2012年06月29日

4月27日コニサーズクラブ1



Lochside 〜ラベル偽装疑惑?〜



はい,今回もあと4日後に次のモルト会を控えている水曜日に

書き始めています。




メモを見て思い出す…。

あれ,全然,メモが書いてないんだけど(笑)。

それは,あまり心が動いていなかったってことです…。

いつもの如く,「ikuちゃん,あまり表情よくないね〜。

今日はAgencyセンサーも働かないの?」とマスター。

はい,今回はAgencyセンサーもスイッチが入らないようで…。




ilovewhisky.png
1-OMC 1991-2010 19年 50.0%
2-CAPTAIN BURNS 1981-2010 29年 50.0%
3-TIR NANOG 1981-2010 29年 51.1%
4-WHISKY AGENCY 1981-2010 29年 54.0%
5-WHISKY EXCHANGE 1981-2011 30年 57.5%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




とはいえ,この中で際立っていたのがNo.4るんるん

焦がしたカラメルのような強い味わいと香り。

えらく目立つな〜,と。

これぞ,シェリーの極めつけ!と思っていたら,

なんと,ex-Bourbon Hogsheadではありませぬか!!!

おいおいおい,それはないだろ?

マスター曰く,他のメンバーも,シェリー樽だと思った人が多かったとか。




ilovewhisky.png
4-WHISKY AGENCY 1981-2010 29年 54.0%




私もまだまだ初心者の域を超えないとはいえ,

シェリー樽熟成かどうかは,

さすがにそこそこわかるようになってきましたよ!

しかも,私だけが思っているわけではないのでしょ?




はい,今度はラベル偽装疑惑が(笑)。

こういうネタを提供してくれるのは,やっぱりAgencyでした(笑)。

さすがAgency,やってくれますね(笑)。

このボトル,前に飲んだことがありました。

しっかり覚えていまするんるん

なぜなら,このときからラベル偽装を疑っていたからです(笑)。




これはすごくシェリーっぽいのにバーボン樽,

もうひとつ,同じときに飲んだインチガワーだったかな,

いつもの裏切らないAgencyらしい味と色だったのにシェリー樽…。

これ,逆じゃない?って質問したこと,覚えています。




ilovewhisky.png
1-OMC 1991-2010 19年 50.0%




もちろん,優等生バーテンダーさんは,

「そうですね」と言うはずもなく(笑),

「ラベルに書いてあることを信じるしかありませんからね」と。

ま,そうなんですけれど,

一歩踏み込んだ答えを期待したんですけどね(笑)るんるん




ilovewhisky.png
2-CAPTAIN BURNS 1981-2010 29年 50.0%




ラベルを疑い始めたら,全てが崩れてしまう。

もちろん疑いたいわけではありませんし,

心から疑っているわけではありません,本当にるんるん

でも,その一方で,ラベルが正しいということを証明するのも難しい。

だから,考えてもわからないことに時間を使うのはやめて,

シェリーっぽいけれど,バーボン樽熟成なんだ〜,

バーボンっぽいけれど,シェリー樽熟成なんだ〜,

そんなモルトもあるんだ〜,って思う方がよっぽど建設的でするんるん




ilovewhisky.png
3-TIR NANOG 1981-2010 29年 51.1%




男性っぽく見えるけど女性,

女性っぽく見えるけど男性,

そんな人もいるよね〜,ってのと,同じでするんるん




味や香りを決めるのは,確かに樽の影響は大きいけれど,

いろいろなものが影響しあって,

目の前の1本が出来上がっているのですからるんるん




ilovewhisky.png
5-WHISKY EXCHANGE 1981-2011 30年 57.5%




でも,「ラベル偽装疑惑」って,

ちょっとセンセーショナルでワクワクしちゃったぴかぴか(新しい)










ilovewhisky.png















posted by standbar at 02:49| Comment(0) | ロッホサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

Ex-Bourbon Hogsheadって何だ?




ピアレスの素が,もし樽に由来するのであれば,

Agencyマジックるんるんも,樽由来か?




そうそう,Agencyって,

Ex-Bourbon Hogsheadの樽を使っていることが多いでするんるん

今回のNo.3もそうでした。

で,Ex-Bourbon Hogsheadって何だ????




ilovewhisky.png
Ex-Bourbon Hogshead




まずは答えから。

判決の主文から宣告する感じでいきます(笑)。




「昔,バーボンが入っていたってこと!

リフィルなのかファーストフィルなのか,

そんなこと,知ったことではない!

記録なんてないんだよ! 文句言うな(笑)!」




こんな感じでしょうかね〜(笑)るんるん




実はマスターがいろいろ調べてくれたんでするんるん

ネットを調べると,

Agencyの代表であるCarsten Ehrilich 氏に,

メールで質問した奇特な方がおられたそうで,

その返事もネットに載っていたからと,

私のアドレスに転送してくれましたるんるん

大文字にすべきところが小文字になっていたり,

スペルミスもあったりしますが,

原文をここにも添付しましょうるんるん




ex-bourbon hogshead means that the cask previously contained american

whisky.

it is never esy to know whether it was first filled or refilled so that we decided to

use the term "ex-bourbon".

if you buy casks from blenders and brokers they often have no records about

the fillings in earlier days - therefore you cannot find out whether a particular

cask has been freshly filled or refilled.





