしょ?」

マスターは笑っていました。

派手ボトル揃いのバックーバーの写真,寒気がしましたから(笑)。




ilovewhisky.png




「そういえば,アーティストシリーズのベン・ネヴィス,

もうなくなったよ」

さすが,ラベルの力は大きいですね。

いや,このベン・ネヴィス,いい味わいでしたるんるん

私の周りにも,このベン・ネヴィスのファンが多いでするんるん




と,よく見ると,あれ,ベン・ネヴィス?と間違えてしまいそうな

アーティストシリーズを発見!

髪の分け目が,ベン・ネヴィスと逆でした(笑)。

ラフロイグの15年るんるん

よく見ると眼帯をしている!

眼帯と右目にアーティストにイニシャルが書いてある!

びっくり!




ilovewhisky.png




しかも,髪には,英語の単語がぎっしり! 

細かくて全ての単語が解読できたわけではないのですが,

きっとアーティストのメッセージが,この髪に込められているのだと思うと,

アーティストシリーズの株が急上昇(笑)。




ilovewhisky.png




「きっとみんな知ってるんじゃない?

知らないのは僕達だけだったりして・・・」

いや,絶対だれも知らないはず!と,

その後,仲間に聞いてみましたが,知っている人はだれもおらず。

ふふふ,私たちが最初にヒ・ミ・ツを見つけてしまったのねるんるん




髪に書いてあるメッセージを読むために

アーティストシリーズを飲む人が増えたら面白いるんるん

虫眼鏡を持って,スタンドバーへGO!




そうそう,今月のお薦めを見たら,

パフュームシリーズのボウモアでした!

マスター,これを薦めますか(笑)!

ジャケ飲みする人がどれくらいいるのか,

なんだか楽しみ〜〜〜〜るんるん

私も今度,飲まなくっちゃ(笑)。

私はジャケ飲みではありませんるんるん

パフューミーなボウモアに挑戦するためでするんるん












ilovewhisky.png

















posted by standbar at 18:00| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

好きなモルトを飲みながら,好きな歌をバーで聞く 〜尾崎豊A〜









「アイラって,危険な恋の味だと思わない?

いつもスペイサイド飲んでいると,

アイラを飲んだときのワクワク感って,たまらないと思うんだ。

禁断の場所に一歩足を踏み入れたって感じじゃない?」

「わかる。平凡な日常から,非日常の世界に行ける味だよね」




真面目な顔で,マスターと失恋談義。




「お互い違うけれど,『いいとき』があったってことだよね。

それを思い出しながら飲むピートって,痛いね」

そう言いながら,マスターはラフロイグを,私はカリラを飲むのでした。




「だからアイラって,いつか卒業しないといけないときが来るんだよね。

スペイサイドに自分の安心の場,

ホームを見つけておかないといけなんだよね」




長熟のロングモーンは,

遊び尽くした人が行き着くところなのかもしれません。




「I love you. は最高のラブソングだよね」

「そう,かつ,尾崎の声じゃないと駄目なんだ。

他の人がカバーしても,感動しない・・・」




I love you. は,やっぱり一番好きなカリラちゃんを飲みながら聞きたいるんるん

I love you. に合うカリラちゃんは,Agencyじゃない。

OMCでないとダメ。

何度もI love you. を再生してもらって,

大好きなOMCのカリラを飲みながら,

大好きなあの人のことを思うのでした・・・。





























posted by standbar at 19:42| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

好きなモルトを飲みながら,好きな歌をバーで聞く 〜尾崎豊@〜




「ikuちゃん,音楽のかかっていないバーで飲んだことある?」

「ないな〜。音楽のかかっていないバーって,

シェイカーの音が鳴り響くんだよね。カッコイイ〜るんるん

でも,そんな所だと,客もちゃんとしてないとね。

飲んだくれは厳禁ですな。




東京のバーに行ったとき,たまたまマスターが私と同じ歳だったんだけど,

大学の頃聞いていたバーバラ・ストライザンドの「ギルティ」がかかって,

タイムトリップしちゃった。あれは感動したな」




「ikuちゃんて,バーバラ・ストライザンドや百恵ちゃん以外に,

青春の音楽って何なの?」

「アバ。

ちなみに,当時聞いてなかったけれど,尾崎は好きだよ」

と,先日,尾崎豊展に行き,尾崎と私が同じ歳なんだ,ってことなど,

いろいろ話しました。




と,ここからバックミュージックは尾崎豊に。









「尾崎が好きだって言うと,Kさんが怒るよ。

『バイクは盗んじゃいかん!』って」

Kさん最高♪ 真顔で怒らないでねるんるん









いい歌だよな〜。

なのに途中から笑えてくる。

Shellyって女性の名前なのに,

「シェリー樽のモルト」に聴こえてしまう・・・。




「ikuちゃん,それって,モルト病って言うんだよ。

僕も,『シェリーちょうだい』って言われると,

シェリー樽熟成のモルトを出してしまうんだよね。

お客さんは,普通にシェリーを飲みたいのに」




「じゃ,『バーボンちょうだい』もそうなるわけ?」

「そうそう,バーボンじゃなくって,

バーボンホグスヘッドのモルトを出してしまうんだよな・・・」




やばいね,モルト病。

せっかくの尾崎の歌の歌なのに,

シェリー樽熟成のモルトを讃える賛歌になってしまいました・・・。











ilovewhisky.png
















posted by standbar at 00:29| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

