2011年11月30日

「美味しい」「いい香り」の定義って何だ?





「美味しい・まずいって,慣れの問題なのかな,って話題が出たんだけどね」

と,マスター。




「味ではなく香りなんだけど,

専門学校でアロマの授業をしていて,

生徒さんにいろいろ香りを嗅いでもらうと,

嗅いだことのない香りに対しては,みんな『臭い』って表現するんだよね。

高校卒業してすぐ専門学校に入った生徒さんと,

社会人になってから専門学校に入り直した生徒さんとを比べると,

社会人の生徒さんの方が,いい香りだと思ってくれるものが多い。

つまり,経験値が大きいと,許容できる範囲が広くなるんだよね」

という話しをしました。




ラベンダーや柑橘系の香りはなんとなく馴染みがあって,

いい香りだと言ってくれる人は多いのですが,

精油はかなりたくさんの種類があって,

聞いたこともないような植物から抽出されるものの方が多いのです。

アロマって,いい香りだとばかり思っていたら,

そうでもない香りに出会い,

生徒さんからブーブー言われることもあります(笑)。

しかし,不思議なことに,

最初ブーイングをくらっていた香りも,

1年間の授業が終わる頃になると「いい香りるんるん」と評価が変わってきて,

「臭い」と言っていた頃が懐かしい,とさえ言う生徒さんもいます。




お酒の世界にもあります。

モルト派の人は,焼酎を「臭い」と表現することがある。

その一方で,焼酎派の人は,アイラモルトを「臭い」と表現したりする。

慣れていないものの匂いって,一発目は「臭い」なんですね(笑)。




マスター曰く,

たとえ慣れてない香りでも,甘いものは受け入れられる。

マンゴーの香りを知らない人でも,

「マンゴー臭い」とは言わない。

甘いものは,生まれつき,美味しいるんるんと判断するのではなかろうか。

酸味や苦味,辛みは,後天的に獲得されるもので,

それが獲得されるまでは,

いい香りだとか,美味しい♪という判断にはならないのではなかろうか。




確かにるんるん

後天的に獲得されていくものは,必ずあるように思います。

コーヒーもお酒も,はじめは美味しいと思わなかったものが,

いつの頃か美味しく感じるわけですから。

そして,美味しさには,段階があるのも感じます。

例のビニールカリラ(笑)。

例のバナナ焼酎の後に飲むと美味しいけれど,

ドロちゃんの後に飲むとね・・・・(笑)。




とすると,私の興味は,

絶対的な美味しさ,いい香りって,いったい何なんだ?

ってことに移ってきました。




甘味さえあれば美味しく感じるのか。

しかし,食べ物なり飲み物なりが,

甘味だけから成り立っているはずはないのだから,

その他の味とのバランスなのか。

もしくは味や香りの元となる成分が,どれだけ合わさっているか,

つまり層の厚さなのか・・・。




解明したいるんるん (続く)













s-SB356.jpg















posted by standbar at 02:16| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

今回のオフィシャルボトル 〜グレンモーレンジはハートを温かくする黒ハート





さてさて,ドロちゃんとまったり戯れていたところ,

「今日もやる?」とマスターが言うので,「もちろんるんるん」と言いました(笑)。

もちろん,オフィシャルを当てよう!のコーナーでするんるん




しかし,こんなにドロドロドロちゃんにお口がまみれているときに,

ちゃんと判断できるかな(笑)?

お水とバケットでお口をリセットして,いざ出陣!




まずは選択肢をご紹介るんるん

グレンモーレンジ,スキャパ,グレンキンチー,オーバン,クラガンモアの5つ。
 



5.png




フルーティな甘いモルトでしたるんるん

しかし,実はわりとあっさり系のモルトなんだけど,

ドロちゃんの影響で甘く感じるのか,

もともとフルーティな甘い感じのモルトなのか・・・。




あっさり系というと,今日の選択肢の中では

クラガンモア,オーバン。

おっと,キンチー君は,どんな味だっけ(笑)?

1回しかオフィシャル飲んだことないんだよな〜。

しかし,ローランドだからあっさり系に分類しておく方がよいか〜〜〜〜(笑)。

ローランドは,モルティな印象も否めないよな〜。




心の中では絶対あっさり系ではないな,と思いました。

たぶん,グレンモーレンジであろうと,初めから思いました。

でも,ちょっと自信がなかったんです(笑)。

だって,最近,あんまりグレンモーレンジを飲んでなかったから。




マスターにはいろいろ話しをしちゃっているんで,

こういうとき,超不利なんです(笑)。

味を覚えるために家で飲んでいるボトルの中に,グレンモーレンジがあること。

『女の子のためのスコッチモルト入門』で,

クラガンモアとグレンモーレンジをまず紹介したいと思っていること。

マスターはちゃんと知っているのです。

だから,私は間違えられないのです(笑)。




しかし,私は意を決めました(笑)。

これはやはりグレンモーレンジであろうと。

しばらくご無沙汰してはいるけれど,

飲み慣れていたグレンモーレンジであるはずだと。

むしろ,もしこれがクラガンモアだった日には,

切腹してお詫びしようではないかと(笑)。




よかったるんるん 正解でしたるんるん

切腹せずにすんで,本当によかった(笑)。




グレンモーレンジは,飲むとハートが暖かくなる黒ハート

クラガンモアは,飲むと頭頂から金色の糸が出て,天と繋がる感じがするるんるん

オーバンは,喉を通るとき,喉をクルクル回りながら胃に入っていく。




非常に個人的な感想なんですが,

この感覚が私にはとても強くあるのです。

しかも,この感覚は,何度飲んでも,変わらないのです。

ま,そう思いながら飲むからかもしれませんが(笑)。

今回,グレンモーレンジの決め手となったのは,

飲んだあと,まさにハートが暖かくなる感じがしたからなんです黒ハート




私がこう語ると,マスターは

まるでエイリアンを眺めるような目で私を観察していましたが(笑),

いいんでするんるん

私には私の印象があるし,

私には私なりの味の覚え方があるんでするんるん

テイスターになるわけではないんだから,

女の子は,こんな感じの印象でいいんです(笑),な〜んてことを,

『女の子のためのスコッチモルト入門』に書く予定るんるん

なかなか手が回らず,申し訳ありませ〜ん。




ちなみに,スキャパは,

ちょっとオイリーだったかも(笑),という,超ありふれた覚え方です(笑)。

しかも,その印象すら怪しい(笑)るんるん












1-7.jpg















posted by standbar at 19:23| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

10月23日コニサーズクラブ4



GlenDronachC 〜今回の5本〜




今回のボトルは,全体として,

酸味とクリーム,そして黄金糖のような甘さが共通に感じましたが,

それでもそれぞれの表情が違い,飽きがきませんでした。




GLENDRONACH.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート




No.3は白秋先生も絶賛るんるん

梅酒のようなプラム様の酸味とクリームの感じ。

プラムが際立つ香りでしたが,とげのある酸味ではなく,

とても丸〜〜いるんるん

味は脱帽です。

甘味で誤魔化さないところがステキるんるん

だんだん上品な甘さが出てきます。

そう飲んだ経験はないのですが(笑),

カルバドスとかブランデーのような,モルトを超越した感じでした。

これは別格で大好きるんるんるんるん

これがAgencyやレア・オールド(旧ピアレス)でなくてよかった(笑)。

どうしても,自分の心を持っていかれるようなモルトがAgencyだったりすると,

負けた!って感じがするんです(笑)。




GLENDRONACH3.jpg
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%




No.2は,No.3を全体的に薄めた感じでしょうか。

軽やか,かつ,やや草っぽいほろ苦さが,なかなかよかったでするんるん




GLENDRONACH2.jpg
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%




そうそう,これはシグナトリーの1本でした。

通称「でぶ瓶るんるん

でぶ瓶って,固形物が出やすいんだそうです。

全体が濁るのではなく,

透明感はあって,本当に固形物がどんどん出てくるんだそう。

まさに,アルコールに溶け込んでいたものですよね。

これ,スピリタス入れると,溶けて消えるのかな?

実験しに行かなくっちゃ,と思いながら,

次のモルト会の日が近づいています(笑)。

しかし,美味しいるんるんモルトに,スピリタスを入れる勇気はあるのか(笑)!




