2012年10月31日

9月23日コニサーズクラブ2



StrathmillA 〜香りの立ち方・そのA (白秋レポートとくらべっこ)〜




では,今回の5本の香りの立ち方についてのレポートでするんるん

白秋先生のレポートが先に届いているので,

リンクではなく,私のレポートにくっつけてみまするんるん




ilovewhisky.png
1-G&M 1991-2007 16年 43%




No.1

セメンダイン+シンナー,l-メントール(ミントのスーっとする香りの成分),

サリチル酸メチル(シップのスーっとする香りの成分)などの香りがたち,

これは割りとすぐに消えていく。

そのあとにフローラル+バニラ。

トップの香りの立ちが少なく,全体として,もわっとしている。

【白秋レポート】

トップノートはフルーティ、ややドライに感じる時も。やさしい香りでかすかにハッカ、

北ハイランドモルトの個性。

程よい酸味とエレガントな印象。時間が経つとわずかにヌカの香り。





ilovewhisky.png
2-OMC 1975-2011 36年 44.1%




No.2

柑橘系,梅干のような酸味のトップノート。

香りのたちは鋭い。

これはベースノートであるウッディの香りがしっかりしているからと思われる。

【白秋レポート】

深い香り、ナッツやチョコの香りだ。しだいにエステリーに変化してくる、

南国フルーツと言って良い。わずかなピート香。

時間を置くと梅酒の香りも、酸味が心地よい。バーボン樽熟成の個性か。





ilovewhisky.png
3-ARCHIVES 1974-2011 37年 44.5%




No.3

甘味,フローラルな香りを邪魔する香りがある。

クリームの香りは球で転がっている。

【白秋レポート】

深い香り、心地よいエステル香、南国フルーツ。深みとバランスする酸味。

押し出しの強くない、程よい熟成香が感じられる、奥にはハッカも。





ilovewhisky.png
4-SIGNATORY 1977-2005 27年 51.2%




No.4

香りが平面板。

つまり,横にばかり広がり,縦に広がらない。

香りが水溜りのように溜まっている。

【白秋レポート】

トップノートはエステリー・エステリー。

やさしい、それでいて、どこにでもあるような果物の香り。

かすかにミント、北ハイランド系か。





ilovewhisky.png
5-MACKILLOPS CHOICE 1976-1999 23年 57.1%




No.5

(ちょっとこれはメモがあいまい。

酸味・塩・たくあん,クリーム・バニラ,麦茶,モルティとメモってありますが,

これはきっと味ですね〜)

香りについては,螺旋状に昇ってくるというメモがあります。

【白秋レポート】

まずえぐみを感じる、シェリー系の物では無い。

しだいにエステリーとピートを感じるようになる。

さらにキャラメルとそれに見合う酸味が出てくる。

さらに時間が経てば、ウッディな熟成感が垣間見える。奥にはヌカの香りも。












ilovewhisky.png














posted by standbar at 00:46| Comment(0) | ストラスミル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