秋元康:スリーリバース=つんく:Sake Shop Sato




「それにしても,先回のラベル談義,話したこと,よく覚えていたね。

あんなに再現してくれるなんて,嬉しいよ」とマスターから嬉しいお言葉るんるん




「ただ,秋元康とつんくって,やっぱりちょっと違うんだな。

つんくは大阪だからね,ちょっと乗りが違うよね」




それはよくわかる。

同じようなプロデュースの仕方であっても,

モーニング娘。とAKB48は違いますね。




じゃ,それをモルトに置き換えるとどうなのよ?と。

「スリーリバースが秋元康なら,つんくはSake Shop Satoじゃないかな。

Sake Shop Satoさんて,大阪でしょ?

駄洒落シリーズとか,乗りはつんく的だと思うけれど」




Sake Shop SatoさんのWe love Caol Ila 知っていますか?

これ,ボトルの裏に,英語でコメントが書いてあるんだけれど,

途中から大阪弁ローマ字になっているんだよね。




This CAOL ILA is lemon yellow colour with smoooth kankitsukei aromas,

But "kanari impact aruyan"in the mouth!

Soko2 jyukuseikan and after fruits flavor

100%.saikin's CAOL ILA no e-toko on PARADE.

SATO BROS.&OKAN





これはなかなかグッドるんるん

大阪っぽくて、お気に入りるんるん




ilovewhisky.png




グレンリベットも面白いのがありましたね。

裏ラベルには,

愚連隊がウンコ座りしてリベット打ちの仕事をしている様子の絵が。

グレン隊がリベット打ち→グレンリベット




ilovewhisky.png




最近では,ベンリアックのサンタラベルもありましたね。

夏のビーチにサンタさんがいる。

裏ラベルは,便利屋のアッ君がリヤカーを引いている絵が。

便利屋のアッ君→ベンリアック




ilovewhisky.png




まさに大阪的るんるん

東京も大阪も、いい味出してますねるんるん











ilovewhisky.png
















posted by standbar at 19:58| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

モルトと煩悩の関係♪



今回は久々,Kさんとお話することができました。

アルコール度数の高いモルトを好んでお飲みになり,

そして日々美味しいモルトを集めているKさんです。

先日,マスターがKさん宅に行き,

コレクションのボトルを全て調査して,いろいろなお宝を発見していまするんるん




ilovewhisky.png
Kさんのモルトコレクション




「どうがんばっても

生きているうちに自分が集めたモルトを全て飲めるわけではないから,

少しずつモルト会のディレクター的役割をやりたくなってきたよ」




いいですね〜。

パフューミーなボウモア対決はどうだろう,

グレーン対決はどうだろう,など,

マスターといろいろなアイデアを出してみました。




「諸行無常,この世は常に変化し続ける。

死ぬときに後悔することなく,

どれだけ満足してあの世に行けるかが大事。

極楽なんてないのさ。

地獄は生きているうちにあるんだよ」




ilovewhisky.png




ほう,美味しいモルトを飲みながら,

ありがたい説法まで聞ける。




「しかし,やっぱり長生きしたいもんだね。

だって,自分が死んだあと,

美味しいモルトが世にでてきたら嫌じゃん」




???

マスターと私は,瞬時に

Kさんの頭に108個の煩悩が輝いているのを想像しました。

煩悩ではなく,モルトのボトル(笑)?

悟りの境地に至るのは,誰とて難しいのですね・・・。




「自分のコレクションを飲みきるまでは死ねない」

ならわかるけど,

「自分が死んだあと美味しいモルトが世に出るのが嫌」って,

人が死んだあとに美味しいモルトが出てくるのは,世の常でするんるん




私は美味しいモルトを飲んで死ねるのなら,それで本望るんるん

これでも意外と,毎日悔いのない日々を過ごしていますから。

「カリラちゃん♪の瓶を抱えながら,

幸せそうな顔でお亡くなりになりました」なんて,

いい感じの弔辞じゃないかな(笑)。

そして,Kさんにお経をあげてもらおうかな(笑)。











ilovewhisky.png

















posted by standbar at 19:33| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする