2011年12月27日

11月27日コニサーズクラブ2



Glen MorayA 〜new-charred caskって何だ?〜



「スペイサイドでこのオフィシャル,

そりゃ,わからないって(笑)!」

「でもね,ちょっと一言言うと,

えっ?って所で当てられちゃうんだよね〜」

「ま,私は何言われてもわからないから,何言っても大丈夫ですよ〜るんるん




GLENMORAY3.jpg
3-SWMS 35.34 13年 57.0%




「3番って,ちょっと変わっている感じしなかった?」

「うん,変わっている感じしたよ。

シェリー?かと言えば,なんだか違うでしょう,みたいな感じ。

でも,シェリーによくある,ざらつき感とか渋い感じとかはあるよね〜。

色も濃いし。でも,なんか違うんだよな〜。

ラム?ポート?」

と,ラムもポートも全然わかってないのに,言ってみたりしました(笑)♪

「実はこれ,最近のソサエティなんだけど,

new-charred caskって書いてあるんだよね。

new-charredって,一体どういうことなんだろう?

ホグスヘッドに組み替えるときって,みんなチャーし直すはずなんだけどな」




GLENMORAY3-new.jpg
3-SWMS 35.34 13年 57.0%




はい,何を言われても蒸留所がわかるはずがないと思っていましたが,

なんと,この私でさえ(笑),

最近のソサエティでnew-charredと言われたら,わかってしまいましたるんるん

意外とすごいじゃん,私(笑)。

しかも,このとき,ソサエティ欠席したんです。

飲んでないんです。

友人がブログで,

このボトルが面白かったと大絶賛していたのを覚えていたのでするんるん

なるほど!「面白い」という感覚,わかります。

ただ,自分の好みかどうかと言われたら,

ちょっと違うかも,と答えちゃいます・・・。




「ネットで検索すると,

このボトル,だいたい評価高いんだよね〜。

ikuちゃんもそう思う?」

「う〜ん,そこまでは・・・」

「みんなの反応もそんな感じだったんだよな〜」

マスター,このボトルの評価が一般的に高いのが

どうも納得いかないようで(笑)。




そして,new-charredを解明したいようで(笑)。

私が印象に残った理由は,

恐らくnew-charredのことを,「新樽」だと思い込んだからだと思うのです。

ソサエティにも新樽のボトルがあるんだ〜!と,

それがとても新鮮に思えたんですね,きっと。

でも,改めてnew-charredって何?って考えると,

確かによくわからない。




先日11月の名古屋ソサエティサンプリング会に参加したとき,

ソサエティの方がいらしていたので,質問してみました。

new-charredは新樽ではなく,組み替えだと教えて下さいました。

re-charredは組み替えてなくて,

re-toastedは組み替えていると。




と,後日,マスターに報告したんですが,

「もっと,突っ込んで聞かないと!

組み替えなら,ホグスヘッドと何が違うのか。

ホグスヘッドは組み替えるだけでチャーしないのか,ってね」

は〜い,そうですね〜。

まだまだお子ちゃまですいませ〜ん(笑)。




というわけで,ソサエティでnew-charredボトルが話題になったといえば,

ずばり,グレンマレイでするんるん

しかし,グレンマレイだとわかった瞬間,

ある別の感情が,マスターに芽生えてきました(笑)るんるん












チャー.jpg






















posted by standbar at 00:31| Comment(0) | グレンマレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。