9月23日コニサーズクラブ1



Strathmill@ 〜香りの立ち方・その@ (調香の勉強より)〜



何度かお話ししていますが,

現在,調香師の先生に調香を習っているのは,

香水を作るためではなく,ウイスキーの香りを分析するためです(笑)。

調香師の先生にもとうとう伝えてしまいました(笑)。

しかし,自分で香りをブレンドし,

お手本となる昔の名香の模倣をするのは,本当にたいへんな作業です。

しかし,たくさんの失敗を重ねながら,

ある香料の役割を体感していくのは,とても勉強になります。




香りを伝えるというのは,本当に難しいです。

結局感覚というのは,個人個人によって違うものであり,

客観的な指標になりません。

調香師の先生の言われることも,すべてが体感できるわけではなく,

わからないことだらけなので,勉強をするのを辞められない,という状態です。




ただ,ひとつわかってきたことは,

香りは,どんな種類のものがブレンドされているか,という観点だけではなく,

香りがどう立つか,という観点からも見ていく必要があるということ。

よく「お手本の香りはシャープに縦にすっとたってくるけれど,

麦谷さんのは,横に広がる感じでしょ」とか,

「お手本のは柔らかいけれど,あなたのは香りが固まっているわね」とか…。

で,自分ではどうすればお手本に近づけるのか,やっぱりわからないんです。

かつ,前回やった手法でやればよいかというと,そうでもなく,

他にブレンドされているものが違っていたりすると,

香りの直し方というのは,個々に違ってきます。

モルトを楽しむのもエンドレスですが,

調香もエンドレスです・・・(やれやれ)。




自らの香りは犠牲にして,他の香りの引き立て役になるもの。

黒衣に徹する,という働きですね。

自らはあまり香らないけれど,他の香りを拡散させる役割をするもの。

などなど,いろいろな働きがあります。

ふっと鼻に入ってくるわかりやすい香りが,含有量が多いかというと

必ずしもそうではなく,

その香水の特徴づける香りなのに,

実はそんなに多く入っていないことも多いです。

しかし,そういうことが少しずつ頭の中に蓄積されていくと,

ウイスキーの香りを分析するのに必ずや役立つであろうと思い,

楽しく調香の勉強を続けていまするんるん




と,前置きがとても長くなりましたが,

今回は,香りの立ち方をメモしてみましたるんるん

もちろん,これは私の感覚であり,まだまだ勉強途上ですが,

少しずつトライしてみまするんるん (続く)











ilovewhisky.png


















posted by standbar at 18:31| Comment(0) | ストラスミル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

今月のジャケ買い(2012年9月)♪



今月も仕事を終えてからのシングル・モルト会でしたが,

年下の彼との結婚が決まったWちゃんに,久々に会えましたるんるん

モルト会後,みんなでワインでお祝いしたそうです。

いつも若くて元気なWちゃん,末永くお幸せにハートたち(複数ハート)




カウンター奥にはK夫妻。

K夫人は,すでにモルトを10杯ほど飲んでおられたようでしたが(笑),

こうやっていつもお二人で美味しいものを食べ,飲んでおられる姿を拝見するのは,

見ていても嬉しいものです。




そして,バックバーに目を向けると,またありました。

ジャケ買いボトル(笑)。

「ジャケ買いしたのは1本だけだよ」

と,クラゲのラベルのラフロイグを見せてくれました♪

Agencyではありません(笑)。

でも,隣にAgencyのラフロイグがいました(笑)。

ま,ジャケ買いでもジャケ買いでなくても,

ラベルが可愛いのは一見の価値ありですので,紹介しまするんるん

純粋にラベルを見て楽しみましょうるんるん

モルト会とは,全く逆の発想です(笑)るんるん









ilovewhisky.png
















posted by standbar at 19:02| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

「今月のオフィシャル」を当てるためのお勉強の仕方♪



さて,ここから主演はTさんでするんるん

出演交渉していませんが,ま,いいですよね(笑)。

「今月のオフィシャル」を当てるのに,命を燃やしています。

「今月のオフィシャル」クイズをするまで,

今月の5杯分のグラスを自分から遠ざけ,

香りをかぐこともしなければ,もちろん,味わうこともしません。

これにかける情熱には,本当に脱帽です。




「今月のオフィシャル」は,

モルトの色がヒントにならないよう,

黒く塗られたグラスで出されますが,

それでも,Tさんは,全ての感覚を総動員します。

いや,どっちかと言えば,心理戦かな(笑)。




マスターもTさんに当てられないよう,細心の工夫をしています。

今回,ダミーの4本,全てバックバーからボトルを下げ,

余市は,何かのボトルの陰に隠して,

こそっと見えている状態にしてありました。

Tさんはそれを見逃しません。

「余市以外のオフィシャルボトルはバックバーにないのに,

余市だけが隠れていたのが,怪しいと思った」

Tさん,そこまで見てますか〜〜〜〜〜〜。

あなたは凄い!