GLENDRONACH1.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%




さてさて,No.1。

香りは,モルティで漬け物のような酸味がありましたが,

味はいいね〜。

黄金糖。

は〜ちみつきんかんのど〜あめ〜〜〜〜〜〜るんるん

って感じ。

さすがOMCるんるん

OMCって,本当にいつも美味しい。

OMCの大ファンでするんるん




GLENDRONACH5.jpg
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%




No.5はいまいち印象に残っていないのですが(笑),

とにかく大満足の5本でしたるんるん












glendronachdistillery.jpg
glendronachdistillery














posted by standbar at 19:12| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

10月23日コニサーズクラブ3



GlenDronachB 〜ドロちゃんは,ドロドロドッシ〜ンるんるん



ドロちゃんことグレン・ドロナックの第一印象は,強烈でした。

ドロドロ(笑)。

覚えやすいですねるんるん

ドロドロドロちゃん(笑)。

オフォシャルボトルだったのかそうでなかったのかさえ覚えていませんが,

色がどえりゃ〜濃い。

びっくりでした。

のむと,丹田(下腹部の中央)にドッシ〜ンとくる。

とにかく重い感じ。

香りの表現で言うと,ベースノートです。




以来,

心が浮ついていて地に足をつけたいとき,

丹田に意識を向けて瞑想したい気分のとき,

ま,簡単に言うと,心を落ち着けたいとき(笑),

そんなとき,ドロちゃんを飲むようになりました。




そのイメージにピッタリだったのがNo.4。

ドロちゃんらしいドロちゃんでするんるん

でも,はじめはびびりました。

渋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

渋柿の焼酎付け?

もしくは,栗の渋皮の焼酎付け?かと思いました(笑)。

でも,時間がたつと渋みがとれて,超まろやか揺れるハート揺れるハート揺れるハート




GLENDRONACH4.jpg
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%




「あとで見たらわかるけれど,これは一番いい樽だよ」と,マスター。

はじめは何のことかよくわかりませんでしたが,

オフィシャルのカスクということは,

その蒸留所が自信を持ってお薦めする1樽ということるんるん

確かにこれは凄い!

I 黒ハート No.4るんるん













glendronach-R.jpg
















posted by standbar at 00:06| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

10月23日コニサーズクラブ2


GlenDronachA 〜グレン・ドロナックって「中の上」?〜



「ikuちゃん,そんなにじろじろ見て何しているの(笑)?」

はい,別に蒸留所を当てようなんて気はさらさらありませんが,

あれ,あのボトルがいつもの所にないぞ!って場合は,

それが今回のテーマであることも多いので(笑)。

そうそう,先回のリンクウッドだって,

例のグラマーな女性のラベルのボトルがなかったわけですから,

気づいてもよかったのです。




「いやいや,ビニールカリラは減っているかな〜,とか,

バナナの香りのついた米焼酎は減っているかな〜,とか,

裏心はないから(笑)」と言ったものの,

無茶苦茶裏心ありです(笑)。




BAR.jpg




はい,今回は,例のグレン・エルギンのボトルが定位置にありません(笑)。

あのエルギン,色が濃かったよね〜。

もしかして,今回の4番っぽくない???

なんて,心の中で,エルギンモードがやや高まってきました(笑)。




でも,私は知っています(笑)。

マスターは,同じ失敗をくり返さないことを(笑)。

そして,私以外にも,

そういう視線でバーの隅々を観察しているメンバーがいることを(笑)。

絶対,あのエルギンは,ダミーとして隠してあるに違いありませんるんるん




でも,「今回も中の上ね♪」とマスターが言った瞬間,

「もしかしてやっぱりエルギン?」な〜んて思ってしまいました(笑)。

だって,私の中の「中の上」はグレン・エルギンですからるんるん

そのブログを書いて送ったばかりでしたから(笑)。

「うわ〜,凄いハートたち(複数ハート)

マスター,私の心,読んでくれている〜ハートたち(複数ハート)

な〜んて,思ってしまいましたるんるん




ところが今回の蒸留所,グレン・ドロナックだったのです。

まずは,正しく発音してみましょう(笑)。

グレン・ロナックるんるん

はい,みなさん,ご一緒に(笑)。 Repeat after meるんるん




GLENDRONACH.jpg
1-OMC 1995-2010 14年 50.0%
2-SIGNATORY 1997-2005 27年 47.5%
3-DUN BHEAGAN 1975-2009 34年 47.8%
4-OFFICIAL 1993-2009 16年 61.0%
5-WHISKY EXCHANGE 1994-2009 15年 61.8%
山崎白秋氏コニサーズクラブレポート



それを聞いた瞬間,

「嫌だ〜! 私のドロちゃんは中の上なんかじゃない! 