それではここから英語的に解説します(笑)るんるん




まず,Ex-Bourbon Hogsheadをどう読むか,なんですが,

「エクスバーボン・ホグスヘッド」です。

「エクストラ・バーボンホグスヘッド」ではありません。

私も含め,多くの人がexを「エクストラ」と読んでいたと思うのです。

確かに考えてみれば,exしか書いてないのに,

なぜ,エクストラと読んでしまっていたのでしょう…。




しかも,exは,Bourbon Hogsheadにかかるのではなく,

Bourbonだけにかかります。

だから,「エクスバーボン・ホグスヘッド」でするんるん

このex-ですが,

名詞や形容詞の前に,ハイフン(-)を伴って用い,

「前の」という意味なのです。

用例で確認しましょうるんるん

ex-president 前大統領

ex-boyfriend 昔のオトコ(笑)

ま,こんな感じです。




辞書によると,

exというのは,「外へ」という意味もあるので

(例えば,exitで「出口」,exportで「輸出」)

マイナスイメージがあるとか。




だから,ex-bourbonというのは,

昔のオトコのことなんて,もう興味ないから,聞かないで!

と言わんばかりに,

「前の樽の記録なんて,ありゃしないんだよ!」

って感じなんでしょうかね。




ex-Bourbon Hogsheadはリフィルのことである,

という噂が巷では流れているようなんですが,

ダンカンテイラーのセミナーを信じるなら(笑),

その方が「ピアレスの素」とも共通して納得いくのですが(笑),

樽にこだわりのないところがミソだったというのは,

一本取られた感じですし,

ますますAgencyの謎が深まります(笑)るんるん












ilovewhisky.png















posted by standbar at 23:29| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

今月のオフィシャル♪ 〜(クライヌリッシュ+マッカラン)÷2=ダルモア〜




さてさて,今月のオフィシャルでするんるん

選択肢が嫌らしい(笑)。

マッカラン,クライヌリッシュ,ラガブーリン,ダルモア,ハイランドパーク

あれ,先月と似てませんか???

先月のタリスカーがマッカランになっただけですよ!

どうもこの選択肢に味をしめたようですね,マスター(笑)。




ilovewhisky.png




では,出題者の意図から考えてみましょう(笑)♪。

受験の世界では,出題者が何を答えさせたいかを考えるのも,

とても大事なことです(笑)。




この選択肢の場合,

クライヌリッシュが答えになるのなら,

これは相当挑戦的な選択肢の作り方です(笑)。

普通,これだけシェリー系のものが並んでいれば,

当然そこに答えがあると考えるわけでして,

一般的にはこれは大はずしのダミーということになります。




シェリー系の残り4つのうち,

ピートがあるのが,ラガブーリンとハイランドパーク,

ピートがないのが,マッカランとダルモア,

なので,ピートを感じるかどうかが鍵になりそう,という感じです。




ピートに関してはすぐクリアるんるん

ピートは感じませんでした。

なので,マッカランとダルモアの対決,となりそうなんですが,

そうは問屋が卸さないわけで…。




実は,クライヌリッシュを感じちゃったんですよ…(笑)。

右脳でクライヌリッシュを感じ,

左脳でそれを否定しているって感じなんです(笑)。

だって,この選択肢でクライヌリッシュが答えって,

有り得ないんだもん(笑)。

一般的には,大はずしのダミーのはずです。

そんな風に私がマスターに選択肢の作り方を伝授したのに,

ここでクライヌリッシュを選んだ暁には,

「ikuちゃん,それは絶対選んじゃいけない選択肢でしょ(笑)?」

と,マスターに突っ込まれるのが目に浮かびます(笑)。




というわけで,模擬試験を作るプロの威信をかけて(笑),

クライヌリッシュを却下しました(笑)。




マッカランとダルモアか…。

ダルモアのイメージがわかないんだよな…。

今までも,「えっ!自分の知っている味と違う!!」

ってことがよくあったからな〜,と悩んだ末,マッカランにしました。




「やっと,選んでほしいダミーを選んでくれた!」

と,マスターは喜んでくれました(笑)。

「マッカランとダルモアで決戦投票に,と思って選択肢を作ったのに,

だれもマッカランを選んでくれなかったんだよ!」と(笑)。

優等生的な選択肢のはずし方をしたということで,

よしとしましょう(笑)。




これ,ずいぶんレベルの高い選択肢になっているみたいですね(笑)。

正解者は2名だったそう。

ちなみにクライヌリッシュを選んだ人がいるか聞いたところ,

ちゃんといましたるんるん

よかった〜〜〜るんるん

私の感覚は,決して外れていたわけではなさそうるんるん

逆に,ちょっと自信が持てましたるんるん




というわけで,

ダルモア=(マッカラン+クライヌリッシュ)÷2

という公式が出来上がりましたるんるん

ご参考までにるんるん












ilovewhisky.png















posted by standbar at 01:12| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。