しかも,予習の仕方がバージョンアップ!

予習をする,ということ自体,もうすでに普通ではありません(笑)。

今まで,事前にスタンド・バーに来て,

主だったオフィシャルを飲んでいたようですが,

「これではマスターに自分の弱点がばれる」ということで,

別のバーで予習を敢行することにしたそう。




そちらのバーは,ハーフショットを出してくれるので,

恐らく20種類くらいのスタンダードのオフィシャルを全てハーフで頼み,

カウンターの前にいくつものグラスを並べながら,

それぞれの味と香りを復習かつ予習しているそう。

姿が目に浮かびます。




心の中で,「『今月のオフィシャル』の予習に来たな」とわかっていても,

そんな表情ひとつ出さず,「そうですねるんるん」とニコニコしながら

いつも通り接客しているバーテンダーさんの姿も目に浮かびます(笑)。




これだけ抜かりない予習をしているTさん,

今回の選択肢のマッカランがグレン・フィディックだったら,

グレン・フィデックを選んでいたかも,とのこと。

Tさんも,この1杯の中に,きっと甘さを感じたに違いありません。

やはり,それくらい,ブラインドで飲むというのは,

難しいことなのです。




さて,TさんのGTR,修理は終わったのでしょうか。

ラストスパートに向けて,

来月も完璧な予習をしてくることでしょうるんるん

本当に,人はどこにこだわりを持つか,様々ですねるんるん




さて,私はと言えば,今月の5杯を飲み,

今月のオフィシャルを1杯飲み,

やっぱり〆はカリラちゃんでしょるんるん,と

お気に入りのカリラちゃんを2杯飲みましたるんるん

OMCの30歳のカリラちゃんと,エイコーンの14歳のカリラちゃんるんるん




ilovewhisky.png




OMCは本当にいいけれど,

AcornのNatural Malt Selectionのシリーズって,いいよね〜
るんるん
前回のクライヌリッシュも絶品でしたし,

7歳のラフロイグも大好きでするんるん

若いけれど,熟成感を感じさせ,コストパフォーマンスもいい,

最高ですねるんるん

と,今回も,思う存分飲みましたるんるん









ilovewhisky.png












posted by standbar at 01:57| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

今月のオフィシャル・余市 〜インプットされた印象は変わらない〜



さて,今月のオフィシャルです。

選択肢は,

タリスカー,余市10年,クライヌリッシュ,ラガブーリン,マッカラン。




ilovewhisky.png




正解は余市10年,正解者はTさんひとりでした。

Tさん,だんだん本領発揮ですね〜。

Tさんの話は,後でしっかりすることにして(笑),

まずは本編から。




今回,タリスカーと答えた人が多かったそう。

「余市って,そんなにピートないはずだから」

余市の印象がそんなふうにインプットされている人が選ぶパターン。

私は,先回で学習したはずなのに,

余市の重厚で焦げたようなボトラーズの印象がどうしても頭から離れず,

「余市って,こんなに甘くないよね」

と思って,甘いイメージのクライヌリッシュを選んでしまいました。




結局,最初に作られた蒸留所のイメージって,

変えられないんですね。

それがオフィシャルであれ,ボトラーズであれ,

第一印象というものは,確固たるものなんですね。

印象を変えるには,どれだけの努力が必要か,

その格闘の歴史が,このブログの歴史でもあります(笑)。




「カリラの年下の彼氏がラガブーリン」とか,

「ラフロイグは磯の香り」とか,

こういった私の印象も,すべて第一印象であり,

それはどうしても変えられないのです。

最初のオトコはいつまでも忘れられない,ってことでしょうか(笑)。




「ちなみに,マスターの余市のイメージって何なの?」

「甘さとシェリーだね」

なーるほど。

そう思ってこの選択肢を見返すと,なんて優秀な選択肢!!