上(の下)だもん!!!!」

ま,さすがに上の中や上ではないな,とは思いましたが,

中と判断されたことにショックを受けてしまいました(笑)。




「え〜! 上じゃないでしょ。知名度で考えるんだよ」と,マスター。

知名度は高いと思っているんですが・・・,それは私だけ?




ドロちゃんは,ラフロイグに出会ってから間もなく出会いました。

アイラ系を一通り飲んだあと,

グレン・ファークラスやグレン・ドロナックを教えてもらったのです。

今から考えれば,ピートとシェリー,

特徴的なモルトを紹介してくれたんですねるんるん

というか,その当時通っていたバーのマスターが,

ピートとシェリー好きだったってことですね,単純に(笑)。




初期に覚えてたモルトって,

当然,知名度が高い,と思ったのでしょうか,

それとも単純に,

自分の好きな蒸留所は知名度が高くあってほしい♪という願望なのでしょうか。




いずれにしても,マスター感覚では「中の上」こと,

グレン・ドロナックが今回のテーマでしたるんるん











GLENDRONACH-S.jpg
今は懐かし80年代のドロナック














posted by standbar at 19:32| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

10月23日コニサーズクラブ1


GlenDronach@ 〜香りは嘘をつけない〜



今回もまたまた遅刻の参加。

それでもいつもよりは少しは早め,8時過ぎに到着るんるん

もう誰もいないだろうな〜,って思っていたら,ビックリ!!!

みんないる(笑)るんるん

「わ〜,凄いタイミング!

今,ちょうど今回の5本を隠したところだったんだよ」

と言われ,私も,ナイスタイミングるんるんと,嬉しくなりました。

今日はみなさん表情がよろしいようで(笑)。



さて,またまたシングル・モルト会の始まりでするんるん

今日は,マジ,いいるんるんるんるん

まず香りだけ嗅ぎましたが,どれもいいるんるん

香りだけで十分満足黒ハート黒ハート

こういうときって,表情に出るんですよね〜るんるん

「ikuちゃん,今日はご機嫌だねるんるん

やっぱり,バレた(笑)。

嗅覚は本能と繋がっているから,嘘つけないんですよね。

http://blog.stand-bar.com/article/156533839.html




ここ数回,本当につまらなさそうな顔して飲んでいたんだな,

っていうのも逆にわかります(笑)。

「イマイチな感じのときって,眉間にシワよっているもん。

『ikuちゃん,今日はどう?』って聞いても,『ふ〜ん』みたいな感じだもんね(笑)」

あれ,私って,そんなに冷たい反応してました(笑)?

それすら気づかないくらい,ブルーな感じで飲んでいるってことですね(笑)。




香りがいいときって,味がイマイチって場合も今までに経験済みなんですが,

今回は,味も凄くいい〜〜〜〜って感じで,

ワクワク,ルンルンモード全開でするんるん
  











SB210.JPG















posted by standbar at 21:04| Comment(0) | グレンドロナック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

名前は正しく発音しよう♪




マスターの熱い語りを実況中継るんるん




スプリングバンクを「バンク」というのは,いわゆる業界用語。

業界用語を使うのは,「自分たちは特別るんるん」っていう感覚なんだよね。

自分たちは気取っているかもしれないけれど,

それって本当はカッコ悪い。

そもそもスコッチは,ハイソサエティな人たちが飲むんだから,

名前は正しく呼ぼうよるんるん




確かにるんるん

「名前」って大事です。

名前って,自分を他と区別するためのものですから,

本当に大切なものなんです。

まさに,自分が自分であるという証拠。

ちゃんと敬意を払って正しく呼ぶべきです。

(フォントが大きくなっているところが,強く呼ぶところです)




×バンク → ○プリングンク

×リット → ○グレンベット

×ハーパー → ○ーパー

×ターキー → ○ーキー




いかがでしょうか。

私もいい加減に呼んでいたものを自覚し,

正しく発音するよう心がけることにしました。

若い世代の人の中には,

正しい発音・読み方を知らずに育ってきた人もいるのではなかろうかと,

マスターは気を揉んでいます。














bar4.bmp
















posted by standbar at 23:00| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ハイランドパーク:おまけ 〜ハイランドにないのにハイランドパーク〜




そうそう,ウイスキーエキスパートの資格を取るときに,

とにかく蒸留所名と場所,オーナー会社名を覚えました。

(今はすっかり忘れています(笑)るんるん)