甘さとシェリーに,少々のピートをからめたら,

こういう選択肢になります。

私は,マスターの「甘い」のイメージにひっかかったわけですから,

マスターの勝ち,ということになりますね。




脱・第一印象るんるん

これが目の前のモルトを正しく認識していく,第一歩でするんるん











ilovewhisky.png













posted by standbar at 18:56| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

8月26日コニサーズクラブ3



CragganmoreB 〜シェリーは別物〜




今回,ダンカン・テイラーのボトルは,5番でした。

シェリーです♪

シェリー樽は,Agencyセンサーを働かせるのが難しい(笑)。

シェリーは別物,なんですよね。




ilovewhisky.png
5-DUNCAN TAYLOR 1993-2011 18年 55.7%




私は,シェリー樽が苦手,ってことはないので,

5番は5番で好きでしたが,

シェリーが苦手な方は,どうも5番がだめだったらしい(笑)。




苦手なものって,それに対するセンサーが敏感るんるん

私は納豆が苦手なので,納豆は近くにあるとすぐにわかる。

自己防衛本能が働き,そこから遠ざかります(笑)。

それと同じことで,シェリーが苦手な人は,

ちょっとでもえぐみや苦味を感じると,反応が大きい(笑)。




バーボン樽とシェリー樽。

使っている木材も違えは,もともと入っているアルコールの度数も違う。

アメリカンオークは,タンニンやバニリン少ないけれど,

ヨーロピアンオークは,タンニンやバニリンが多い。

バーボン樽には,60度くらいのアルコールが入っていたけれど,

シェリー樽には,15度くらいのアルコールが入っていた。




もちろん,ファーストフィルなのかセカンドフィルなのか,

そして,樽以外の要因もたくさんあるから,

単純に言うことはできないけれど,

バーボンとシェリーは同じスコッチウイスキーでも,別物。

同じ土俵で論じないほうがいいのかもるんるん




別物だと思えば,5番は5番でいいじゃんるんるん

みなさん,そういう結論に至ったようです。










ilovewhisky.png














posted by standbar at 00:57| Comment(0) | クラガンモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

8月26日コニサーズクラブ2



ragganmoreA 〜昔のソサエティ→Duncan Taylor→Agencyという変遷〜



今回の5本はなかなか美味しく,かつ,クラガンモアだとわかっている以上,

私の目的は,Agencyを探せ!になりました(笑)。

少しずつAgencyセンサーが働くようになってきたので(笑),

Agencyを探すということは,Agencyらしさについて,

もっと深く理解できることに繋がってきます。

本当かな(笑)。




ilovewhisky.png
3-SMWS 37.29 1987-2006 18年 56.9%




まず容疑がかかったのはNo.3。

最も派手な甘い香りと味がしたから。

「マスター,今回,Agencyのボトル,ある?」

「ないよ(笑)」




ガビーン!




「じゃ,レア・オールド(通称:ピアレス)は?」

「レア・オールドはないけれど,ダンカン・テイラーのは1本ある」

「3番?」

「じゃないよ(笑)」




なんだかショックだな〜(笑)。




「3番がすごく派手な感じがしたから,Agencyかと思った」

「3番は人気があったね〜。

これをAgencyと思う,なるほど,わかる気がするな〜」

と,ここから,興味深い話が。




昔のソサエティ(グレン・モーレンジ傘下になる以前)は,

各蒸留所から,美味しい樽を献上されていた。

是非,この樽を,ソサエティから出して下さいと。

だから,本当に美味しいものが集まっていた。

ダンカン・テイラー→Agencyと受け継がれている感のある,

「美味しい」ボトラーズの原点は,昔のソサエティにあり,

なのかもね,と。




よく,昔のソサエティはよかった,と聞いていましたが,

そういうことだったのか,と納得。




ilovewhisky.png




献上されていたということは,

その樽を選ぶのは蒸留所の人。

つまり,様々な人がひとつのボトラーズの樽を選んでいるということ。

そうすれば,様々な個性の樽が集まってきて,

同じような風味のものが集まることもなかったのでしょうね。

タイムトラベルができるなら,

昔のソサエティのサンプリング会に参加してみたい〜るんるん




ilovewhisky.png
1-OMC 1989-2009 20年 50.0%




3番,とても美味しくいただきましたが,

穏やかな1番もなかなか気に入りましたるんるん

Agencyセンサーの他に,OMCセンサーも開発されつつあるこの頃(笑)。

モルト会では度数順に出てくることが多いので,

50度に調整されているOMCが1番バッターとして登場することが多く,

センサーも働きやすいでするんるん

OMCが,今,私の最もお気に入りのボトラーズでするんるん













ilovewhisky.png













posted by standbar at 21:32| Comment(0) | クラガンモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

8月26日コニサーズクラブ1



Cragganmore@ 〜クラガンモアは女の子のモルト♪〜




実は今回の5本、クラガンモアだってこと、知っていましたるんるん

メンバーのfacebookの投稿で、見ちゃったんです〜。

もともと、蒸留所を当てるのは至難の業なので、

今回のテーマの蒸留所を知っていたとしても、あんまり問題なかったかもるんるん

もちろん、そこの蒸留所のイメージが先に立つのはいけないんですが、

今回は、イメージ通りの感じでしたるんるん




ilovewhisky.png
1-OMC 1989-2009 20年 50.0%
2-SIGNATORY 1985-2009 41年 50.7%
3-SMWS 37.29 1987-2006 18年 56.9%
4-G&M 1978-2011 33年 45.0%
5-DUNCAN TAYLOR 1993-2011 18年 55.7%




でも、いざ、クラガンモアのイメージを説明しようとすると難しい。

トップノートのフルーティ(柑橘系)とフローラル。

だから、あっさりとしている。

華やかだけど、さっと消えてなくなる。

くどさがないのが嬉しい。

だから、クラガンモアは、女の子にピッタリのモルトるんるん




もう少し勝手な表現をさせてもらうなら、

天と繋がる黄金の光の感じるんるん




ilovewhisky.png




天然石でいうとシトリン(黄水晶)、




ilovewhisky.png




精油でいうとネロリ(ビターオレンジの花)の感じるんるん




ilovewhisky.png




かなり勝手です(笑)。




モルトを飲み始めたときに、

クラガンモアの12年スタンダードは,すぐにはまった1本でした。

私はラフロイグ→カリラ→ラガブーリン→アードベッグと、

最初からアイラを渡り歩いた女ですが(笑)、

それと同時に、こうした繊細な感じのモルトにも感動していましたるんるん




「クラガンモアって、やっぱり女の子のモルトだよねるんるん

「女の子のモルトっていうのは、

クラガンモアを飲むと、

ikuちゃん独特の,女の子のイメージが出てくる、ということなのか、

女の子に薦めたいモルトということなのか、どっち?」

「もちろん、女の子に薦めたいモルトるんるんってことだよ。

『女の子のためのスコッチ・モルト入門』で紹介したい1本ということ。

最近前に進んでいないんだけれど(笑)」




クラガンモアるんるん

是非,女の子に初挑戦してもらいたい1本です。

まずは,12年のオフィシャルからるんるん




ilovewhisky.png
CRAGGANMORE 12Y




ちなみにクラガンモアのボトラーズって,

あんまり頻繁にお目にかからないな〜って思っていたんです。

そんなことをマスターに話してみたら,

ある蒸留所のボトラーズが出ると,

いろいろなボトラーズから,その蒸留所のものが出ることが多く,

今回の5本も,

6月くらいにみんな出たんだよね〜,と教えてもらいました。










ilovewhisky.png










posted by standbar at 00:08| Comment(0) | クラガンモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。