蒸留所名がハイランドパークなのに,ハイランドにあるわけではない。

蒸留所名がスペイサイドなのに,スペイサイドにあるわけではない。

いい加減にしてくれ!!!(笑)

と思ったのを思い出し,マスターに話してみました。




オークニー.png
オークニー島




「そのこと,S重鎮も言っていたよ」と。

やっぱり思うことは皆一緒るんるん




「今は,アイランズ,アイラ,ハイランド,スペイサイド,

ローランド,キャンベルタウンの6つに分けているけれど,

昔は,アイラ,ハイランド,ローランド,

キャンベルタウンの4つだったんだよね。

スペイサイドとアイランズは,昔の区分で言うと,ハイランドだったんだよ」




map3.png




はいはい,昔の区分が4つだったのは聞いたことがあります。

スペイサイドがハイランドから独立したというのは,

地理的に考えてみればよくわかる。

で,アイランズも,ハイランドだったんですね!

お〜,勉強になりました。




「ハイランドパークにスプリングバンク,ローズバンク。

スペイサイドにグレンスペイ,スペイバーン。

なんだかよく似た名前が多くって,覚えるの,大変だったよ〜。

それにしても,スプリングバンクとローズバンク,

どちらも「バンク」で終わるのに,

「バンク」と言うと「スプリングバンク」を指すのはなぜ?」

とマスターに質問したら,

マスターが熱く語り始めました(笑)。 (つづく)














bank.png

















posted by standbar at 00:19| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

今回のオフィシャルボトル 〜ハイランドパーク〜  〜残り1杯と開封したての1杯は,味が違うのです!〜




さてさて,今回のオフィシャルボトルでするんるん

選択肢をご紹介るんるん




ハイランドパーク

バルベニー

クラガンモア

グレンモーレンジ

スプリングバンク




malt.png




「残り少ししかないけど,

もっと飲みたかったら新しいボトル開けるから,言ってね」と,マスター。




クラガンモア,グレンモーレンジ,スプリングバンクは消えました。

バルベニーかハイランドパークなんですよね。

とはいえ,バルベニーのオフィシャルって,飲んだことあるっけ(笑)?

でも,なんとなく覚えているハイランドパークじゃないんだよな〜。

私の知っているハイランドパークは,

もうちょっとドライでシェリーな感じなんだよな〜〜〜〜〜〜。




はい,これはゲームなのですから,そう必死にならなくてもよいのです(笑)。

なのに,何故かちょっと頑張ってしまうのです(笑)。




最後の力を振り絞り(笑),いや,最後まで飲み干し(笑),

記憶と照らし合わせた結果,頭の中にあるハイランドパークではないと判断し,

バルベニーを選んだ結果,チ〜〜〜〜ンでした。




私の知っているハイランドパークは,

もう少しさっぱりしていてシェリーな感じだとマスターに訴えたところ(笑),

「バルベニーとハイランドパークで迷い,

バルベニーを選んだ人は皆同じことを言っていた」と。

ほらほら,私だけじゃな〜〜〜〜い!!!

私の感覚は正しいのだ(笑)!

(答えをはずした時点で,感覚は正しくないのは明らかなんですが(笑))




どうしても自分の感覚を確かめたく,

「マスター,新しいボトル開けて!」と,ダダをこねる(笑)。




飲む!

ほら,違うじゃん!

これよ!私の知っているハイランドパークは!!!!

「さっきと味が違う!!!」とマスターに訴え,

「ちょっと比べてみてよ!!!」と言ってみたものの,

さっきの1杯は飲み干しており,後の祭。

もしくは,負け惜しみ的言い訳(笑)。

あ〜,なんでさっきの1杯を残しておかなかったんだろう〜,

悔やまれました。




開封直後としばらくたってからは,

味や香りが違うのは,よく知られている事実。

私もそれを直に感じたことがありました。




このような変化を,巷では「開く」と表現されていますが,

マスターは「開くんじゃない!」と。

「開くというのは幻想に過ぎない」と。

いつも強調されまするんるん




私も,「開く」ということについて,

実はまだ納得いく説明を聞いたことがありません。

酸化することなのか,アルコール度数が変化することなのか,

開くってどういうことなのよ!!!




でも,味と香りが変わることは,

変わらぬ事実なのであります。














天使.jpg














posted by standbar at 21:44| Comment(0) | STANDBARにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。